ジュビロ磐田

東京ヴェルディに勝利してJ1残留決定!

2018年12月8日(土)
ジュビロ磐田×東京ヴェルディ
ヤマハスタジアム

2008年以来のJ1入れ替え戦となってしまったジュビロ磐田ですが、普通にできれば問題ない相手なんですけど、こういう状況ではそれが難しい、ましてJ1最終戦があんな負け方だったので。それ以外にも名波監督就任以来初めての非公開練習とか、なんか心配になるネタが満載でした。

で試合始まってみると終始磐田のペースで進みます。そして前半41分の小川航基のPKで先制。これが大きかったなあ。そして後半35分には田口のFKが決まり2-0。残り時間も終始磐田のペースで、そして試合終了。ようやくJ1残留決定です。まあ2点とも流れの中からの得点ではないのがアレですけど。でも2点ともファールがなければ流れの中から決まっていたであろう得点なので良しとしましょう。そして気持ちの部分でもよく1週間でここまで戻してきたなと思います。あとヴェルディの研究も相当したみたいな感じです。その辺はさすがです。

それと2008年の入れ替え戦も時は、こんな感じでした、
ジュビロ磐田 入れ替え戦へ!
ジュビロ磐田 入れ替え戦 初戦は引き分け!
ジュビロ磐田 J1残留決定!
この時は第2戦のヤマハスタジアム行きましたねえ。当時はホーム&アウエーでアウエーゴールルールもあり、相手がJ2 3位のベガルタ仙台。初戦が仙台で第2戦がヤマハでした。そういう意味でも今回の入れ替え戦よりも2008年の方がきつかったと思います。でもまだ10年前の話ですから、そんなに経ってない。

それにしても2018年シーズンは想定外のことが多かったシーズンでしたねえ。やっぱり怪我人が多すぎです(若干1名解雇というのもありましたけど)。2019年シーズンはどうなるんでしょうか。外国人枠の撤廃ということで大きく変わるかもしれない。2018年シーズンはレギュレーションの変更によって救われたということを肝に銘じつつ、でもまだ多少のラッキーは持ってるのかななんて思いつつ。まあでも期待しちゃいますけどね。

とりあえず1年間お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入れ替え戦は、ジュビロ磐田×東京ヴェルディ

横浜FC×東京ヴェルディのJ1参入プレーオフの2回戦が横浜の三ツ沢競技場で行われて、0-1で東京ヴェルディが勝利して、12/8(土)のプレーオフはヤマハスタジアムでジュビロ磐田×東京ヴェルディに決定。

でも横浜FC×東京ヴェルディも激しい試合だったなあ。試合は横浜FCのペースで決定的チャンスもあったのに決められない。そうなると最後の最後にあんな劇的な展開になるんだよねえ。後半ロスタイム終了間際、しかもGKまで上がって、劇的なシーンでした。やっぱり決めるべき時に決めておかないと。サッカーってそういう競技ですな。まあJ1最終節もそうだったけど、後半ロスタイム終了間際って何かが起こりますねえ。怖いなあ。

いずれにしろ12/8 ジュビロ磐田には頑張ってもらわないと。まあ普通にやれれば問題ないんだけど、なかなかそうもいかないでしょうからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュビロ磐田 最終戦逆転負けでプレーオフへ

2018年12月1日(土)
川崎フロンターレ×ジュビロ磐田
等々力陸上競技場

最終戦を前にして、勝点41でもまだ残留が決まらないという混戦の2019年シーズンも遂に最終戦。前節の札幌戦もそうでしたけどあと勝点1あれば残留が決まる状態での最終戦。引き分けでもいい状態なので他のチームに比べたら圧倒的には有利な状態ではあります。

