アートな路線

「アートな路線」制覇の旅 番外編

昨日「アートな路線」制覇の旅 その3 そして完結、という記事をアップして、めでたくこのシリーズも終わり、のはずだったんですが、今日になって一つ抜けている事に気がつきまして、急遽本日撮りに行ってきました。

抜けていたのが、新宿三丁目駅に展示されているこの作品、

20100227shinnzyuku3tyoumemigi
「Tea Party 不思議の国のアリスシリーズ-2(左側)」山本容子

20100228shinnzyuku3tyoumehidaei
「Tea Party 不思議の国のアリスシリーズ-2(右側)」山本容子

この作品完全に抜けてました。一番最初に「アートな路線」という記事をアップした時から抜けてました。いやはやお恥ずかしい。
さらに今回分割してアップしたのは、この作品の前に大きな柱が2本あって、どうしても1枚に収まらない。斜めから撮って、1枚に収めようとすると、角度がきつ過ぎて、絵柄がほとんどわからなくなってしまうということもあり、やむなく分割と言う事になりました。

1枚にするとこんな感じ、

Dscn9773

それにしても、今回ばかりは、この作品見つけるの大変でした。どうしても見つからずに、今回はあきらめて帰ろうと思って、都営新宿線の方に歩いている時に、偶然見つけたんです。あんな分かりにくい所に展示しとくなよ、本当に。

これでようやく完結です。最後の最後でどっと疲れた。でも見つかったから良しとしましょう。

いままでの経緯はこちらから、
・アートな路線
・「アートな路線」制覇の旅 その1
・「アートな路線」制覇の旅 その2
・「アートな路線」制覇の旅 その3 そして完結

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アートな路線」制覇の旅 その3 そして完結

ひょんなことから始まったこの企画(と言う程でもないですけど)も、今回ようやく完結です。

と言う事で、今回最初の駅は、西早稲田駅。ここは2作品です。
まずはこちら、

20100227nisiwasedaamatu「大宇宙にはばたく」天津恵

こういう色使いとか構図とか、結構ツボです。見みてて楽しい作品でしたねえ。

そしてもう一作品がこちら、

20100227nisiwaswdayamaguti「地下鐵道之圖」山口晃

いまや押しも押されもしない山口晃ワールド。どこから見ても100%山口晃さんの作品です。

続いて雑司が谷駅
ここは1アーチィスト2作品です、
まずは、目白通り改札口の所にある作品がこちら、

20100227zousigayazoshigayakuti
「雑司が谷の詩 時の流れを描く」木村光佑

そして池袋方面改札口の所にある作品がこちら、

20100227zousigayaikebukurokuti
「雑司が谷の詩 出会いがあり触れ合いがある街」木村光佑

ここでの2作品は、雑司が谷の今昔をテーマにしたものです。それはそうと、雑司が谷駅は、2作品展示されている事を、すっかり忘れてました。たまたまこの駅で下車して、出たのとは逆の改札から入ったので気がついた。危なかった。

いよいよ最後の目的地池袋駅へ。
そして池袋駅で展示されている作品はこちら、

20100227miyataryouhei「幸せのリング」宮田亮平

やっと最後の「幸せのリング」にたどり着いたので、幸せになれるといいんですが。それから、この「幸せのリング」の作者宮田亮平さんは、何と東京藝術大学学長だそうです。そして東京駅の「銀の鈴」の作者という、いやはやびっくりです。

ということで、副都心線全駅のパブリックアートを見る旅、めでたく完結です。まあ旅と言う程でもないですけど、それでも数回に渡ってしまったので旅でもいいかなと。

今回たまたま営団副都心線でしたけど、結構多くの地下鉄の駅にパブリックアートのようなものありますね。今回わりとその辺意識しながら回ったので、今までは気がつかなった所も、新たな発見がありました。ただ地下鉄の乗り換えや乗り降りは、急いでいる事が多いので、足早に行ってしまう事が多いんですけど、ちょっと周りを見ると意外な発見があって面白いかもしれません。
急いでばっかりいないで、周りを見る余裕も必要かもしれない。そんな事に気づかされた、今回の旅でした。

それから、いままでの経緯はこちらから、
・アートな路線
・「アートな路線」制覇の旅 その1
・「アートな路線」制覇の旅 その2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アートな路線」制覇の旅 その2

ちょっと前に書きました、「アートな路線」制覇の旅 その1。今回その続編で、「アートな路線」制覇の旅 その2です。
ちなみに一番最初に、このアートな路線の事を書いたのはこちら

今回立ち寄った副都心線の駅は、東新宿駅と新宿三丁目駅の2つ。実は、都営大江戸線と都営新宿線を縦に繋いでいるのが副都心線なんです。ただ、だからといって副都心線よく乗るかと聞かれれば、答えはNoですけどね。

