ジュビロ磐田

川又の2ゴールで、久々にマリノスに勝利です。

2017年10月29日(日)
ジュビロ磐田×横浜Fマリノス
エコパスタジアム

この前の水曜日に行われた天皇杯三ツ沢でのマリノス戦、4月の日産スタジアムでのマリノス戦いずれも負けてる。もっと言うと昨年も勝ててない。さすがにそろそろ勝たないと。

この日のスタメンです、
20171029_01

今回は台風の影響で雨です。そう言えばこの前のレッズ戦も台風来てたなあ。まああの時は風は強かったけど雨は降らなかった。そしてキックオフ。試合開始から雨降ってましたけど前半は試合に影響するほどの雨ではなく、そして試合の方も一進一退というかどちらも今ひとつ決め手がないまま進行。そんな中前半28分に森下がペナルティエリア内のファールでPKを与えてしまう。ただマリノス伊藤のPKをカミンスキーがスーパーセーブかと思ったら、弾いいたボールが伊藤の前に行ってしまい、それを伊藤が決めてマリノス先制。惜しかった、ちょっとアンラッキーでした。しかしその後前半40分に川又がゴール前で粘って強引にシュート、これが相手DFの足に触ってコースが変わりゴール。このゴールは凄い。あれだけ相手DFから激しくプレスを受けながらも、強引にシュートに持っていくところが凄い。しかも時間帯も良かった。そして1-1のまま前半終了。
そして後半開始。ただハーフタイムの間も雨は降り続き、次第にッピチも水を含んでボールが走らなくなってきます。そんな中後半20分にマリノスのGKがバックパスを受けた際に一瞬プレーが遅れて、そこをアダイウトンがボールを奪って、ゴール前の川又へパス。それを川又が決めてついに逆転。川又この試合2ゴール目。もっともこの2点目は95%ぐらいアダイウトンのゴールですけどね。その後後半の30分過には雨がいよいよひどくなってグランドのあちらこちらで水溜まりができて、もうほとんどサッカー出来る状態ではなく、両チームともずぶ濡れのまま、2-1で勝利。実に久々のマリノス戦勝利です。

それとこの試合のゲームキャプテンは俊輔と中澤という豪華組み合わせでした。
20171029_02

そしてダジェストはこちらです。
→ジュビロ磐田×横浜Fマリノス

今回雨の中の激闘でしたけど、中村俊輔の2本のFKは凄かったなあ。残念ながら2本とも決まらなかったけど。特に1本目の壁の下を狙うという。ポストに当たってしまったけど、本人は決まったんだと思ったんだろうか、ゴールに受けて走り出しそうでした。2本目も左側ゴールすれすれに狙ってこちらもポストに当たってしまったけど、あそこで左側狙ってくるとはなかなか思えない。やっぱり凄い。そしてもう一人、途中出場の上原も良い動きしてました。良いところに顔出してたし、今後かなり期待できると思います。ジュビロ磐田ユース出身だし、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリノスに負けて、今回の天皇杯終了です。

2017年10月25日(水)
第97回天皇杯準々決勝
横浜Fマリノス×ジュビロ磐田
ニッパツ三ツ沢競技場

久々にベスト8まできた天皇杯。今回は三ツ沢で横間Fマリノスと対戦。ちなみに10/29のJリーグも横浜Fマリノス戦。マリノス戦が続きます。

この日のスタメンです、
20171025_01

この試合ネットの速報と試合後の監督・選手インタビューとダイジェスト映像しか見てないんですけど、結構ジュビロペースで行っていたようです。オフサイドと判定された前半の藤田のゴールなんかいい感じです。オフサイドなのか映像見ててもよく分からない。そういう状態で行きながらも結局前半は0-0で終了。
後半も同じようなペースで行きながらも、後半36分にオウンゴールで失点。結局この1点が決勝点となり1-0で敗戦。残念ながら今年の天皇杯はここで終わってしまいました。

