« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年 展覧会ベスト10

今日が12月30日で明日が大晦日。いよいよ2018年も終わります。ということで毎度お馴染みというかこの時期恒例というか、今年観た展覧会のベスト10になります。今年で数えて15回目。しぶとく続いております。

という事で、ベスト10になります、
1.生賴範義展@上野の森美術館
20180131

2.江口寿史「彼女展」@金沢21世紀美術館
20180519

3.木島櫻谷展@泉屋博古館分館
201803181

4.小村雪岱 「雪岱調」のできるまで@川越市立美術館
20180304

5.岡本神草の時代展@千葉市美術館
201807082

6.サヴィ二ャック パリにかけたポスターの魔法@練馬区立美術館
20180311

7.横山華山展 東京ステーションギャラリー
20181104

8.生誕110年 東山魁夷展@国立新美術館
201811232

9.鉄道絵画発 → ピカソ行 コレクションのドア、ひらきます@東京ステーションギャラリー
201802121

10.没後50年 河井寛次郎展@パナソニック 汐留ミュージアム
20180914

以上になります。今年は12月に見に行く予定していた展覧会が諸事情でことごとく行けていないので、今年見に行った展覧会の数が約40本と例年になく少ないですねえ。京都・大阪にも行ってないし。まあ来年はもう少し積極的に行ってみたいとは思っていうますが。

それから過去14回分の展覧会ベスト10はこちらからになります、

そして今回が2018年最後の更新になります。それでは皆様良いお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dreams&Emotions vol.129

ジュビロ磐田 サポーターズマガジン Dreams&Emotions vol.129が届いた。しかもこんな年の瀬に。

それがこちら、
20181229

例年こんなに年の瀬ギリギリということはなんですけど、今年はJ1&J2の入れ替え戦に回ってしまったために、そのあたりの記事も入れるので遅くなったんだと思います。それにしても2018年シーズンの最後の方はまさかまさかの失速で、あと勝ち点1あれば最終戦を待たずに残留というところで、最後数試合においてその1点が取れずしかも最終戦の川崎フロンターレ戦で相手はそんなにガツガツきてないのに、最後の最後で1点取られて負けてしまってその結果入れ替え戦を戦わなければならなかったというまさに最悪のシナリオでした。2018年は入れ替え戦という方法に変わったのでなんとか残留できましたけど、これまでのレギュレーションならJ2降格ですからねえ。まあ勝負弱いというか、得点の匂いが全く感じられないというか。来年はどうなんでしょうか、その辺ぐるっとまとめて何とかして欲しいけど。ということでまた来年です。

| | コメント (0)

2018年映画館で観た映画のベスト10

今年ももう少しで終わります。そこで今回は今年映画館で観た映画のベスト10を作ってみた。今年映画館に足を運んで観た映画は49本。こんなにみたのは人生初。もっと言ってしまえば昨年までの人生で映画館で観た映画の数もこんなに多くはないです。

という事でベスト10です、
1.「モリーズ・ゲーム」@TOHO CIMEMAS日比谷
201805121

2.「シェイプ・オブ・ウォーター」@TOHO CIMEMASシャンテ
201804141

3.「祈りの幕が下りる時」@TOHO CIMEMAS上野
201801273

4.「ビガイルド 欲望のめざめ」@TOHO CIMEMAS日本橋
201802251

5.「孤狼の血」@TOHO CIMEMAS上野
201805131

6.「トレイン・ミッション」@TOHO CIMEMAS日比谷
201804081

7.「30年後の同窓会」@TOHO CIMEMASシャンテ
201806091

8.「ミッション:インポッシブル フォールアウト」@TOHO CIMEMAS上野
201808145

9.「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ・アディオス」@TOHO CIMEMASシャンテ
201807211

10.「souvenir the movie -Mariya Takeuchi Theater Live-」@新宿バルト9
201812162

上記の10本以外にも、
・「アンロック 陰謀のコード」@TOHO CIMEMAS日比谷
201804281_2

・「THE GREATEST SHOWMAN」@TOHO CIMEMAS上野
201802242

・「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文章」@TOHO CIMEMAS日比谷
201803291

