新聞アーカイブ

新聞Archive:2012年F1 日本GP

昨日に続きF1ネタの新聞Archiveです。今回は2012年のF1 日本GPが1面トップのトーチュウです。

それがこちら、
20121008

小林可夢偉がF1日本GPで3位表彰台。この時は予選も3番グリッドだったし、クルマに乗れてましたねえ。そして表彰台に上がると大カムイコールでした。テレビで見てて結構熱くなったなあ。日本人ドライバーが表彰台に上がるのは2004年アメリカGPでの佐藤琢磨の3位以来8年ぶり。さらに日本GPでの表彰台となると1990年のセナとプロストがスタート直後の1コーナーで接触リタイヤしたあの時以来実に22年ぶりです。

そんなF1ですが小林可夢偉以来日本人ドライバーは出てきてません。やっぱり日本人ドライバーがいないというのはF1ファンとしては寂しものがあります。今F2で活躍してる角田はF1乗れるんですかねえ。期待してるんだけどどうかなあ。是非とものってほしいですけどねえ。それと2012年F1日本GPですが、優勝はS.ベッテル(レッドブル・ルノー)、2位はM.ウェーバー(レッドブル・ルノー)。S.ベッテルがずっとチャンピオン獲ってた時期で、レッドブル最強の時期です。

| | コメント (0)

新聞Archive:2010年F1 日本GP

本来ならばこの週末は鈴鹿サーキットでF1 日本GPが開催されるはずだったんですけど、新型コロナウイルの影響でキャンセル。代わりにニュルブルクリンクでアイフェルGPが行われています。

そんな事から、今回の新聞Archiveは2010年10月11日のトーチュウ1面 F1日本GPでの小林可夢偉選手の7位入賞の記事です。

それがこちら、
20101011

2010年はBMWザウバーからF1フル参戦の小林可夢偉。予選14番グリッドから5回のオーバーテイクまたタイヤ戦略でもまわりがソフトタイヤでスタートする中、ハードタイヤでスタートするといった作戦が功を奏しての7位フィニッシュ。初めての日本GPで見事に入賞、なかなかに熱い走りでした。ちなみにこの時のポディウムは、優勝 S.ベッテル(レッドブル)、2位 M.ウェーバー(レッドブル)、3位 F.アロンソ(フェラーリ)。またブリヂストンがこの年限りでF1から撤退ということで、ブリヂストンにとっては最後の日本GPでした。

| | コメント (0)

新聞Archive:第2回WBC日本代表優勝 号外

巷で結構盛り上がっている第4回WBCですが、開幕前は史上最弱とか監督がダメとか色々言われてましたけど、いざ蓋を開けてみると1次リーグ、2次リーグ全勝で準決勝進出。こうなると手のひら返したような盛り上がり。まあこういうのは大体そんなもんなんですけどね。

ということで今回はこんなのアップしてみました、
20090324

「第2回WBC日本代表優勝 号外」

このときの決勝戦は韓国戦。延長までもつれ込んだ試合は、イチローの決勝打そしてダルビッシュがその裏を抑えて2連覇達成。イチローのヒットの時は職場で拍手が起こった。みんなワンセグ携帯でこっそり見てたんですねえ(笑)。

そして今回は、こっちのサイドから日本とオランダが準決勝に進出して、もう一方のグループはプエルトリコの1位通過が決定して、もう1チームはアメリカ×ドミニアの勝利チーム。ということで準決勝の対戦相手はアメリカかドミニカということです。今回はどのチームもメジャーリーガーたくさん出ていて盛り上がってる。そんな中で準決勝どうなんでしょう。先発は菅野みたいだけど、メジャーリーガー相手にどんな戦いになるか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)