そんな中試合はやっぱりと言うか勿論というか川崎ペース。受けに回る部分も多いし正直頑張って引き分けかななんて思って見てましたけど、それでも前半は0-0で終了。
そして後半もどちらかといえば川崎ペースでも今日はいつもの川崎みたいにガンガン来ないなあというのが印象でした。まあ優勝も決まってるしホーム最終戦だし負けなきゃ良いかなあぐらいの感じみ見えました。そんな中での後半33分に大久保が決めて先制ゴール。ただその5分後には同点に追いつかれて、そしてその後は同点のままロスタイム突入。このまま引き分けでなんとか残留かと思った後半49分、まさかのオウンゴールで逆転負け。他会場の試合結果からなんと12位から16位までが勝点41で並んで、得失点差でジュビロが16位に転落。これでJ1残留プレーオフに回ることに。

いやあ、何だかなあっていう結果ですねえ。2試合でも勝点1が遠かった。もっとも今年はこれで入れ替え戦ですけど、昨年までのレギュレーションだったからJ2降格決定ですからまだ運が良いのかもしれない。これで2008年以来の入れ替え戦ですねえ。相手は横浜FCか東京ヴェルディ。気持ちを入れ替えて戦ってもらうしかないですなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC東京に勝って、今季初勝利

2018年3月10日(土)
ジュビロ磐田×FC東京
ヤマハスタジアム

今季初となるスタジアム観戦。ということでヤマハスタジアムに行ってきた。3月なのでいつものように青春18きっぷでの遠征です。途中熱海駅で乗り換えにまごまごしてたら、なんと予定の電車が行ってしまうというアクシデントもあり、予定よりも30分ぐらい遅れてスタジアム到着。
Img_4114

スタジアム前の広場では木村社長が先頭になって、東北復興支援の募金活動やってました。
Img_4121

少額ながら、山本康裕選手のところに寄付させていただきました。その後スタジアムに入り、そしてようやく着席。
Img_4124

現在なんとダントツでの最下位なので、そろそろ勝ってもらいたいところです。そして今日のスタメンです、
20180310_03

試合の入りはお互い様子見みたいな感じで、前半はどっちのペースってことはなかったような気がします。ただ早いリスタートからの前田のシュートはカミンスキーが良く止めたなあ。DFの股を抜く良いシュートだった。結局前半は0ー0で終了。
そして後半始まって間もない、後半7分にスローイングを受けた中村俊輔のクロスに、アダイウトンが頭で合わせて先制ゴール。アダイウトンのヘディング上手かったなあ。早いクロスに合わせて、その時にヘディングでコース変えて。それにしても早い展開でのゴールで、一瞬の出来事みたいでした。さらに後半44分には、ゴール前でアダイウトンが粘って出したパスにムサエフがダイレクト気味に合わせて追加点。そしてこのまま逃げ切って2-0で勝利です。

そしてこの試合のダイジェストはこちら→ジュビロ磐田×FC東京

それからこちらが今回のマッチデイプログラムです、
20180310

これでようやく今季初勝利です。それにしてもヤマハスタジアムでジュビロ磐田の勝利を見届けるのはいつ以来だろうか。そう思うぐらい久々の勝利です、来た甲斐がありました。この勝利でチームも勢いづいてほしいと思う。とりあえずは1日も早く降格圏を脱して、一桁順位あたりを目指してもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年Jリーグ予想 ジュビロは6位

いよいよ明日から始まるJリーグ2018年シーズンですが、毎年恒例のエルゴラッソによる順位予想です。

それがこちら、
20180221

それによるとジュビロ磐田は6位。去年が躍進の6位で、今年の目標を名波監督は5位としていたことから考えても、まあ妥当な線かなと。川辺が広島に戻ったのは残念だけど、名古屋から田口が入り、ユースから伊藤洋輝が昇格、上原力也もフィットしてくれば面白いかも。あと何と言っても今年は小川航基。昨年はケガに泣いたシーズンだったけど、今年はしっかり結果を出してもらいたい。あと中村俊輔がどのくらいやれるかとか、この時期は期待しかないので、シーズンが楽しみです。