・「レッド・スパロー」@TOHO CIMEMAS上野

201804071

・「エリック・クラプトン -12小節の人生-」@TOHO CIMEMASシャンテ
201812021

・「ボヘミアン ラプソディ」@TOHO CIMEMAS日本橋
201811113

・カメラを止めるな@TOHO CIMEMAS上野
201808161

上記以外でももちろん面白い映画はあったし、49本見ても観たいけど観に行けなかったという映画もある。それにしても邦画・洋画問わずたくさん映画は作られて公開されているんだなという事を改めて実感した1年でした。映画って面白いなあ。これまで好きでいろんなもの観てきたけど、不思議な事に映画館には足向かなかったなあ。でももう大丈夫です。来年も今年くらいは観ようと思う。あと邦画も多めに観たいし、アニメも見たいのあるし。という事でまた来年です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ ベストセレクション」Vol.1

ラジオ日本開局60周年記念
大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.1
テーマ:『ビーチ・ボーイズとフィル・スペクターのクリスマス・アルバム特集』
オリジナル放送日:1975年12月22日
オリジナル放送回:第28回

60_amass1

いよいよ始まりましたラジオ日本開局60周年記念大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションの第1回です。今回のテーマは、ビーチ・ボーイズとフィル・スペクターのクリスマス・アルバム特集。番組の進行役は宮治淳一さんです。

そんなクリスマスアルバムの名盤2枚ですが、
まずはこちらから、
61ow47b0zwl
BEACH BOYS' CHRISTMAS ALBUM

そしてもう1枚がこちら、
71aabwfmill_sl1080_
Christmas Gift for You From Phil Spector

やっぱり大瀧さん面白いなあ。2枚のクリスマスアルバム、しかも2枚とも名盤と言われる作品。そんな2枚の対比っていう発想がやっぱり面白い。もっともこの頃は2枚ともまだ日本ではほとんど聞けなかったみたいです(進行役の宮治さんが番組中で言ってました)。そしてこの放送の際に気をつけたのが、数年前に聞いたジム・ピューターのクリスマス特集とどう違うものを放送するかということだったというのも面白い。やっぱりジム・ピューターの番組はみんな聞いてたみたいだし、与えた影響は大きい。かくいう私も聞いてました。確か「ゴールデンデイズ・オブ・レディオ」っていう番組じゃなかったかなあ。英語もわからずよくFEN聞いてました。あと大瀧さんの世間話的なお話も面白いなあ。ただ1975年当時は大瀧さんもこのラジオ番組も知らなかった。なんといってもこの頃はまだ小学校低学年でしたから。

と言うことで大満足のVol.1でした。ラジ録買い直して本当によかった。

そして今回のオンエアされた曲はこちら→オンエア曲目

それと番組HPはこちらです
ラジオ日本開局60周年記念 大瀧詠一『ゴー・ゴー・ナイアガラ』ベストセレクション

Vol.2の放送が今から楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジ録11 MAC版を購入した。

この度ラジ録11 MAC版を購入した。以前使っていたラジ録が数年前におこしなことになり、ついには作動不能になってからラジ録使えてなかった。もっとも大瀧さんは亡くなってしまって、毎年エアチェックを楽しみにしていた新春放談とかもないし別にいいかなと思っていたんですけど、なんとラジオ日本で開局60周年記念特番ということで、「大瀧詠一 ゴー・ゴー・ナイアガラベストセレクション」なる番組が毎週日曜日深夜に3月まで限定で放送されるという情報をキャッチしまして、これは録音せねばなるまいということで、ラジ録11 MAC版購入です。

番組はこちら、
60_amass1_2

そして番組HPはこちら
ラジオ日本開局60周年記念 大瀧詠一『ゴー・ゴー・ナイアガラ』ベストセレクション

そして今ダウンロードも無事終わりまして、あとは番組が始まるのを待つばかり。楽しみだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

souvenir the movie -Mariya Takeuchi Theater Live-

2018年12月16日(日)
souvenir the movie -Mariya Takeuchi Theater Live-
新宿バルト9

souvenir the movie -Mariya Takeuchi Theater Live-に観に行ってきた。場所は新宿バルト9。ここに来るのは久しぶりです。

