サッカー

レスター プレミアリーグ制覇

日本時間5月3日未明に行われたチェルシー×トットナム戦が引き分けに終わったため、レスターのプレミアリーグ初優勝が決まった。

それにしてもねえ、まさかまさかと言ってるうちに本当に優勝してしまった。いやあ、凄いねえ。こんなことあるんだなあ。そんな中で中心選手として活躍した岡崎選手も、いやあ本当に凄い。プレミアリーグでも日本人選手が通用するんだというところを見せてくれた、本当に素晴らしい。ちなみに今回の優勝に対してのブックメーカーのオッズは5,001倍。まさにジャイアント・キリング。

そじて岡崎選手が所属してるとはいえ、なぜか日本のスポーツ新聞も一面でした、Jリーグ優勝しても1面になれないこともあるのに、それがこれ、ドーン!
20160504_2

創部133年目での奇跡。昨年プレミアリーグに上がってなんとか残留して、開幕前には今年も残留争いなんて言われてたチームが、本当に凄いです。レスター市民は嬉しいだろうなあ、もう絶対泣いちゃうよなあ。本当におめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルセロナ CL優勝!

今日の明け方、ベルリンのオリンピックスタジアムで行われた欧州チャンピオンズリーグの決勝戦 バルセロナ×ユベントスは、3-1でバルセロナが勝利して欧州チャンピオンズリーグ優勝です。バルセロナはこれで国内リーグ戦、国内カップ戦、欧州チャンピオンズリーグを制覇して3冠達成だそうです。もっと言えば、ここ10年間で4回目の優勝。凄いなあ。

あの先制点が入った時にはこれは一方的な試合になるのかと思ったけど、そのあとはユベントスが踏ん張って、面白い試合でしたねえ。後半は結構ユベントスの時間もあったし。でもバルセロナのあの3トップはやっぱり凄い。カウンターの時の迫力も凄いし。でもさすがにブッフォンもよく守ってました。

最後のイニエスタとシャビが交代するシーンは良かったねえ。別に私バルセロナのファンではないんですけど、あのシーンは良かったなあ。プジョルが去り、シャビが去り、もうイニエスタしかいない。時代は流れてますねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年のJリーグの優勝の決め方が。。。。

2015年のJリーグの年間優勝の決め方が、はっきり言ってアホみたい。なんなんだよこれ。

図にするとこんな感じです、
124

昔みたいな2ステージ制にするといった段階でだめなのに、なんなんだこのトーナメントみたいなやつは。しかもこれを全節終わってからやるの。

それとどういう風に勝ったチームが年間チャンピオンなのかというものがない。だいたい2ステージ制にするということは、1stステージチャンピオンと2ndステージのチャンピオンが、年間チャンピオンをかけて戦うものだから、年間での勝ち点トップは本来あんまり関係ないんだよ。でも来年のは年間で勝ち点トップのチームが第1シードみたいになってて、各ステージの優勝チームと年間勝ち点2位、3位がプレーオフして、そこで勝ち上がったチームと年間チャンピオンをかけて戦う。しかもそれをJリーグ全節が終わってからやるって、正気の沙汰とは思えないんですけど。これで当事者以外が盛り上がるとはとても思えない。年間勝ち点1位のチームが年間勝ち点3位とかのチームに負けたらどうするの。これがサッカーだなんてしたり顔で言えるのか。

もっとシンプルにすれば良いのに。プレーオフやったほうが客も入って、テレビで放映されて、儲かるからなのかねえ。なんかバカみたいだなあ。でもここまでプレーオフで盛り上げたいんなら、J1からJ2への降格の最後の1チームはプレーオフで決めればいいんじゃない。17位、18位は自動降格で13位、14位、15位、16位のチームでプレーオフして負けた1チームが降格。これは盛り上がるかもしれない。ただこんなことで盛り上がっても、何の意味もないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今回もジェフ千葉負けてしまった。

昨日の話ですが、JリーグのJ1昇格プレーオフの最終戦で、ジェフ千葉がモンテディオ山形に負けて、今回もJ1昇格はならなかった。昨年に続いてかと思ったら、一昨年もそうだったというので、これで3年連続ということになってしまった。