と言う事で、東新宿駅にて発見した作品がれ、

20100211higasisinnzyuku「新宿躑躅」中山ダイスケ

この作品良いですね。躑躅が力強く表現させれいます。そして圧倒的な迫力というか存在感。ちなみに新宿区の、区の花は「躑躅」だそうです。

そして東新宿駅のホームのベンチは、こんなにおしゃれ、

20100211higasisinnzyukubench

そして東新宿駅を後にして、次なる目的地の新宿三丁目駅へ。この駅は副都心線以外にも丸の内線、さらには都営新宿線が走っています。

そしてここで、すぐに目に入ってくるのがこの作品、

20100211sinzyuku3tyoume「Hop,Step,Hop,Step」山本容子

兎を主人公に描かれたこの作品。兎のいろんな表情が見れて、見ていて結構楽しい作品です。

そしてこの駅のもう一つの作品がこちら、

20100214sennzyuhirosi「ウォーターフォール」千住博

この作品の場所が分からず苦労しました。もっとも私の目的の改札とは、逆の方向だっただけなんですけどね。それにしても、この作品をあそこに設置すると言うのは正直どうなんでしょうか。作品はもう素晴らしいです。ただあんな素晴らしい作品を、あの場所というのはねえ。あそこ歩いてる人のほとんどが、気づいていないんじゃないかなあ。せめて駅の中に入れて、もっとみんなの目につく所に設置しないと。作品が素晴らしいだけに、もったいない。

と言う事で、今回2駅3作品見てきましたので、残るは3駅4作品。2月中には達成したいのだが、はてさてどうなりますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アートな路線」制覇の旅 その1

以前「アートな路線」ということで、営団地下鉄副都心線の事を書きました。
そして今日、国立能楽堂から山種美術館に行くのに、副都心線を使って渋谷までいくので、どうせならその時に駅に飾られている作品を見ようと、突然思い立ったわけです。

今回は、副都心線北参道駅から渋谷駅まで利用したので、駅としては北参道駅、明治神宮前駅、渋谷駅の3駅になります。

ということで、まずは北参道駅にはこの作品です、

20100130kaiga1_5「晴のち雨のち晴」吉武研司

この作品は、改札入った所に飾られているのですぐ見つかりました。この駅はシンプルなので楽です。

そして次なる駅が明治神宮前駅。この駅には2作品が飾られています。

20100130kaiga2_4「希望」武田双雲

20100130kaiga3_5「いつかは会える」野見山暁治

この駅は千代田線との乗換駅のため、人は多いです。ただ2作品とも近くに展示されているので、見つけやすいです。

そして3つ目の駅が渋谷駅。副都心線の始発駅でもあり最終駅でもあります。そしてここも2作品飾られていて、お二方とも大ファンなんですよ、実は。
その2作品がこちら、

20100130kaiga4_3「海からのかおり」大津英敏

20100130kaiga5_4「きらきら渋谷」絹谷幸二

お二方ともこんな所でお会いしようとは。大津英敏さんの「海からのかおり」は青の色が鮮やかで、非常に良い感じになってます。そして絹谷先生は何も言う事ありません。今回も素敵な作品をありがとうございます。「きらきら渋谷」っていうタイトルも素敵。
ただ渋谷駅の場合は、作品は改札の外にあります。そして副都心線のホームはかなり深い所にあって、さらにはいろんな路線と乗り継いでますから、駅の構造も複雑でよく分かりません。今回大津英敏さんの作品はたまたますぐわかりましたけど、絹谷先生の作品はわからず駅員さんに聞いてしまいました。あれ聞かなきゃ分かんなかったよ、絶対に。駅員さん、ありがとう。親切に教えて頂きました。

ということで、今回3駅で5作品。残るは5駅で7作品です。完全制覇の道は遠いようで、近いようで、よく分かりません。難所は新宿三丁目駅と池袋駅の2つかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アートな路線

20091018artrosenn東京の営団地下鉄で一番最近開通した路線が、副都心線。
渋谷から池袋まで、ほぼ明治通りの下を走ってる路線です。で、この副都心線の8つの駅に、14人の作家による、パブリックアートが展開されているそうです。今営団地下鉄各駅に置かれてる、「TOKYO METRO NEWS 10月号」に載ってます。そうなんだあ、これ読むまで知らなかったよ。だいたい副都心線って開通してから1回しか乗ったことないし。
ということで、渋谷駅から順に追って行くと、
渋谷駅
・大津英敏「海からのかおり」
・絹谷幸二「きらきら渋谷」
明治神宮前駅
・武田双雲「希望」
・野見山暁治「いつかは会える」
北参道駅
・吉武研司「晴のち雨のち晴」
新宿三丁目駅
・千住博「ウォーターフォール」
・山本容子「Hop Step Hop Step」
東新宿駅
・中山ダイスケ「新宿躑躅」
西早稲田駅
・山口晃「地下鐵道乃圖」
・天津恵「大宇宙にはばたく」
雑司が谷駅
・木村光佑「雑司が谷の詩」「雑司が谷物語」
池袋駅
・宮田亮平「幸せのリング」

結構凄いラインアップですね、これ。個人的には渋谷駅、新宿三丁目駅、西早稲田駅とか見てみたい。というよりも、やっぱり全部行ってみないと。営団地下鉄の一日券買って、全駅回ってみるのも良いかもしれない。ほとんど「ぶらり 途中下車の旅」滝口順平さんの気分で。

それと「TOKYO METRO NEWS 10月号」の表紙はこちらです、
20091018metoronews

| | コメント (0) | トラックバック (0)