そしてダイジェストはこちらです。
→横浜Fマリノス×ジュビロ磐田

それから試合終了後俊輔と横浜Fマリノスの選手たちが握手するシーンの映像がありました。それがこちらです、
→横浜Fマリノス×ジュビロ磐田 試合後の様子

結局今回の俊輔移籍は、両チームの今の状態からすると俊輔にとっても横浜Fマリノスにとっても、双方にとって良かったのではないかと思います。そうはいっても今度の日曜日のマリノス戦、負ければ年間で対マリノス3連敗になってしまうので次は是非勝ってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームでの新潟戦は引き分け。

2017年10月21日(土)
ジュビロ磐田×アルビレックス新潟
ヤマハスタジアム

今年のJ1リーグも残す所あと5試合。今節は現在最下位の新潟が相手。新潟はこの試合に負けるとJ2降格が決まる。

ということでこの日のスタメンです、
20171021_01

この試合は最初から新潟の気迫というか気合いというか気持ちが出ていた試合だったと思う。やっぱり降格がかかった試合でそれこそ死に物狂いで向かってきてるという感じでした。特に2点目は、あの時間帯であそこまでいくのかという感じで、前半ロスタイムギリギリでの得点でした。凄い気迫で1-2で新潟リードで前半終了。
後半になっても気持ちはきれずに新潟ペースで試合は進みます。それにしても左サイドでアダイウトンとマッチアップした選手(たぶん小泉だと思う)は凄かったね。後半40分で交代した時は足引きずってたけど。見応えありました。そして今回は負けかと思った試合終了の直前後半49分に上田のFKにアダイウトンが頭で合わせて同点。そして試合終了。この最後の上田のFKは素晴らしかった。まさにドンピシャのタイミング。そして何とか引き分けたけど、苦しい試合でした。また引き分けた新潟も他会場の結果今節での降格はなかったみたいです。

そしてダイジェストはこちらです、
→ジュビロ磐田×アルビレックス新潟

残り4試合ですけど、そのうちの3試合はジュビロより上位にいるチームとの試合になる。最後まで厳しい試合が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウエー日本平の静岡ダービーも勝利です

2017年10月14日(土)
清水エスパルス×ジュビロ磐田
IAIスタジアム日本平

ルヴァンカップを入れると今年3回目の静岡ダービー。前2戦は勝っているので、是非3連勝といきたいです。

この日のスタメンです、
20171014_05

DFの大井健太郎が復帰したこともあり、この日は従来の3バックを採用。それに対し清水も残留がかっていることもあり、試合開始から積極的な試合運びに。ただ磐田もそれに対して受けにならなかったこともあって、一進一退の展開でかなり白熱してました。ただ20分過ぎぐらいから流れは磐田の方に来たかなあという感じで、そして前半27分にアダイウトンの突破からそのままゴールで磐田が先制。このシュートは凄かった。ドリブルもかなりスピードあったし、最近のアダイウトンはキレキレです。そのあとも磐田のペースで、1点リードで前半終了かと思ったら、前半ロスタイムに松原が高橋祥平を突き飛ばして1発レッドで退場。これはもうダメだよなあ、しかも前半ロスタイムで。あまりに軽率すぎて、これで後半のプランも狂っただろうし、清水としてはなんとも痛い退場でしたねえ。
そして後半はほぼ一貫して磐田のペースです。後半17分には中村俊輔のコーナーキックがそのまま決まって追加点。この1点で試合ほぼ決まりました。そして後半28分には交代したばかりの山田がジュビロ復帰後初ゴールを決めて3点目。これでダメ押し。さらには後半36分に松浦が宮崎と代わるとDFを4バックに変更。そしてその後も磐田ペースが崩れることなく0-3で試合終了です。これで今年の静岡ダービー3試合は全て勝利となりました。さらにACL出場圏内の3位まで3ポイント差です。

そしてダイジェストはこちらです、
→清水エスパルスかけるジュビロ磐田

残り5試合で3ポイント差。しかも残り5試合のうち3試合が横浜FM戦、柏戦、鹿島戦と現状磐田よりも上位にいる相手との直接対決が多い。その辺がどう出るか、最終節まで3位争いもつれるかもしれませんねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味スタでのアウエーFC東京戦は引き分け。

