« 新聞Archive:2010年F1 日本GP | トップページ | 2020年河合奈保子カレンダー 11月 »

新聞Archive:2012年F1 日本GP

昨日に続きF1ネタの新聞Archiveです。今回は2012年のF1 日本GPが1面トップのトーチュウです。

それがこちら、
20121008

小林可夢偉がF1日本GPで3位表彰台。この時は予選も3番グリッドだったし、クルマに乗れてましたねえ。そして表彰台に上がると大カムイコールでした。テレビで見てて結構熱くなったなあ。日本人ドライバーが表彰台に上がるのは2004年アメリカGPでの佐藤琢磨の3位以来8年ぶり。さらに日本GPでの表彰台となると1990年のセナとプロストがスタート直後の1コーナーで接触リタイヤしたあの時以来実に22年ぶりです。

そんなF1ですが小林可夢偉以来日本人ドライバーは出てきてません。やっぱり日本人ドライバーがいないというのはF1ファンとしては寂しものがあります。今F2で活躍してる角田はF1乗れるんですかねえ。期待してるんだけどどうかなあ。是非とものってほしいですけどねえ。それと2012年F1日本GPですが、優勝はS.ベッテル(レッドブル・ルノー)、2位はM.ウェーバー(レッドブル・ルノー)。S.ベッテルがずっとチャンピオン獲ってた時期で、レッドブル最強の時期です。

|

« 新聞Archive:2010年F1 日本GP | トップページ | 2020年河合奈保子カレンダー 11月 »

新聞アーカイブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新聞Archive:2010年F1 日本GP | トップページ | 2020年河合奈保子カレンダー 11月 »