バスケットボール

東京エクセレンス×信州ブレイブウォーリアーズ

2016年11月19日(土)
東京エクセレンス×信州ブレイブウォーリアーズ
小豆沢体育館

またまた散歩がてらBリーグ見てきた。今回はこちら、
Img_7237

試合前のウォームアップ(東京)
Img_7252

試合前のウォームアップ(信州)
Img_7239

そして試合の方ですが、今回も拮抗した試合で、試合としては面白かった。ただこの前と同じで点がなかなか入らない。結構イライラしますね(笑)。

Img_7256_2

結局この試合は、信州がリードして東京が追いついてという展開が続いて、最終的には68-75で信州ブレイブウォーリアーズの勝利。これで見に行った試合2試合とも東京エクセレンスは負けてしまった。なんか微妙な感じだな。

ただそれとは別にチアリーダーの方はバッチリ決まっておりました。
ハーフタイムもご覧の通り、
Img_0151

シーズンは始まったばっかりで、来年5月まで続く長丁場ですから、そのうち調子も上がってくるとは思います。そのうちまた見に行こうかな、やっぱり勝利を見ないとなあ。まあ近いんで散歩がてらまた行くとは思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京エクセレンス×アースフレンズ東京Z

2016年9月25日(日)
東京エクセレンス×アースフレンズ東京Z
小豆沢体育館

いよいよ開幕のプロバスケットボールリーグのBリーグ、その開幕ゲームを見に行ってきた。もっとも開幕ゲームといっても、開幕2連戦の2戦目です。
見に行ったのはこちらの試合、
Img_1746
東京エクセレンス×アースフレンズ東京Z

共にB2 中地区に在籍するチーム、そして東京のチームということで、いきなりの東京ダービーです。それからお客さん結構入ってました。まさか小豆沢体育館でプロのバスケットの試合が見れる日が来るとは思わなかった。しかもここ小豆沢体育館は、東京エクセレンスの本拠地ということです。それもびっくりです。

そうこうしてるうちにいよいよTIP OFF
Img_1781_2

前半は点差もつかず拮抗した試合でした。前半終わったところでは、37-37で同点。
Img_1793_2

そしてハーフタイム
Img_1791_2

今回は開幕戦、そして東京ダービーということで、アースフレンズ東京Zのチアリーダーも参加して、コラボしてました。なかなか華やかです。

そして後半、結構東京エクセレンスが優勢に試合を進めていて、一時は結構点差も開いてエクセレンスの勝ちかななんて思ってたら、いつの間にか追いつかれ最後の最後で逆転されて、結局72-74でアースフレンズ東京Zの勝利。ちなみに前日の開幕戦は、90-72でエクセレンスが勝利だったようです。

おそらくバスケットの試合を生で見るのは初めてだったと思うので、結構面白かった。ただもう少し点入っても良いと思うんだけどどうなんでしょうか。点が入らずターンオーバーが続くのが多かった気がするが。その辺は全くの素人なのでよくわかりませんが。

でも散歩がてら行けるところでプロの試合が見れるというのは、なかなか楽しいもんです。また行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本バスケ 世界から締め出し

ついに日本バスケットボール協会に対して、FIBAから資格停止処分が下った。前から勧告受けてたのに、結局何も解決できずに、その日を迎えてしまったわけです。FIBAからの勧告は主に3つで、「国内男子トップリーグの統合」「ガバナンス能力に欠けるJBAの改革」「日本代表の長期的な強化策」だそうです。この中で一番大きいのは、NBLとbjリーグが両方存在して、国内トップリーグが2つあることなんですかねえ。さらにその辺を協会が全くハンドリングできていないというのが大きいんじゃないんでしょうか。

もっともNBLは単なる企業スポーツだし、一方のbjリーフは地域密着を目指したリーグだから、うまくやっていけるわけないんだけど、でも事ここに至ってどうするんですかねえ。相変わらず自分の言いたいことだけ言って、結局まとまらないのか。そうするとオリンピック予選にも参加できないし、2020年には東京オリンピックもあるというのに。誰かが汚れ役になってやらないとまとまらないんだろうけど、そんな人がいるのかも疑問だし。ボスニアヘルツェゴビナのサッカー協会をまとめたオシムのような人がいればいいんだけど、そんな人いるのかなあ。

今回もう一つ問題なのが、この制裁に女子日本代表も含まれるということ。女子は一つにまとまっていて、アジアでも上位にいて、それこそリオデジャネイロオリンピック目指せる位置にいるだけに、早く解決しないと。

今後どうなるにしても、ここまでにしてしまった協会の責任は極めて重い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)