« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

新聞Archive:2012年F1 日本GP

昨日に続きF1ネタの新聞Archiveです。今回は2012年のF1 日本GPが1面トップのトーチュウです。

それがこちら、
20121008

小林可夢偉がF1日本GPで3位表彰台。この時は予選も3番グリッドだったし、クルマに乗れてましたねえ。そして表彰台に上がると大カムイコールでした。テレビで見てて結構熱くなったなあ。日本人ドライバーが表彰台に上がるのは2004年アメリカGPでの佐藤琢磨の3位以来8年ぶり。さらに日本GPでの表彰台となると1990年のセナとプロストがスタート直後の1コーナーで接触リタイヤしたあの時以来実に22年ぶりです。

そんなF1ですが小林可夢偉以来日本人ドライバーは出てきてません。やっぱり日本人ドライバーがいないというのはF1ファンとしては寂しものがあります。今F2で活躍してる角田はF1乗れるんですかねえ。期待してるんだけどどうかなあ。是非とものってほしいですけどねえ。それと2012年F1日本GPですが、優勝はS.ベッテル(レッドブル・ルノー)、2位はM.ウェーバー(レッドブル・ルノー)。S.ベッテルがずっとチャンピオン獲ってた時期で、レッドブル最強の時期です。

| | コメント (0)

新聞Archive:2010年F1 日本GP

本来ならばこの週末は鈴鹿サーキットでF1 日本GPが開催されるはずだったんですけど、新型コロナウイルの影響でキャンセル。代わりにニュルブルクリンクでアイフェルGPが行われています。

そんな事から、今回の新聞Archiveは2010年10月11日のトーチュウ1面 F1日本GPでの小林可夢偉選手の7位入賞の記事です。

それがこちら、
20101011

2010年はBMWザウバーからF1フル参戦の小林可夢偉。予選14番グリッドから5回のオーバーテイクまたタイヤ戦略でもまわりがソフトタイヤでスタートする中、ハードタイヤでスタートするといった作戦が功を奏しての7位フィニッシュ。初めての日本GPで見事に入賞、なかなかに熱い走りでした。ちなみにこの時のポディウムは、優勝 S.ベッテル(レッドブル)、2位 M.ウェーバー(レッドブル)、3位 F.アロンソ(フェラーリ)。またブリヂストンがこの年限りでF1から撤退ということで、ブリヂストンにとっては最後の日本GPでした。

| | コメント (0)

Eddie Van Halen 死去

エディ・ヴァン・ヘイレンが咽頭癌のために亡くなった。享年65。

朝何気なくネットを見てたら飛び込んできたまさに衝撃のニュース。一瞬目を疑った。体調が良くないと言うのは、何かの記事で見て知ってましたけどまさかここまで悪かったとは知らなかった。これはショックだ、まあ信じられないし、信じたくもない。

エディ・ヴァン・ヘイレンはギターヒーローですよ。ペグにタバコ刺してギター弾きまくる姿がカッコよかった。KRAMERのシグネチャーモデルのあのギターも斬新なデザインでカッコよかった。それとあとライトハンド奏法。これは彼がオリジナルではなくて随分前からあった奏法らしんですけど、でもこのライトハンド奏法を世間に知らしめたのは、VAN HALENの1st「VAN HALEN」に収録されているEruption。とにかくカッコよくて、そしてその流れのままのYou Really Got Me。初めて聴いたのは中学校1年とか2年とかその辺で、糸井吾郎さんのオールナイトニッポンでも聴いた気がするなあ。あの頃はTOTOがデビューしたり、Hall&Oatesが売れてたり、LED ZEPPELINがネブワースで復活したり、色々あって時系列なんて考えもしないで手当たり次第にRockを聴いてた時期だし、もちろん他のいろんなジャンルも聞いたてし、とにかく音楽に浸りはじめた時期でした。そんなVAN HALEN、その後もずっと好きでライブにも行きましたねえ。

そのときのチラシがこちら、
19981029
1998年10月29日日本武道館

やっぱりカッコいいギターリストだったなあ、
Scan001-3_20201010023101
そしてやっぱりこのコンビ、絵になるねえ。

カッコいい音楽聴かせてもらいました。感謝、感謝、そして合掌。

| | コメント (0)

2020年河合奈保子カレンダー 10月

何となく暇で始めた自家製2020年河合奈保子カレンダーですが、表紙、1月、2月、3月、4月、5月、6月、7月、8月、9月ときていよいよ10月です。今年も残すところあと3ヶ月。毎度毎度月日が経つのは本当に早い。

と言うことで今月はこちら、
202010013

この画像良いなあ。数ある画像の中でも、この奈保子さん素敵です。やっぱり笑顔が一番です。

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »