« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

Vol.27 「Through The Fire@HSAS」

久々の切り抜きカテゴリーの更新だったりします。Vol.26の更新が2017年12月だから相当久しぶりの更新です。

と言うことで、今回の切り抜きはこちら。
19840421
Through The Fire@HSAS
今回の切り抜きは1984年に発売されたHSASの「Through The Fire」の広告です。邦題は「炎の響宴」。ずいぶん仰々しいタイトルですねえ。まあこの頃は仰々しいの邦題いっぱいありました。今もあるのかは分かりませんが。それとこの切り抜きは、広告のサイズから見てFMステーションではないかと思います。それにしても黄ばんでますねえ。まあ今から35年前の切り抜きですから無理もないけどね。もっとも1984年当時は綺麗いだったんです、当たり前ですけど。

それはさておき、このアルバムですがなかなかに良いです。サミー・ヘイガー、ニール・ショーンというビッグネームはもちろんですが、ケニー・アーロンソンとマイク・シュリーヴというリズム隊がしっかりしていて聴きごたえありです。選曲でもプロコル・ハルムの「青い影」なんかもカバーしてたりして、なかなかに良いアルバムです。

そんなアルバムジャケットはこちら、
51ay6ldb23l

それとこのレコード買ったのは、昔千葉にあったドロップスレコードというレコード屋さんでした。確かドロップスレコードで初めて買ったレコードだと思います。懐かしいですねえ、ドロップスでいっぱいレコード買いました。私のレコードライフには欠かせない存在でした。

amazonでの購入はこちら、
51ay6ldb23l

| | コメント (0)

渋野日向子 全英女子オープン制覇!

8月1日(木)〜8月4日(日)にイギリス ミルトンキーンズ・ウォバーンGCで行なわれた全英女子オープンで渋野日向子が初出場で初優勝という偉業を成し遂げた。1977年に樋口久子が全米女子オープンに勝って以来の42年ぶりの日本人選手のメジャー制覇。世間は卓袱台ひっくり返した様な大騒ぎで、スポーツ新聞も当然1面トップ、というか1面ぶち抜き。当然のごとくそりゃそうなるわな。

という事でそれがこちらです、
20190806
実は私恥ずかしながら今回の全英女子オープンまで渋野日向子知りませんでした。彼女はまだ20歳で去年プロテストに合格したそうです。最もこの世代は黄金世代と言われていて、現在の日本の女子ツアーでバリバリ活躍しています。この黄金世代で何人かは名前知ってるけど、渋野さん知りませんでした。そんな渋野さん写真を見ると笑顔が素敵で可愛いお嬢さんなんだけど、いやはや凄いね。こういう世界のメジャー大会で活躍する場合は、今までだと日本のツアーで実績を積んでそこから海外ツアーに挑戦して何年かかかってメジャー制覇なんて感じだったと思うんですけど、今はもうもういきなりメジャー勝っちゃうってそういう時代なんだねえ。通算スコアが18アンダー、しかも最終18番2位の選手と並んでる状態で、5メールのバーディーパットをねじ込んで優勝って凄いよなあ。特に緊張とかもなくどこに行っても普通の感覚でゴルフ出来るんだろうなあ、いやー本当に凄いなあ。さっきから凄い凄いと阿呆みたいに連呼してますけど、やっぱり凄い。ほかの言葉が出てこないもの。この猛暑のなかの一服の清涼剤、いいもの見させていただきました。今後ますます期待大です。

| | コメント (0)

中村佑介カレンダー 8月

毎日毎日はつい日が続きますが、なんてもう言い飽きた感がありますが、今日から8月でまだまだ暑い。と言う事で中村佑介カレンダーも8月にチェンジです。

それがこちら、
201908011
まだまだ暑い日が続きそうなので、熱中症にはご注意を。絵の感想とは全く関係ないなあ。たまにはこういうのも良いかな、暑いしね。

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »