陸上

桐生祥秀 男子100メートルで9.98秒

福井県営陸上競技場で行われていた、陸上・日本学生対校選手権で桐生祥秀選手(東洋大)が男子100メートル決勝で9.98秒で優勝。日本人選手として初めて10秒を切り、9.98秒という記録を叩き出した。

ようやく出たという感じですねえ。洛南高校3年の時に10秒01を出して、10秒切るのも時間の問題何て言われてたけど、その後なかなか記録が伸びず、最近では強力なライバルも出てきて苦しんだ時期だったんじゃないかと思う。リレーの方ではオリンピック、世界選手権でメダルも獲得して結果を出して出してきただけに、学生最後の100メートルで9秒台が出せたのは良かったと思う。しかも日本人選手初の快挙です。

それにしても1998年に伊東浩司選手が10秒00を出してから、0.02秒縮めるのに19年もかかってる。そういう意味でも今回の9秒台はまさしく快挙です。

そしてスポーツ新聞はもちろん1面トップ
20170910

次なる目標は、オリンピック、世界選手権での男子100メートルのファイナリストです。頑張ってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男子4×100mリレー 日本チーム 銅メダル!

ロンドンで開催せれていた世界陸上ですが、男子4×100mリレーで日本チームがイギリス、アメリカに次いで3位に入り銅メダル獲得です。おめでとうございます!

日本チームのメンバーは、第一走者:多田修平、第二走者:飯塚翔太、第三走者:桐生祥秀、第四走者:藤光謙司の4人。アンカーはリオ・オリンピックや今回の世界陸上の予選でも走ったケンブリッジ飛鳥かと思ったらまさかの藤光謙司。そしてタイムも予選の38秒24から上げて38秒04。決勝でメンバーが変わっても、バトンパスは完璧でした。それにしてもこのバトンパスの技術は凄いなあ。ここは間違いなく世界最高峰でしょう。

そしてスポーツ新聞でも大々的に、
201808142<br/ >*1面は残念ながら、巨人 阿部選手の2,000本安打達成でした。

ボルトのアクシデントはそれはそれで驚きでしたけれど、そんな中堂々の3位入賞で世界陸上では初めてのメダル獲得になります。これで堂々のリレー強国の仲間入りですねえ。そして後は誰が9秒台を出すかということでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)