映画

リチャード・ジュエル

2020年1月19日(日)
リチャード・ジュエル
TOHO CINEMAS日比谷

TOHOシネマズ日比谷でクリント・イーストウッド監督作品「リチャード・ジュエル」を観てきた。今年初めてのTOHOシネマズ日比谷です。

1996年のアトランタオリンピック期間中にアトランタ公園の野外コンサート会場で起きた爆破事件で、容疑者とされたリチャード・ジュエルを描いたもの。爆弾の第一発見者で英雄となった警備員のリチャード・ジュエルが数日後には容疑者として注目を集めることになる。さしたる証拠も無いのに何としても犯人にしてしまいたい警察と特ダネが欲しいマスコミ、そして面白おかしく状況を見つめる大衆。結局彼の容疑は晴れて自由の身とはなるものの、よっぱり世論というものは恐ろしい。

そして今回のチラシです、
202001191

この事件は当時日本でも大きく報道されたので覚えているけれど、ただこいう事件があったとうい事実だけで、その後どう展開してどう解決したのかまでは知らなかった。観れて良かった。

| | コメント (0)

フォードVSフェラーリ

2020年1月13日(月)
フォードVSフェラーリ
TOHO CINEMAS上野

またまた映画を観てきた。今年3本目です。結構良いペースかも。

観てきた映画がこちら、
Img_6885

世界三大レースの一つであるルマン24時間レースで、当時の絶対王者フェラーリに勝つためにその戦いに挑んでいく物語、実話です。こういうストーリーの場合に相手との闘いもさることながら、身内との戦いも必ず出てきます。各々の思惑だったりとか足の引っ張り合いだったりだとか。実はこっちの方が厄介だったりするですよ。そしてそんな壁にぶつかりながらも戦いにに挑んでいく人達。そういうの含めて面白かったです。

そして今回チラシです、2種類あります。
まずはこちら、
202001131

さらにもう一つ、
202001133

モータースポーツ好きとしてはこういう映画は観ていて楽しいですね。

| | コメント (0)

ルパン三世 THE FIRST

2020年1月11日(土)
ルパン三世 THE FIRST
TOHO CINEMAS上野

TOHO CINEMAS上野で「ルパン三世 THE FIRST」を観てきた。

それがこちら、
Img_6876

今回はアニメというより3D作品といった感じなんでしょうか。そしてチラシなんかにはしきりと「カリオストロの城」から40年というコピーが使われてます。もうそんなに経つんだねえ。確かに最後のほうの展開はカリオストロの城を思い出させるような展開で、レティシアとクラリスがかぶったりなんかして良い感じです。

そして今回のチラシです。今回はチラシ2種類ありまして、まずはこちら、
202001113

そしてもう一つがこちらです、
202001111

どっちのチラシもいい感じですねえ。そんなルパン三世はいつ観てもワクワクするし、今回も面白かった。もうお亡くなりになってしまったけど、モンキー・パンチ先生に感謝です。

| | コメント (0)

STAR WARS スカイウォーカーの夜明け

2020年1月4日(土)
STAR WARS スカイウォーカーの夜明け
TOHO CINEMAS上野

今年最初の映画は、TOHO CINEMAS上野にて超話題作「STAR WARS スカイウォーカーの夜明け」観てきました。
81467791_2658425954245729_86995624811791

今回が物語の完結にあたる9作目。1978年にエピソード4が日本で公開されてから約40年もの歳月を経てめでたく物語の完結です。内容も面白くて個人的には大満足です。そして毎度毎度思いますが上映時間が2時間20分もあるのに飽きる事なく最後まで観れて、その辺の作り方は流石ですねえ。それと忘れちゃいけないのがテーマ曲。やっぱりあのテーマ曲を聴くと心躍るものがあります。

今回のチラシです。今回は2種類ありまして、
まずはこちらから、
202001041

もう一つがこちら、
202001043

なんかこれで終わってしまうのが勿体無い様な気がします。

| | コメント (0)

2019年映画館で観た映画のベスト5

今年も余すところあと数日、ということで去年もやりましたが映画館で観た映画のベスト5です。去年はベスト10だったんだけど、今年は色々あって夏以降ほとんど観れていないのでベスト10選ぶのが難しくてベスト5にしました。

