音楽

大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.14

ラジオ日本開局60周年記念
大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.14
テーマ:『アルドン、スクリーン・ジェムズ系のアナザー・ライター特集』
オリジナル放送日:1975年8月11日
オリジナル放送回:第9回 

60_amass1

いよいよ最終回の今回は、アルドン、スクリーン・ジェムズ系のメインじゃないけど外せないといった感じのアナザー・ライターの特集です。で聞いてみるとこの曲もそうなのかというのが結構あります。正直な話ライターで系列立てて聞いたことがほとんどないので、こういう聞き方というのは面白いなあ。でもこういう風な聞き方は膨大な知識がないと出来ない。その辺はさすがに大瀧さん凄いは。

そして今回のオンエアされた曲はこちら→オンエア曲目

それと番組HPはこちらです

今回14回の放送全部聞きましたけどどの回も面白かった。またこういう企画やってくれないかなあ。ラジオ関東時代の「GO!GO!NIAGARA」は全部で172回放送していて、恐らく全部の回のマスター残っているんだろうから、今後も第2弾、第3弾ということでどんどんやって欲しい。なんなら172回全部再放送してくれてもいいくらい。それだけ大瀧さんの放送は面白いし価値があると思う。

2018年12月から2019年3月まで楽しい4ヶ月間でございました。それと今回のナビゲーター役の宮治淳一さんいいですねえ。今まで知らなかったです。日曜夕方の「宮治淳一のラジオ名盤アワー」も面白いし。こちらも大きな収穫でした。

| | コメント (0)

大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.13

ラジオ日本開局60周年記念
大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.13
テーマ:『クレイジーキャッツ特集part1』
オリジナル放送日:1975年9月2日
オリジナル放送回:第12回

60_amass1

13回目の今回の放送は、お待ちかね「クレイジーキャッツ特集part1 」です。と言いつつ、私たちの時代ではクレイジーキャッツといわれてもすごく昔のグループというイメージで、正直大瀧さんが紹介していなければまず聞くことはなかったと思う。でも聞いてみると良いねえ。もちろん面白いんだけどただそれだけじゃなくて演奏も上手いし、楽曲も良いし、そして何と言っても植木さんが歌が上手い。なんかパワフルで良いなあ。それと番組中のリーダーのハナ肇さんへのインタビューも面白かった。クレイジーキャッツ結成までの人の出入りの様子とか興味深い。やっぱりこういうの大事ですねえ。当人が一番よく知ってるわけだから、やっぱり説得力が違いますね。

そして今回のオンエアされた曲はこちら→オンエア曲目

それと番組HPはこちらです

それからVol.12をアップした時に植木さんのインタビューって書きましたけどハナ肇さんでした。失礼いたしました。そして次回はいよいよ最終回。「アルドン、スクリーン・ジェムズ系のアナザー・ライター特集」です。次回も楽しみです。でも最終回なんだよねえ。

| | コメント (0)

大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.12

ラジオ日本開局60周年記念
大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.12
テーマ:『ブルーがタイトルに付く曲特集』
オリジナル放送日:1976年11月23日
オリジナル放送回:第76回

60_amass1

12回目の今回の放送は、「ブルーがタイトルに付く曲特集」です。なんかタイトルだけ見るとサンソンの「棚から一掴み」みたいだなあ。大瀧さんもこういう風なテーマでの選曲してたんですねえ。ちょっとびっくりです。今回も良い曲かかってたなあ。知ってる曲、知らない曲大体6対4ぐらいの割合ですかねえ。でもブルーがタイトルにつく曲って言われても、すぐには頭に浮かばないけど、曲聞いてると確かにブルーが入ってるなあなんて気づかされる曲もあったりして。やっぱり選曲というのはなかなかに難しいもんですな。それから3/21に発売される「NIAGARA CONCERT '83」からも1曲かかって、もう発売が待ち遠しいです。なんてったって限定版予約してしまいましたから。そんなこんなで今回も楽しい放送でした。

そして今回のオンエアされた曲はこちら→オンエア曲目

それと番組HPはこちらです

そして次回はクレージーキャッツ特集。植木さんのインタビューもあるみたいで、次回も楽しみです。

| | コメント (0)

大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.11

ラジオ日本開局60周年記念
大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.11
テーマ:『50年代ヴォーカル・グループ特集』
オリジナル放送日:1976年8月3日
オリジナル放送回:第60回

