映画

孤狼の血

2018年5月13日(日)
孤狼の血
TOHO CINEMAS上野

今回はヤクザ映画です、
Img_4525

今回結構楽しみにしてたんですよ。ということで公開してすぐに観てきた。
広島弁のヤクザ映画というとどうしても「仁義なき戦い」を思い起こしてしまいますが、さすがにあそこまではギラギラしてない。でも映画は面白かった。それとやっぱり役所広司はかっこいいねえ。ただ今回役所広司級の人がもう一人ぐらいいるともっと面白かったかなあ。あと最後の方の展開は予想してたのと違ってちょっとびっくり。殺されるなら他の人だろうと心の中でツッコミ入れてしまったけど。あとセリフも結構エグくて、攻めてる感じがして良かった。

そして今回のチラシがこちら、
201805131

5月12日(土)から公開してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モリーズ・ゲーム

2018年5月12日(土)
モリーズ・ゲーム
TOHO CINEMAS日比谷

今回観てきた映画はこちら、
Img_4519

トップアスリートからポーカーゲームの経営者、さらにはFBIによる摘発、そしてあの結末という流れですが、面白かった。弁護士事務所のシーンだったり、取り調べを受けるシーンだったり、すごい臨場感。そして最後の裁判のシーンも良かった。あの辺はいたってアメリカ的かもしれないけど。

そして今回のチラシがこちら、
201805121

さらにムビチケ、
Img_20180512_0001
チラシと画像が違ってました。

正直なところ、あんまり期待しないで行ったんですけど、いやはやどうして面白かった。なんか得した気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男

2018年5月1日(火)
ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男
TOHO CINEMAS日本橋

またまた映画を見てきた。毎月1日はファーストデイということらしく、今回1,100円で見てきた。

それがこちら、
Img_4453_2_2

映画は素晴らしかったです。ゲイリー・オールドマンの熱演は凄いなあ、苦悩するチャーチルの様子や、いかにもせっかちで落ち着きのない感じとか、良く表現されていたと思う。それと辻一弘さんの特殊メイクも素晴らしい。ただこの映画はチャーチルが首相に就任して、かの有名なチャーチルのスピーチを行うところまでの27日間がメインで描かれているもので、タイトルの副題あたりにそれ入れておいたほうが良いと思うんだけど。あと原題は「DARKEST HOUR」です。

そして今回のチラシはこちら、
201805014

チラシも良い感じです。ただダンケルクの戦いは制したというより撤退がうまくいったということなんじゃないのか。映画は素晴らしかっただけに、なんか映画本編以外のところでちょっと気になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シェイプ・オブ・ウォーター

2018年4月14日(土)
シェイプ・オブ・ウォーター
TOHO CINEMAS日比谷シャンテ

今回観てきた映画がこちら、
Shape_of_water

最初に劇場で宣伝映像観たときは、なんかイマイチな感じだったんですよ。出てくるキャラクターも気持ち悪いし。でも結構良いみたいな記事を多く目にしまして、そうなの?って感じで、それじゃあ観に行くかってな感じで行ってきました。まあ映画に関しては新参者みたいな者なんで、すぐ影響されてしまいます。
で実際見てみると、結構面白い。それと出演してる役者さんがみんな凄くて、迫力ありました。そんな中やっぱり主役のイライザを演じたサリー・ホーキンス良かったなあ。リチャード・ジェンキンスと座ったままでタップ踏むシーンなんか素敵ですねえ。やっぱり観に行って良かった。食わず嫌いはいけませんな。

そして今回のチラシです、
201804141

今回封切から時間が経っていたんで、どの劇場もやってなくてシャンテ1ヶ所だけだった。豪華なTOHO CINEMAS日比谷を横目に見ながら、ちょっとレトロ感のあるシャンテで見てきました。でもかえってこっちの方が、映画の雰囲気と合ってて良かったかもしれません。ちょっとこじつけ感はありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペンタゴン・ペーパー 最高機密文章

2018年3月29日(木)
ペンタゴン・ペーパー 最高機密文章
TOHO CINEMAS日比谷

東京ミッドタウン日比谷のグランドオープンに合わせて、新たにオープンするTOHO CINEMAS日比谷で、通常の公開日より1日早く公開されるということで、早速観に行ってきた。

まあグランドオープン当日ということもあり、正面のエスカレーターは激混み。結構時間を要しながらも4FのTOHO CINEMAS日比谷になんとか到着。

Img_1054

ようやく4階に着いて、チケット引き換えて中に入ろうとしたら、なんと上映スクリーンが地下ということが判明しまして再び地下へ行くことに。そして結構すったもんだした末にようやく上映スクリーンに到着です。

そんな思いをしながらも今回観た映画はこれ、
Img_1057

アメリカ政府が隠してきた最高機密文章を、ワシントンポストがスケープするまでの過程が描かれています。全体的に緊迫感があって面白かった。そんな中、ワシントンポストの女性社長を演じたメリル・ストリープが素晴らしく、演じているというよりも女性社長そのものといった感じで素晴らしかった。もちろんもう一方の主役トム・ハンクスも良かったけど。そして最後がウォーターゲートビルの不審者のシーンで映画は終わっている。この後さらに事件は展開していきますが、続編で描くのかはわかりません。まあこの事件に関しては、以前に名作が作られているからないのかもしれません。それにしても久々に時間の長さも感じず堪能しました。面白かった。