2017年9月30日(土)
FC東京×ジュビロ磐田
味の素スタジアム

関東アウエーのFC東京戦、ということで味の素スタジアムに行ってきた。
Img_2314

関東アウエーのFC東京戦しかこないので、約1年ぶりの味スタです。
Img_2332

山田大記、ジュビロ復帰後初先発
Img_2338

そしてこの日のスタメンです、
20170930_01_2

円陣組んでキックオフ
Img_2345

今回はシステムを4-2-3-1に変更。すっかり安定してきている3バックを捨てての4バック。そんなことが影響してなのか、試合の展開としてはなんか今ひとつしっくりしていない感じがして、試合の流れがスムーズにいってないような気がしました。なんか少しずつ動きが今までと違うなあという感じ。そんな上手くかみ合わない状態のまま0-0で前半終了。
後半も前半と大差ない感じ。前半動きがあまり良くなかったFC東京がいくらか持ち直してきて、どちらかといえばFC東京ペース。ただこちらも決め手がなく、なんとなくそんな感じで試合進行して結局0-0の引き分け。さすがに後半では素早いカウンターの応酬っていう部分も多少はありましたけど、それでも両チームとも今ひとつな感じがしましたねえ。移籍後初先発の山田大記も今ひとつフィットしてなかったし。

試合終了後、ゴール裏へ挨拶
Img_2353

そしてダイジェストはこちらです、
→FC東京×ジュビロ磐田

このあと日本代表の試合があってちょっと中断期間です。そして中断期間明けは清水のホームで今年2回目の静岡ダービー。清水も残留かかってるから必死で来るだろうけど、そこはしっかり勝って静岡ダービー連勝といきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマハスタジアムでも、大宮に勝利です。

2017年9月23日(土)
ジュビロ磐田×大宮アルディージャ
ヤマハスタジアム

中断明けの2試合は、札幌に負けて浦和は引き分けということでまだ勝利がない。対する大宮は残留争い中なので死に物狂いでくるかなあ。でも今日は是非勝ちたい。

この日のスタメンです、
20170923_01

試合の入りはどちらかというと大宮だったような気がする。でも前半10分過ぎぐらいから磐田のペースになって、前半20分ペナルティエリアの後ろからのFKを中村俊輔が低い弾道で直接決めて先制。もっともこれ、高橋祥平か相手のDFかに当たったて入ったようにも見えて、最初は中村俊輔のゴールだったのが高橋祥平のゴールに修正されて、でも最終的には中村俊輔と成りました。俊輔自身はミスキックって言ってましたけど。

そしてここでゆりかごパフォーマンス
Jl17472_d14

さらにその後28分にムサエフが飛び出してループを狙うもキーパーに防がれますが、その時のこぼれ玉を再びムサエフがゴールに押し込み追加点です。そしてこのまま2-0で前半終了。

ただ後半になると後半3分にマテウスにあっさり決められこれで2-1。この辺から動きが大宮のペースになって、結構攻め込まれました。結構危ないシーンありました。まあそれでもなんとかしのいで2-1で勝利。すごく久々の勝利です。

そしてダイジェストはこちらです、
→ジュビロ磐田×大宮アルディージャ

この試合はDFリーダーの大井健太郎が怪我で出れず心配しましたけど、代わりの藤田も問題なくこなしていたので、その辺は問題ないかなといった感じでした。次は関東アウエーのFC東京戦。久しぶりのスタジアム観戦の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野に勝って、天皇杯ベスト8進出

2017年9月20日(水)
AC長野パルセイロ×ジュビロ磐田
長野Uスタジアム

今日は天皇杯4回戦。相手はAC長野パルセイロ。この試合に勝つと天皇杯では久々のベスト8進出です。

この日のスタメンです、
20170920_02

天皇杯しかもまだJ1チーム相手ではないということもあり、上原や藤川が先発に名を連ねるというメンバーで臨んだこの試合ですが、結構ジュビロが押していて優位に試合を進めたようですが、結局後半7分に斎藤和樹が決めた1点を守りきっての勝利です。これでベスト8進出。そして天皇杯ベスト8は2006年以来だそうです。そんなに前なのか。もっとも前回優勝したのは2003年だから、はるか昔という感じです。

