上生菓子

「梅」と「寒椿」

久々にこのコーナー。

今回のお店は、地下鉄水天宮前駅でてすぐの所にあります、三原堂本店です。ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションに行ったときに、立ち寄りました。

今回購入した上生菓子は下の2点です。

20090114ume
「梅」

20090114kantuaki
「寒椿」

目で食すとは、よく言ったものです。ただ「寒椿」は、皿に移すときにちょっと崩れてしまった。
まだまだ修行が足りませんねえ。

それとこの三原堂本店さんは、「塩せんべい」も美味しいそうです。今度かってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「柿」と松茸」

今年の夏は、ドラマ「あんどーなつ」毎週見てました。なぜかコミックスも7巻全部買ってしまったし。

ということで、この前生まれて初めて(だと思う)、一人で和菓子屋に行ってきました。この歳になって初めてのおつかいです(笑)。そうは言っても、たまたま前を通ったんで、どんなものかと入ってみただけなんですけどね。でも結構お店に入るときはドキドキしたりして。

行ったお店は、「いいだばし萬年堂」。飯田橋駅のすぐ近く。

一言で和菓子と言っても、いろんな物があります。当たり前と言えば、当たり前ですが。そんな中目を引くのはやはり上生菓子。四季折々いろんな季節を和菓子で表現しています。今は秋のよそおい。しかし小さいのによく出来てるね、これ。これでもう立派なアート作品です。

ということで、上生菓子2品を購入、

20081027kaki_2
「柿」

20081027matutake_2
「松茸」

四季折々の表情を、こういった形で表現するというのも、なかなか素敵です。舌で味わう前に、目で味わうとはよく言ったもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)