そして今回のチラシはこちら、
Img_20180331_0002

今回オープンしたTOHO CINEMS日比谷は、見やすい素敵な映画館。それに加えて駅から直結という立地も素晴らしい。今回がグランドオープンで激混みだったけど、その辺は時間とともに解消されると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビガイルド 欲望のめざめ

2018年2月25日(日)
ビガイルド 欲望のめざめ
TOHO CINEMAS日本橋

今回見に行った映画はこちら、
Img_4064

まったく予備知識なく観に行ったのに、この映画面白かったなあ。そして映像が綺麗だった。あと何と言ってもニコール・キッドマンが美しすぎて素敵。久しぶりに見たけど、やっぱり素敵。そしてストーリーも驚きの結末でした。集団心理というものは恐ろしい。観に行ってよかった。

そしてチラシ表面はこんな感じ、
201802251

またチラシのウラ面はこんな感じです、
201802252

とは言いつつ正直どっちが表でどっちがウラかはわかんないんだけどね。

それから、少し前に発売になったアエラの表紙が、この映画の監督のソフィア・コッポラさんでした。

それがこちら、
20180226
AERA 2018年2/26号

まあ映画公開と合わせて、タイムリーな取り合わせです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE GREATEST SHOWMAN

2018年2月24日(土)
THE GREATEST SHOWMAN
TOHO CINEMAS上野

こんな映画を見てきた、
Img_4058

館内にはすごく巨大なディスプレイが、
Img_4054

興行師 P・T・バーナムを描いたミュージカルムービー。展開としては、貧しい生い立ちから成功を掴んで、しかしそこから失敗してどん底に、でもそこから這い上がって再び成功する、というよくあるストーリーですけど、なかなかに面白かった。正直今までミュージカルってあんまり好きじゃなかったんだけど、最近はそういうこだわりが無くなってきたのか、結構楽しく見れたりします。まあ良いことなのかもしれない。

さらにチラシはこちら、
201802241

ヒュー・ジャックマン意外と好きかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2015-2016 旅するソングライター 2回目

2018年2月17日(土)
SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2015-2016 旅するソングライター
TOHO CINEMAS日本橋

先週に続き、またしても見てきました。

Img_0979

しかも今回はスタンディング上映。スクリーンの入り口にはこんな説明が出てました。
Img_0981

まあスタンディング上映ということもあり、皆さん思い思いに立ったり座ったり、手拍子したり、一緒に歌ったり、中にはスクリーンに向かって「ショーゴー」って絶叫したりしてる人もいて、なかなか面白かったです。1970年代によく行われたフィルムコンサートなんかもこんな感じだったんでしょうかん。もっともっちの方は行ったことがないのでよくわかりませんが。

まあ、ライブの模様を上映してるわけだから、こういう自由な楽しみ方も良いと思うけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スリー・ビルボード

2018年2月12日(月)
スリー・ビルボード
TOHO CINEMAS日本橋

今回は、とにかく前評判が高いこの映画を見てきた。

Img_3662_3

ミズリー州の片田舎、しかも1日に何台も車が通らないような道路沿いに掲げられた3枚の看板から物語はスタートします。これは娘を殺された女性が一向に捜査の進展しない警察に対してのメッセージ。そこからいろんなことを巻き込みながらもの事が展開していきます。娘を殺された女性、みんなから信頼される警察署長、馬鹿な警察官といった主役級3人の演技も悪くないし、ストーリー展開も悪くないし、全てを分かった上でのラストシーンも良いんだけど、これで魂が揺さぶられるかというとそこまではさすがにない。見て損する映画ではないけど、そんなに大絶賛の内容でもない。まあ普通よりちょっと良いかなってぐらいです。

それと今回のチラシ、
201802122

評価や感想は人によってそれぞれ違うから、その辺はなかなかに難しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2015-2016 旅するソングライター

2018年2月10日(土)
SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2015-2016 旅するソングライター
TOHO CINEMAS上野

浜田省吾のライブを映画館で公開ということで早速見てきた。

Img_0940

今回の映像は、2015年の大阪フェスティバルホールでのライブ映像と2016年のさいたまスーパーアリーナでのライブ映像をベースに制作されています。実は2016年のさいたまスーパーアリーナでのライブは2回行ってるので、その時のことを思い出しつつ感慨にふけって見てきました。デジタルマッピングを駆使したステージは素晴らしかったなあ。今回の映画では出てきませんが「ミッドナイト・ブルートレイン」の時のステージいっぱいを使っての列車の映像は素晴らしかった。まあ、今回の映画は2時間弱で実際のライブは3時間半越え、また構成も実際のライブとは違うのであれですけど、でも今回の映画は良かったなあ。あのライブでの感動が、映画館でまた蘇るといった感じでした。

そして今回のチラシはこちら、
201802091

そして予告映像はこちらです、

またライブに行きたいなあ。今度はいつだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