そしてダイジェストはこちら、
→AC長野パルセイロ×ジュビロ磐田

AC長野パルセイロのFWが荒田智之だったのにはビックリでした。あと明神もスタメンで出てた。みんな頑張ってるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコパでの浦和戦は引き分け

2017年9月17日(日)
ジュビロ磐田×浦和レッズ
エコパスタジアム

台風の影響で開催も危ぶまれたこの試合、結局風は結構強かったけど雨は降らずに無事開催。4月の静岡ダービーに続く今シーズン2度目のエコパ開催です。

この日のスタメンです、
20170917_04

試合の入りとしてはほぼ互角というかでもやっぱり浦和ペースの方が強かった気がする。ボールのポゼッションも浦和の方が高かったし。なにより裏に抜ける動きが浦和の方が多かった。そんな中前半21分中村俊輔のFKを高橋祥平が合わせて、でもそれを西川が弾いたところをムサエフが押し込んで先制。やっぱりセットプレーは武器になってるなあ。そういえばこの時ゆりかごパフォーマンスしなかったなあ、すると思ったんだけど。その後も押し込まれ気味ですがなんとかしのいで前半は1-0とリードして終了。
そして後半もやはり浦和ペースは変わらず、何度か危ないシーンがありそして後半34分浦和の青木からのパスに興梠が反応しヘッドで合わせてゴール。これで同点。青木のボールが微妙なところに来て、カミンスキー前に出てきたところに興梠うまく合わせたなあ。この辺は流石だな。これで今季17点目、でも代表には呼ばれないのかねえ。その後も浦和ペースで試合が続くも、お互いに決定機はあったが双方決まらず結局1-1の引き分けで試合終了。そう言えば、この試合は川辺の良いところがあんまり出てなかったような気がする。それだけ重要な選手なんですよねえ、来年どうなるんだろうか。

そしてダイジェストはこちら、
→ジュビロ磐田×浦和レッズ

最後の方で山田大記出てきて、これからフィットしてきてもっと出場時間が増えると、それはそれで面白いオプションになるかもしれない。ここは今後注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウエー札幌で負けてしまった 

2017年9月9日(土)
北海道コンサドーレ札幌×ジュビロ磐田
札幌ドーム

W杯アジア最終予選のために中断していたJリーグもこの日から再開、そして残すところあと10節そして今回はアウエーで札幌戦です。

この日のスタメンです、
20170909_03

そしてこの試合ですが、試合の入りから札幌ペースでうまくボールが回せていなくて、そして度々抜かれてという展開でなんか後手後手っていう感じです。それでも前半27分にアダイウトンがペナルティエリア内で倒され、そのPKを川又が決めて先制。しかし前半40分には戸倉に決められ同点。これもサイド崩されてたなあ。そのまま前半は1-1の同点で終了。
そして後半も流れが磐田にこないまま進みます。なんか全体的に体が重いような感ずがしましてねえ。そして後半39分にへイスに決められ逆転。そのまま試合終了で2-1で負けてしまった。なんか最後まで流れが来ないまま終わってしまった印象です。逆に札幌は残留はほぼ固いと思うんだけど。それくらいな感じでした。

そしてダイジェストはこちら
→北海道コンサドーレ札幌×ジュビロ磐田

それから試合が始まる前に差別をなくす宣言が両キャプテンによって読み上げられてました。
20170909_02

中断明けの試合の割には、ちょっと大丈夫かと思わせるような試合でした。次期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田大記 完全移籍でジュビロ磐田に復帰

2014年の途中にドイツに渡った山田大記選手が、完全移籍でジュビロ磐田に復帰です。背番号は19番。

21200535_1663116450389558_885065508

8月末のギリギリですが、決まって良かった。ジュビロ磐田今はレギュラーもほぼ固定できて好調ですけど、けが人も多くてやっぱり控えも含めるとちょっと層が薄い気がしているので、この加入は良いと思います。

加入のお知らせはこちら、
・山田 大記選手が完全移籍加入で合意
加入会見全文はこちら
・加入会見全文
加入会見の映像はこちら、
・加入会見映像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