そして今年の開幕戦はこちら、
Jubilo_iwata11

何といきなり昨年のJリーグチャンピオン 川崎フロンターレをホームに迎えての試合になります。

そして今年のメンバーはこちら、
201802151

個人的には3位以内に入って来年ACLに出るという目標でやってもらいたい。そして若手の台頭も期待してます。
FORZA Jubilo !ということで、良いシーズンになることを期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jubilo Year Book 2018が届いた。

本日Jubilo Year Book 2018が届いた。もうそんな時期なんだねえ、1年なんか本当に早いなあと実感させられる今日この頃です。

そして、Jubilo Year Book 2018はこちら、
201802151_2

川辺が広島に戻ってしまったけれど、名古屋から田口を獲得したり、ユースから伊藤が昇格したり、筑波大から中野が加わったりと明るい若手の話題が多いのが良いですねえ。あと上原がどのくらいフィットするのかとか、そして何と言っても小川航基がレギュラー定着できるかとか、色々と興味深い1年になりそうです。まだよく読んでないけど。

まあ何はともあれ、名波監督が言っていた5位以内、でもそこはもう一声ということで、ACL出場の3位以内を目標に頑張ってもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dreams&Emotions vol.125

ジュビロ磐田 サポーターズマガジン Dreams&Emotions vol.125が届いた。

それがこちら、
2017122551
ジュビロ磐田 サポーターズマガジン Dreams&Emotions vol.125

今号は2017年シーズンの総括的な内容になっております。開幕前はそんなに評価も高くなく順位予想も下位だったんですけど、終わってみれば6位でフィニッシュ。そして何と言っても失点がJ1最少失点という、昨年に比べれば夢のような数字です。来シーズンはこれ以上の成績目指して頑張ってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿島との最終戦は引き分け

2017年12月2日(土)
ジュビロ磐田×鹿島アントラーズ
ヤマハスタジアム

気がつけばもうJ1最終戦。そしてこの試合でJ1の優勝チームが決まるという大注目の一戦。もっとも優勝がかかってるのは相手の鹿島ですけど。

ということでこの日のスタメンです、
20171202_01

そして試合の方で主導権を握ったのは意外にも磐田でした。前半開始早々から早い出だしで何回かいいかたち作ったんですけど、結局ゴールは割れず。また鹿島も前半44分にCKから飛び込んでゴールと思いきやファールでノーゴール。結局0-0で前半終了。
そして後半は開始早々から鹿島のペースに。1点取ってあとは0点で抑えきれば優勝ということもあり、どんどん積極的に攻め上がります。そんな鹿島ですが、何度か決定的な場面を作りながらも決めきれない。特に後半41分の山本脩斗のヘディングはちょっとねえ。あれは決めないとという感じです。5分間の長いロスタイムでも両チーム決められず結局0-0の引き分け。これで等々力で大宮相手に5-0で大勝した川崎フロンターレが初のJ1優勝です。

ダイジェストはこちら
→ジュビロ磐田×鹿島アントラーズ

結局最終戦は引き分けなので、2017年シーズンは勝点58の6位で終了です。そして天皇杯ももう終了しているので、2017年シーズンは全て終了です。

試合終了後にはこんな風景も
20171202_24

とにかく1年間お疲れ様した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川又の2ゴールで、久々にマリノスに勝利です。

2017年10月29日(日)
ジュビロ磐田×横浜Fマリノス
エコパスタジアム

この前の水曜日に行われた天皇杯三ツ沢でのマリノス戦、4月の日産スタジアムでのマリノス戦いずれも負けてる。もっと言うと昨年も勝ててない。さすがにそろそろ勝たないと。