ということでベスト5です、

1.「グリーンブック」@TOHO CINEMAS上野
201903161

2.「ブラック・クランズマン」@TOHO CINEMASシャンテ
201904063

3.「運び屋」@TOHO CINEMAS上野
201903211

4.「私は、マリア・カラス」@TOHO CINEMASシャンテ
201901051

5.「バイス」@TOHO CINEMAS日比谷
201904301
来年は去年の様にいい映画いっぱい見たいと思います。
それから、去年のベスト10はこちら、

ということで、また来年です。

| | コメント (0)

私は、マリア・カラス

2019年1月5日(土)
私は、マリア・カラス
TOHO CINEMASシャンテ

今年最初の映画は、TOHO CINEMASシャンテにて「私は、マリア・カラス」。

Img_20190105_112149

マリア・カラスに関してはほとんど知りませんが、宣伝の映像を見て興味が湧きまして見てきました。マリア・カラス、ジャンルとしてはオペラになるんでしょうか。そして今回の作品は彼女のデビューから晩年までを収めたドキュメンタリー映画です。デビューから人気絶頂の歌姫へと登りつめ、そして誹謗中傷やまた恋愛関係とそこから生まれる孤独とまさに波乱に富んだ人生が収められています。
ただそういった事のすべてを超越するぐらいに、彼女の歌声は美しく、素晴らしく、切ない。そしてまた毛皮を纏って歌い上げる姿はなんとも言えず美しい。良い映画でした。

そして今回チラシは2種類、こちらです。
Scan005-2 

Scan005_edited1

またミッドタウン日比谷の正面にはこんなアート作品が飾られていました、
Img_20190105_111956

今年の干支は亥。良い一年でありますように。

| | コメント (0)

2018年映画館で観た映画のベスト10

今年ももう少しで終わります。そこで今回は今年映画館で観た映画のベスト10を作ってみた。今年映画館に足を運んで観た映画は49本。こんなにみたのは人生初。もっと言ってしまえば昨年までの人生で映画館で観た映画の数もこんなに多くはないです。

という事でベスト10です、
1.「モリーズ・ゲーム」@TOHO CIMEMAS日比谷
201805121

2.「シェイプ・オブ・ウォーター」@TOHO CIMEMASシャンテ
201804141

3.「祈りの幕が下りる時」@TOHO CIMEMAS上野
201801273

4.「ビガイルド 欲望のめざめ」@TOHO CIMEMAS日本橋
201802251

5.「孤狼の血」@TOHO CIMEMAS上野
201805131

6.「トレイン・ミッション」@TOHO CIMEMAS日比谷
201804081

7.「30年後の同窓会」@TOHO CIMEMASシャンテ
201806091

8.「ミッション:インポッシブル フォールアウト」@TOHO CIMEMAS上野
201808145

9.「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ・アディオス」@TOHO CIMEMASシャンテ
201807211

10.「souvenir the movie -Mariya Takeuchi Theater Live-」@新宿バルト9
201812162

上記の10本以外にも、
・「アンロック 陰謀のコード」@TOHO CIMEMAS日比谷
201804281_2

・「THE GREATEST SHOWMAN」@TOHO CIMEMAS上野
201802242

・「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文章」@TOHO CIMEMAS日比谷
201803291

・「レッド・スパロー」@TOHO CIMEMAS上野

201804071

・「エリック・クラプトン -12小節の人生-」@TOHO CIMEMASシャンテ
201812021

・「ボヘミアン ラプソディ」@TOHO CIMEMAS日本橋
201811113

・カメラを止めるな@TOHO CIMEMAS上野
201808161

上記以外でももちろん面白い映画はあったし、49本見ても観たいけど観に行けなかったという映画もある。それにしても邦画・洋画問わずたくさん映画は作られて公開されているんだなという事を改めて実感した1年でした。映画って面白いなあ。これまで好きでいろんなもの観てきたけど、不思議な事に映画館には足向かなかったなあ。でももう大丈夫です。来年も今年くらいは観ようと思う。あと邦画も多めに観たいし、アニメも見たいのあるし。という事でまた来年です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

souvenir the movie -Mariya Takeuchi Theater Live-

2018年12月16日(日)
souvenir the movie -Mariya Takeuchi Theater Live-
新宿バルト9

souvenir the movie -Mariya Takeuchi Theater Live-に観に行ってきた。場所は新宿バルト9。ここに来るのは久しぶりです。