60_amass1

11回目の今回の放送は、「50年代ヴォーカル・グループ特集」です。今ではこの手の音楽はドゥー・ワップという言葉で定着しておりますが、この放送当時はあんまりドゥー・ワップという表現は使われていなかったようで、FENのジム・ピューターの番組でもこいった表現はこの当時はほとんど使われていなかったようです。また今回のこのドゥー・ワップというジャンルの音楽ですが、今回の放送で大瀧さんが話してましたけど、こういったボーカルグループは一聴しただけではなかなか良さを理解できなくてどれも同じに聞こえるけれど、何回も何回も繰り返して聞いていくとその良さがわかってくる、といったことを話してましたけれど、その表現はまさに言い得て妙という感じです。本当に何度も何度も繰り返し聞いていくと、徐々に徐々になんか良い感じになっていくんですよ。そんなに詳しくない私でもそうですから、やっぱり繰り返し聴くことは大事です。それとこの番組のナビゲーターを務める宮治淳一さんは、昨年発売されたコンピレーションアルバム「ドゥー・ワップ・ナゲッツ」を企画制作した方なのだそうです。あれは実にいいコンピでしたねえ。私も買いました。確かに山下達郎のコンサートに行くと、開場早々に入ってロビーのパネルの写真撮って、ステージのとこまで行ってステージセット見て、あとは席で客入れの時間に流れているドゥー・ワップを聴いてるっていう感じですもんねえ。こんなこと書いてたらまたライブに行きたくなってしまった。今年のツアーもどこか当たるといいんだけど。それはさておき今回も面白い放送でした。曲の合間に何気なく喋る大瀧さんの語りが良いんだよねえ。

そして今回のオンエアされた曲はこちら→オンエア曲目

それと番組HPはこちらです
ラジオ日本開局60周年記念 大瀧詠一『ゴー・ゴー・ナイアガラ』ベストセレクション

そして次回は、「ブルーがタイトルにつく曲特集」。なんかサンソンの棚から一掴みみたい。どんな曲が掛かるか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.10

ラジオ日本開局60周年記念
大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.10
テーマ:『ジャパニーズ・グラフィティ Part1』
オリジナル放送日:1975年11月17日
オリジナル放送回:第23回

60_amass1

10回目の今回の放送は、「ジャパニーズ・グラフィティ特集」です。アメリカにアメリカン・グラフィティがあるならば日本でもと言う事でのジャパニーズ・グラフィティのようです。そして大瀧さんの軽快なおしゃべりと日本の歌謡曲がガンガンかかります。やはりこのあたりは大瀧さんの真骨頂と言う事で、聞いていて楽しい。それとこういう洋楽中心の番組で邦楽がかかると、なんかほっとするね。と言う事で今回も楽しい放送でした。

そして今回のオンエアされた曲はこちら→オンエア曲目

それと番組HPはこちらです
ラジオ日本開局60周年記念 大瀧詠一『ゴー・ゴー・ナイアガラ』ベストセレクション

そして次回は、「50年代ヴォーカル・グループ特集」。遂にきました、待ってましたのドゥー・ワップです。楽しみじゃない訳がないですねえ。期待大です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.9

ラジオ日本開局60周年記念
大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.9
テーマ:『さわやかサウンド特集』
オリジナル放送日:1976年8月24日
オリジナル放送回:第63回

60_amass1

9回目の今回の放送は、「さわやかサウンド特集」です。そうは言ってもさわやかサウンドって何?という感じですが、どうも60年代後半のコーラス主体のアメリカンポップスの事のようです。このジャンルは今まであんまり聞いてこなかったジャンルかもしれない。かかる曲の中で知ってる曲が少なかった。それでも聞いていて飽きないところが、まさにさわやかサウンドなのかもしれない。今回の放送はなかなか新鮮な感じでした。

そして今回のオンエアされた曲はこちら→オンエア曲目

それと番組HPはこちらです
ラジオ日本開局60周年記念 大瀧詠一『ゴー・ゴー・ナイアガラ』ベストセレクション

そして10回目となる次回放送は、ジャパニーズグラフィティ特集。まさに大瀧さんならではの特集かもしれません。次回も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.8

ラジオ日本開局60周年記念
大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.8
テーマ:『リバプールサウンド特集①』
オリジナル放送日:1976年6月15日
オリジナル放送回:第53回

60_amass1

今回が8回目の放送です。このシリーズが全14回の放送ですから今回から後半戦という事になります。そして今回の特集がリバプールサウンド特集。アメリカポップスだけじゃなく、イギリスのポップスも好きな大瀧さんらしい特集です。何といっても、昔ラジオでアメリカポップス伝の次はイギリスポップス伝をやるような事言ってたぐらいですから(残念ながらお亡くなりになってしまい実現しませんでしたが)。そしてかかる曲が相変わらず一筋縄ではいかない選曲。また番組中で、実はLed Zeppelinはまり好きじゃないとか、そんな本音を聴けたり、ビートルズ特集でもかからなかったビートルズの曲がかかったり、相変わらずの面白い放送でした。またこの時期は50分番組だったので、宮治淳一セレクトも多く聴けてそっちも面白かった。

そして今回のオンエアされた曲はこちら→オンエア曲目

それと番組HPはこちらです
ラジオ日本開局60周年記念 大瀧詠一『ゴー・ゴー・ナイアガラ』ベストセレクション

そして次回は『さわやかサウンド特集』。どんな音楽がかかりますか、これまた楽しみですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.7