でもなんであんな事するんだろうか。普通に上位3チームがJ1昇格すればいいだけの話なのに。降格だって下位3チームの自動降格なんだから。プロ野球のクライマックスシリーズといいなんか無意味な気がするなあ。さらには来年からJ1は1st、2ndの2ステージ制に戻ってチャンピオンシップが復活するらしい。それもどうなんだろうなあ。今のままの方がいいと思うけど。そんなこと考えるよりもヤマザキナビスコカップをなんとかした方がいいと思うけど。日本代表戦があってJリーグが開催できないときに穴埋めみたいに開催してる大会。結局ベストメンバー組めるのは決勝戦だけでしょう。なんかスポンサーに失礼なんじゃない。一応ギネスブックに載ってるぐらい長い間スポンサーを務めてもらってるのに。いっそのこと、ACLに出場できるカップ戦のウィナーの資格をヤマザキナビスコカップの優勝チームに与えれば、もっとテンション上がってやる気も出るんじゃないの。だいたいACLはJリーグの代表として出場するんだから、理にかなってると思う。天皇杯はJリーグの主催試合ではないし、プロアマ問わず参加できるオープントナメントだから、ちょっと意味合いが違う気がするなあ。

それとこの写真どうなの、
A3f4e1b3s
なんか山形がJ2優勝したみたいだなあ。これは湘南ベルマーレと松本山雅に失礼じゃないかと思うけど。

うだうだ書いてるうちに、なんだか話がずいぶん脱線してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JリーグはG大阪が優勝!!!

最終節までもつれ込んだJリーグの優勝争いは、結局G大阪が優勝。これでヤマザキナビスコカップに続いて今年2冠を達成。残る天皇杯も決勝進出決めているので、年間3冠の可能性もあります。決勝の相手はモンテディオ山形だから、可能性はかなり高いかな。それと、今回の天皇杯の決勝は、元旦ではなく12/13(土)に日産スタジアムで行われるそうです。1月にアジアカップがあり、国立競技場は改装中だからなんでしょうか。

それにしてもガンバ凄いなあ。去年はJ2だったのに。もっとも、もともと力はあったので一度かみ合えばこうなる可能性はあったんだろうけど。

それから大宮がついにJ2降格。J1残留のスペシャリウトだったのについに降格です。そういえば以前J1残留のスペシャリストと呼ばれ、でも結局J2に降格してしばらく経つ千葉が明日J1昇格プレーオフで山形と対戦します。去年もここまで来て、最後の最後で昇格逃しているだけに、今年はどうでしょうか。昨年のリベンジなるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイエルン・ミュンヘン CL制覇!

5/25(土)ロンドンのウエンブリー・スタジアムで行われた、UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦で、バイエルン・ミュンヘンがボルシア・ドルトムントを2-1で破り、史上初となったブンデスリーガ同士の決戦を制して、12年振り5度目の優勝を飾った。

ここ4年間で、決勝に進むこと実に3回目。特に去年は地元ミュンヘンでの決勝戦でチェルシーにPK戦の末敗れてる。あのドログバの1発にやられた感じだ。3年前はモウリーニョ率いるインテルに、良いとこなく負けてしまった。そして今年、相手はなんと同じブンデスリーガのドルトムント、去年までは香川がいたんだな、そう言えば。

試合開始から、どちらかと言えばドルトムントペースで試合が運んで、何度も危ないシーンがあって、前半は0−0で終了。ロッペンの惜しいのが何本かあったけど、なんか重苦しい雰囲気だった。

後半になって、徐々に動きが良くなってきたと思ったところで、マンジュキッチの先制ゴール。がしかし、これで行けると思った矢先に、今度はペナルティエリアでファールを取られ、PKで同点に。ただ、同点に追いつかれても、ペースはバイエルンだったと思う。だがそうは言っても点が入らない。そんな何かいやな気分になりかけていた89分遂に決勝ゴール、しかもロッペンのゴール。その後を凌いで試合終了。去年の借りをきっちり返して、5回目の欧州制覇です。

決勝ゴールは、ロッペン!!!!!
2013052600000003mai0009view

ビッグイヤーを掲げて、歓喜の表彰台
2013052600000000maiph0001view

ラームやシュタインシュバイガーらは、あと一歩と言うのが今まで多かったから、この優勝は大きい。バイエルンの黄金時代到来、そう信じたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城北から、Jリーグへ スペリオ城北!