48372762_1983646538390344_514863974

デビュ-40周年を記念して企画されたこの映画ですが、過去に竹内まりやが行った2000年、2010年のライブと2014年の全国ツアーから構成されています。オープニングナンバーの「アンフィシアターの夜」から、MC映像や山下達郎氏のMC等を挟みながら最後の「いのちの歌」まで約90分ぐらいでしょうか。そんな中一番多くの映像が使われていたのが2000年のライブの映像。そしてこの時はドラムがまだ青ちゃんこと青山純だったんですねえ。懐かしかったなあ。また2014年の全国ツアーの時は最後の日本武道館行きましたねえ。座席が2階の最後尾。武道館の2階最後尾でライブ見たのは後にも先にもこの時だけです。でも後ろに立ち見の人がいてびっくりしたけど。このライブも良かったなあ。歌って、喋って約3時間。もし大瀧さんがご存命だったらどこかでサムシング・ステューピッドをデュエットしたかなあなんて思ったりなんかして。

そんな2014年のライブの模様はこちら
竹内まりや SOUVENIR 2014@日本武道館

それと今回のチラシです。2種類ありまして、
まずはこちら、
201812161

そしてもう一つ、
201812162

また竹内まりやデビュー40周年特設サイトはこちら
MARIYA TAKEUTI 40th Anniversary

観ていて楽しくなる映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泣き虫しょったんの奇跡

2018年9月17日(月)
泣き虫しょったんの奇跡
TOHO CINEMASシャンテ

今回観た映画は日本映画で「泣き虫しょったんの奇跡」。
Img_5217

奨励会の時に四段に上がれずに、一度はプロ棋士になる事を諦めながら、その後異例のプロ棋士への編入試験を受けてプロ棋士となった瀬川晶司さんの実話。将棋界に関しては、谷川浩司さんとか羽生善治さんとか最近だと藤井聡太さんとか華々しい将棋の部分はなんとなく知ってたけど、それ以外の部分はほどんど知らないから見ていて面白かった。26歳までに四段に上がらないと奨励会を退会しなければならず、プロ棋士への道が閉ざされてしまうという現実があって、そこでの年齢との戦いとかその時の精神状態とか、相当なプレッシャーの中でやってるんだと思う。だから主人公がプロになれなくてサラリーマンになった後で幼馴染と将棋を指して、「やっぱり将棋って楽しいなあ」っていう台詞は実感なんだろうなあ。あと出てる役者さんが良かった。主演の松田龍平以外では、特に挙げればイッセー尾形良かったなあ。軽トラの運転席でラジオ聞きながら即席の棋譜つけてるシーンとか良かったなあ。まあそれ以外でも、良い役者さんが脇を固めてたので面白い作品でした。

そして今回のチラシです、
初期バージョンはこちら、
201809172

そして公開直前のバージョンはこちらです、
201809174

やっぱり松田龍平好きだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

午前十時の映画祭9「トップガン」

2018年9月15日(土)
午前十時の映画祭9「トップガン」
TOHO CINEMAS日本橋

今回早起きしてTOHOシネマズ日本橋で、午前十時の映画祭9を見てきた。

今回は「トップガン」
Scan003

1986年に公開され、若きトム・クルーズをスターに押し上げた大ヒット映画「トップガン」。久々に観たけど面白かった。ただ以前見たのがいつかわからないくらい前なので、内容がうる覚えで、でも観てるうちに思い出すもので、なんか内容を確認しながら見てたような感じです。でもやっぱりあの戦闘シーンは今観てもドキドキするぐらいの迫力です。それともう一つは劇中で使われている曲が素晴らしい。特に60年代の曲がいい感じでした。この点は以前見た時にはそんなに感じなかった部分です。もっとも公開当時には、ライチャス・ブラザーズとかオーティス・レディングとか知らなかったし。

このシリーズ良いなあ。やっぱり、デジタルリマスターされた映像を、大きなスクリーンで見るのは良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