この日のスタメンです、
20171029_01

今回は台風の影響で雨です。そう言えばこの前のレッズ戦も台風来てたなあ。まああの時は風は強かったけど雨は降らなかった。そしてキックオフ。試合開始から雨降ってましたけど前半は試合に影響するほどの雨ではなく、そして試合の方も一進一退というかどちらも今ひとつ決め手がないまま進行。そんな中前半28分に森下がペナルティエリア内のファールでPKを与えてしまう。ただマリノス伊藤のPKをカミンスキーがスーパーセーブかと思ったら、弾いいたボールが伊藤の前に行ってしまい、それを伊藤が決めてマリノス先制。惜しかった、ちょっとアンラッキーでした。しかしその後前半40分に川又がゴール前で粘って強引にシュート、これが相手DFの足に触ってコースが変わりゴール。このゴールは凄い。あれだけ相手DFから激しくプレスを受けながらも、強引にシュートに持っていくところが凄い。しかも時間帯も良かった。そして1-1のまま前半終了。
そして後半開始。ただハーフタイムの間も雨は降り続き、次第にッピチも水を含んでボールが走らなくなってきます。そんな中後半20分にマリノスのGKがバックパスを受けた際に一瞬プレーが遅れて、そこをアダイウトンがボールを奪って、ゴール前の川又へパス。それを川又が決めてついに逆転。川又この試合2ゴール目。もっともこの2点目は95%ぐらいアダイウトンのゴールですけどね。その後後半の30分過には雨がいよいよひどくなってグランドのあちらこちらで水溜まりができて、もうほとんどサッカー出来る状態ではなく、両チームともずぶ濡れのまま、2-1で勝利。実に久々のマリノス戦勝利です。

それとこの試合のゲームキャプテンは俊輔と中澤という豪華組み合わせでした。
20171029_02

そしてダジェストはこちらです。
→ジュビロ磐田×横浜Fマリノス

今回雨の中の激闘でしたけど、中村俊輔の2本のFKは凄かったなあ。残念ながら2本とも決まらなかったけど。特に1本目の壁の下を狙うという。ポストに当たってしまったけど、本人は決まったんだと思ったんだろうか、ゴールに受けて走り出しそうでした。2本目も左側ゴールすれすれに狙ってこちらもポストに当たってしまったけど、あそこで左側狙ってくるとはなかなか思えない。やっぱり凄い。そしてもう一人、途中出場の上原も良い動きしてました。良いところに顔出してたし、今後かなり期待できると思います。ジュビロ磐田ユース出身だし、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリノスに負けて、今回の天皇杯終了です。

2017年10月25日(水)
第97回天皇杯準々決勝
横浜Fマリノス×ジュビロ磐田
ニッパツ三ツ沢競技場

久々にベスト8まできた天皇杯。今回は三ツ沢で横間Fマリノスと対戦。ちなみに10/29のJリーグも横浜Fマリノス戦。マリノス戦が続きます。

この日のスタメンです、
20171025_01

この試合ネットの速報と試合後の監督・選手インタビューとダイジェスト映像しか見てないんですけど、結構ジュビロペースで行っていたようです。オフサイドと判定された前半の藤田のゴールなんかいい感じです。オフサイドなのか映像見ててもよく分からない。そういう状態で行きながらも結局前半は0-0で終了。
後半も同じようなペースで行きながらも、後半36分にオウンゴールで失点。結局この1点が決勝点となり1-0で敗戦。残念ながら今年の天皇杯はここで終わってしまいました。

そしてダイジェストはこちらです。
→横浜Fマリノス×ジュビロ磐田

それから試合終了後俊輔と横浜Fマリノスの選手たちが握手するシーンの映像がありました。それがこちらです、
→横浜Fマリノス×ジュビロ磐田 試合後の様子

結局今回の俊輔移籍は、両チームの今の状態からすると俊輔にとっても横浜Fマリノスにとっても、双方にとって良かったのではないかと思います。そうはいっても今度の日曜日のマリノス戦、負ければ年間で対マリノス3連敗になってしまうので次は是非勝ってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