スペリオ城北というサッカーのチームがあります。

Believe in the Dream! Run to J

このチームスローガンで、現在東京都社会人リーグ2部に所属しています。

もっともらしく書いてますけど、ちょっと前に赤羽のイトーヨーカドーに行った時に、チラシをもらって初めて知りました。
「へえ〜、こんなチームがあるのかあ」と思いながら見ていると、次の日曜日に赤羽スポーツの森公園競技場で試合があるとのこと。あそこなら歩いていけるし、ただだし、水ももらえるし、ということで、行ってみました。千歳クラブとの試合、結果は6-1の圧勝。結構強いのかなあ。調べてみると、このカテゴリーで現在2位とのこと。でも1位にならないと上のカテゴリーには上がれないと思うので、厳しい状況ではあると思う。

でも何かこういうの良いなあ。思いっきり地元のチームが、Jリーグに行けたら凄いよねえ。ちなみに城北とは、「北区」「板橋区」「豊島区」「足立区」「荒川区」の5区です。今後Jリーグまでの過程はと言うと、現在の東京都社会人リーグ2部、その上が東京都社会人リーグ1部、そこで勝つと次が関東リーグ2部、その上が関東リーグ1部。その上がようやくJFL。そしてJ2、最後がJ1。最速だと6年でJ1。もっともそんなにうまく行くはずないので、かなりうまく行って12年から13年ぐらいかなあ。もっともそんなに長くチームを維持するのも大変だけど。

可能性は0じゃないでしょう。FC東京だって、もともとは東京ガスのサッカー部だし。ジュビロ磐田だって、ヤマハ発動機サッカー部としてスタートした時は、静岡県リーグだったんだから。

それからマスコットもいましたよ、ドーン!
Img_1562

まだ規模は小さいが、スペリオサポの姿も、
Img_1553

チームのHPはこちら→スペリオ城北

今後のチームの健闘、期待してます。夢はでっかく行きましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なでしこジャパン、世界一

ドイツで開催されていた、サッカー女子W杯でアメリカに勝って、我らがなでしこジャパンが初優勝です。

いや〜世界一ですよ、世界一。

凄いよなあ、引き離されて、追い付いて、また引き離されて、また追い付いて。沢の同点ゴールなんて、ありえないでしょう。あの舞台で、あんなに完璧に決めるとは。

熊谷がPK決めた時は、もう泣きそうでした。

おめでとう、そして歓喜のW杯トロフィー、
2011071800000032jijp0000view

これで状況が改善させることを、願ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本×カメルーン

2010年6月14日(月)
2010南アフリカW杯 予選E組
日本1−0カメルーン

2010年W杯南アフリカ大会に於ける日本代表の初戦となったカメルーン戦、なんと日本代表1−0で勝ちました。戦前の予想はほとんどがカメルーン有利だったので、大いなる番狂わせということで、世界中で大々的に報道されてます。まあ我々日本人ですら勝てないと思ってた人の方が多かっただろうから、そう言われても仕方ない部分もありますが。

そんな偉大な番狂わせを演じた日本代表のスタメンです、

2010061400000074jij_vanpsoccview000

前半は、ほとんど互角に進んだ感じでした。日本も組織的に守備も出来てたし、カメルーンはバラバラだったし。日本チームの出来としては、大会前のイングランド戦の時のような感じでした。そして前半39分松井からのクロスに、本田が合わせて先制ゴール!

