« 2020年河合奈保子カレンダー 12月 | トップページ | 「浅草寺 歳の市」ポスター 2020年版 »

角田裕毅 スーパーライセンス獲得

現在カーリンからFIA F2に参戦している角田裕毅ですが、12/5–6にかけて行われた最終戦のバーレーングランプリで、フィーチャーレース(レース1)でポール・トゥ・ウィンを飾り、スプリントレース(レース2)ではリバースグリッドの8位スタートから追いあげ結果2位フィニッシュで表彰台に上がった。この結果FIA F2選手権において、トータルポイント200ポイントでミック・シューマッハー、カラム・アイロットに続き3位を獲得し、この結果ランキング4位までに与えられるスーパーライセンスを獲得したことになる。

それにしても最終戦の2レースとも完璧なレースでした。タイヤを労わり、レース展開を読んで、さらに抜くべき所では一気に仕掛け一回のタイミングで確実に抜くという完璧な展開。タイヤの使い方は今回F2に参加したドライバーの中では抜群にうまいと思うし、力的にはシューマッハー、アイロットと比べても遜色無いか、上回っている部分もあると思う。実際に2位のアイロットとはポイント差わずかに1ポイントでした。
Asimg_xpb_1072463_hires_325fcb90186097b6
レース1を制して歓喜のポディウム。日の丸に君が代です。

これで来年2021年はアルファタウリからのF1デビューはほぼ間違い無いと思います。小林可夢偉選手以来7年ぶりに日本人F1ドライバーがおそらく誕生する。楽しみに待ちたいと思います。

|

« 2020年河合奈保子カレンダー 12月 | トップページ | 「浅草寺 歳の市」ポスター 2020年版 »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年河合奈保子カレンダー 12月 | トップページ | 「浅草寺 歳の市」ポスター 2020年版 »