« 松山英樹 マスターズ制覇! | トップページ | 新聞Archive:松井秀喜選手ヤンキースタジアム デビュー »

松山英樹 マスターズ制覇!その続き

松山英樹選手が、日本人男子プロとして初めて世界のメジャー、しかもマスターズを制したという事で世間は大騒ぎですが、私も御多分に洩れずしかも昨日は最近買ってない東スポまで買ってしまいまして。ただそうは言ってもやはり今日のスポーツ新聞はどれも松山一色だろうという事で懲りずに今日もスポーツ新聞購入してきました。

それがこちら、まずは1面トップです
202104131-2-2
さらに最終面も
202104131-2-3
さらに1面ブチ抜きだとこんな感じです、
202104131-2

もっともどのスポーツ新聞も一面ブチ抜きどころか、さらに中も使って何面使ってるか分からないくらい使ってました。ただ本音を言えばこれだけの偉業ですから全面松山でもいいぐらいだけどね。

松山選手は東日本大震災のあった2011年(当時はまだ東北福祉大の学生)にマスターズでベストアマを取っていて、それから10年後の2021年に見事にマスターズで優勝。肉体面も精神面もそうとうの努力で凄い進化を遂げたんだと思います。あと早藤キャディが優勝が決まった後ピンを直した後にグリーンに対して一礼する姿が色々賞賛されていました。日本人からみるとそんなに珍しくもないんだけど、外国から見ると珍しい光景なんでしょうね。

それからこれまでの日本人選手のマスターズでの戦歴が載ってました。初めて戸田藤一郎プロと陳清水プロが招待されたのが1936年ですから85年目での初優勝となります。確かに1990年代まではほとんど活躍できていない、活躍できていないというよりも予選落ちが多かった。1973年の尾崎将司、1986年の中嶋常幸がそれぞれ8位に入ったのが主だった成績で、青木さんでも苦労してましたからねえ。そして2000年代に入ってシングルフィニッシュが多くなってきてついに今回の優勝です。体力面精神面の両方がようやく世界に追いついてきたという感じです。あれだけ難しいコースなのに優勝スコアは常に二桁ですから、やっぱり両方が追いつかないと難しいという事です。

それにしても本当に凄いなあ。なんか昨日から凄い凄いしか言ってないような気がしますが、でもやっぱり凄い。そして今後は全米オープン、全英オープン、全米プロと言った他のメジャーも制覇して、世界のグランドスラマーを目指してもらいたい。まだ29歳ですから十分その可能性はあるし、夢はますます広がります。今後の活躍が益々楽しみです。

それと昨日の記事はこちら→松山英樹 マスターズ制覇!。1ページ戻ればいいだけなんですけど、なんとなくリンク貼ってみました。

|

« 松山英樹 マスターズ制覇! | トップページ | 新聞Archive:松井秀喜選手ヤンキースタジアム デビュー »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松山英樹 マスターズ制覇! | トップページ | 新聞Archive:松井秀喜選手ヤンキースタジアム デビュー »