2010061400000076jij_vanpsoccview000

やっぱり松井は良いよ。これまでは使われたり使われなかったり、レギュラー固定って感じじゃ無かったけど、この試合で絶対必要と言う事がわかったでしょう、あの監督も。

前半を1−0で終えて、結局後半も虎の子の1点を守りきって1−0で日本勝利です。後半はどちらかと言うとカメルーンペースで、しかも最後の方はかなり押し込まれてました。それでも、川島のファインセーブもあり、運も味方してくれて何とか逃げ切り。これで自国以外のW杯初勝利。まあ実質W杯初勝利みたいなもんです。でも我々日本人から見ると歓喜の勝利ですが、全く関係ない国の人が見ると、なんともしょっぱい試合ですな、確かに。でも決勝トーナメントはともかく、W杯の予選は多かれ少なかれ、こんな感じの試合がほとんどです。

これで幸先よく勝ち点3をゲットです。ただ今後オランダ戦、デンマーク戦と強豪相手が続くので、どうなりますか。この2戦を2分けでいければ1勝2分けで勝ち点5。これなら決勝トーナメント行けると思うのだが。ただあんまり欲かくと、ろくな事ないですけどね。

ということで、次の相手は強豪オランダ。さてどうなりますか、注目です。

それと試合見ながらtwitterでつぶやいてました。それらはこちらから、
twitter@2010W杯南アフリカ大会 日本×カメルーン その1
twitter@2010W杯南アフリカ大会 日本×カメルーン その2
twitter@2010W杯南アフリカ大会 日本×カメルーン その3
twitter@2010W杯南アフリカ大会 日本×カメルーン その4
twitter@2010W杯南アフリカ大会 日本×カメルーン その5
twitter@2010W杯南アフリカ大会 日本×カメルーン その6
twitter@2010W杯南アフリカ大会 日本×カメルーン その7
twitter@2010W杯南アフリカ大会 日本×カメルーン その8
twitter@2010W杯南アフリカ大会 日本×カメルーン その9

サッカー | | コメント (0) | トラックバック (0)

和司さんが監督になってしまった。

横浜Fマリノスの来季の監督に、ミスターマリノスこと木村和司氏が就任することになった。

詳しくは、こちらを。

マリノスファンでもない私が書く事でもないのだが、でも書いてしまう。それは私が和司さんの大ファンだから。

私の場合、もともとチームを応援するというよりも、個々の選手が好きになって、その後チームが付いてくるというパターンが多い。プロ野球の巨人を除けば、まずはチームありきというのはほとんどない。サッカーもまさにそれで、最初に好きになった選手が木村和司さんだった。日本人として最初にプロ契約選手というのもあるし、何と言ってもプレースタイルが好きだったし、やっぱりあのフリーキックは凄かった。日本サッカー暗黒の時代と言われた1980年代中期、奥寺がドイツで活躍していたけれど、やっぱり日本サッカー唯一の光が和司さんだった。1985年のあの韓国戦、サッカーで国立が埋まったの初めてじゃないの。前半終了間際のあの芸術的フリーキック、後半のあのコーナーキック。加藤久の頭ピンポイントでしょう、あれ決まってれば、って相変わらずたらればです。あの時メキシコ行けると思ったもの、何も知らなかったから。今になって冷静に考えれば、まず勝てる相手ではなかったですけど。その後は、その流れで日産自動車好きでした。もっとも読売クラブが大嫌いだったのもあるんですけどね。

ただその後の日本代表の試合を見てるうちの、だんだんサッカーから遠ざかって行った。やっぱりソウルオリンピックの最終予選の中国戦が大きかった。引き分けでも出れたのに、全然攻めないで、結局負けてしまった。奥寺も出てたんだよね、まだ年齢制限ないころです、確か。この頃は和司さんも代表から外れてたし、ほとんどサッカー見なかった。天皇杯とかで日産が出る時ぐらいかな。だからドーハの悲劇やJリーグ開幕なんかで、世間的に大盛り上がりの時にはあんまり興味なかった。印象に残ってるのは、1992年の天皇杯決勝対読売クラブ戦での、あの決勝ボレーとかJリーグ初得点のあのループぐらい。ただその頃偶然順天堂大にいた名波浩を知るんです。その後彼はジュビロ磐田に入り、日本代表として中心選手となり、気がつけばいつの間にやら、私もジュビロサポらしきものになっていた。

ということで、やっぱり和司さん頑張ってもらいたい。来シーズンは、ジュビロに優勝の可能性が無くなったら、マリノス一押しです。鹿島とか川崎とか浦和とかG大阪とかが優勝するぐらいなら、和司さんに宙に舞ってもらいたい。

ただ和司さん、監督できんのかなあ、そこが一番心配なんだよ、実は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