ラジオ日本開局60周年記念
大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.7
テーマ:『小林旭特集』
オリジナル放送日:1978年6月26日
オリジナル放送回:第159回
テーマ:『お葉書特集』
オリジナル放送日:1976年6月8日
オリジナル放送回:第52回

60_amass1

今回の放送は、小林旭特集とお葉書特集の2本立て。おまけに当時お葉書常連だった泉麻人をゲストに迎えて、25:00〜27:00までの2時間の拡大版です。
そんなこんなでまずは小林旭特集ですが、この破壊力たるや凄いものがありますなあ。特に「恋の山手線」「自動車ショー歌」とか強烈だわ。サンソンの珍盤奇盤聞いてるみたい。ちなみに「恋の山手線」は小島貞二&浜口庫之助、「自動車ショー歌」は星野哲郎&叶弦大。みんな大御所じゃないですか。これで「ダイナマイトが百五十屯」もかかればもう言うことなしだったんですけどねえ。あとお葉書特集も面白い。いつの時代もハガキ職人とはいるもので、番組中ではちょっとした有名人だったりします。ちなみに今回のゲストの泉麻人さんは、SB最中カレーを食べる会会長というペンネームで読まれてました。

それとこのゴー・ゴー・ナイアガラという番組ですが、当初60分番組で始まりそのあと50分番組になり、最後は30分番組だったみたいです。小林旭特集の時は30分番組だたみたい。と言うことで番組の放送時間の推移はこちら、
ラジオ関東時代
1975年6月 - 1976年2月:毎週火曜27:00 - 28:00(60分)
1976年3月 - 1977年3月:毎週月曜24:00 - 24:50(50分)
1977年4月 - 1978年9月:毎週月曜24:00 - 24:30(30分)
TBSラジオ時代
1979年10月 - 1980年4月:毎週日曜18:30 - 18:45(15分)
1981年10月 - 1982年4月:毎週土曜25:30 - 26:10(40分)
1982年4月 - 1982年7月:毎週土曜26:00 - 26:40(40分)
1982年8月 - 1983年3月:毎週火曜25:00 - 27:00(120分・『サウンドストームDJANGO』枠)
ちなみに私が初めて聞いたのはTBSラジオの土曜日深夜だったと思う。それから『サウンドストームDJANGO』枠だった時は、1時間大瀧さんが喋って、1時間はゲストに喋らせてというパターンで、1回目のゲストDJは山下達郎だったと思うんだけど。そしてその後1984年から山下達郎のSOUNDSTREETで新春放談が始まったんですよねえ。

そして今回のオンエアされた曲はこちら→オンエア曲目

それと番組HPはこちらです
ラジオ日本開局60周年記念 大瀧詠一『ゴー・ゴー・ナイアガラ』ベストセレクション

今回も大満足の放送でした。ゲスト呼んで2時間の拡大版だと色々話を聞けて面白いなあ。山下達郎もゲストで来てくれないかなあ。なんて思いつつ次回はリバプールサウンド特集です。

また番組中でも紹介されてました、大瀧さんの監修による小林旭ベスト盤3種は以下になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.6

ラジオ日本開局60周年記念
大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.6
テーマ:『ジェフ・バリー&エリー・グリニッチ特集①』
オリジナル放送日:1975年7月22日
オリジナル放送回:第6回

60_amass1

今回の放送は、ジェフ・バリー&エリー・グリニッチ特集。いやあ、ついにやってまいりましたジェフ・バリー&エリー・グリニッチ特集。まさに黄金のソングライターコンビです。これにフィル・スペクターが加わってのフィレスサウンドですからねえ。1曲目の「Da Doo Ron Ron」からノリノリの楽しい放送でした。最後にはアイク&ティナ・ターナーの「River Deep- Mountain High」もかかって良かったなあ。さらにさらに宮治淳一セレクトで、エリー・ゲイ時代の「Cha Cha Charming」もかかって大満足の放送でした。

そして今回のオンエアされた曲はこちら→オンエア曲

それと番組HPはこちらです
ラジオ日本開局60周年記念 大瀧詠一『ゴー・ゴー・ナイアガラ』ベストセレクション

そして次回は小林旭特集とお葉書特集。時間延長でゲストも出るみたいです。次回も楽しみだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.5

ラジオ日本開局60周年記念
大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.5
テーマ:『ロイ・オービソン特集』
オリジナル放送日:1975年10月14日
オリジナル放送回:第18回

60_amass1

今回の放送は、ロイ・オービソン特集。今回は割と時系列的に曲をかけて行ったのではないかと思います。もっともロイ・オビーソンそんなに詳しくないので、新鮮でしたけど。

そして今回のオンエアされた曲はこちら→オンエア曲目

それと番組HPはこちらです
ラジオ日本開局60周年記念 大瀧詠一『ゴー・ゴー・ナイアガラ』ベストセレクション

次週の1/27深夜の放送はお休みだそうです。ですので次回は2/3の深夜ということになります。そして次回の特集はジェフ・バリー&エリー・グリニッチ特集です。まさに、きたー!って感じで、実に楽しみですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