48372762_1983646538390344_514863974

デビュ-40周年を記念して企画されたこの映画ですが、過去に竹内まりやが行った2000年、2010年のライブと2014年の全国ツアーから構成されています。オープニングナンバーの「アンフィシアターの夜」から、MC映像や山下達郎氏のMC等を挟みながら最後の「いのちの歌」まで約90分ぐらいでしょうか。そんな中一番多くの映像が使われていたのが2000年のライブの映像。そしてこの時はドラムがまだ青ちゃんこと青山純だったんですねえ。懐かしかったなあ。また2014年の全国ツアーの時は最後の日本武道館行きましたねえ。座席が2階の最後尾。武道館の2階最後尾でライブ見たのは後にも先にもこの時だけです。でも後ろに立ち見の人がいてびっくりしたけど。このライブも良かったなあ。歌って、喋って約3時間。もし大瀧さんがご存命だったらどこかでサムシング・ステューピッドをデュエットしたかなあなんて思ったりなんかして。

そんな2014年のライブの模様はこちら
竹内まりや SOUVENIR 2014@日本武道館

それと今回のチラシです。2種類ありまして、
まずはこちら、
201812161

そしてもう一つ、
201812162

また竹内まりやデビュー40周年特設サイトはこちら
MARIYA TAKEUTI 40th Anniversary

観ていて楽しくなる映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エルゴラ買ってしまった J1残留(1面じゃないけど)

東京ヴェルディとの入れ替え戦に勝利しまして、ようやくJ1残留が決まった中やっぱりエルゴラ買ってしまった。今回はJ1入れ替え戦の翌日の12/9(日)が天皇杯の決勝だったため、エルゴラの1面はぶち抜きで浦和レッズでした。まあそんなのは置いといて、中面の方に地味に入れ替え戦も出てました。

それがこちら、
20181213

とりあえず勝ってよかった。去年だったら自動降格でしたから。来年はこんな事のないように頑張ってもらいたい。とりあえずそんなとこですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ヴェルディに勝利してJ1残留決定!

2018年12月8日(土)
ジュビロ磐田×東京ヴェルディ
ヤマハスタジアム

2008年以来のJ1入れ替え戦となってしまったジュビロ磐田ですが、普通にできれば問題ない相手なんですけど、こういう状況ではそれが難しい、ましてJ1最終戦があんな負け方だったので。それ以外にも名波監督就任以来初めての非公開練習とか、なんか心配になるネタが満載でした。

で試合始まってみると終始磐田のペースで進みます。そして前半41分の小川航基のPKで先制。これが大きかったなあ。そして後半35分には田口のFKが決まり2-0。残り時間も終始磐田のペースで、そして試合終了。ようやくJ1残留決定です。まあ2点とも流れの中からの得点ではないのがアレですけど。でも2点ともファールがなければ流れの中から決まっていたであろう得点なので良しとしましょう。そして気持ちの部分でもよく1週間でここまで戻してきたなと思います。あとヴェルディの研究も相当したみたいな感じです。その辺はさすがです。

それと2008年の入れ替え戦も時は、こんな感じでした、
ジュビロ磐田 入れ替え戦へ!
ジュビロ磐田 入れ替え戦 初戦は引き分け!
ジュビロ磐田 J1残留決定!
この時は第2戦のヤマハスタジアム行きましたねえ。当時はホーム&アウエーでアウエーゴールルールもあり、相手がJ2 3位のベガルタ仙台。初戦が仙台で第2戦がヤマハでした。そういう意味でも今回の入れ替え戦よりも2008年の方がきつかったと思います。でもまだ10年前の話ですから、そんなに経ってない。

それにしても2018年シーズンは想定外のことが多かったシーズンでしたねえ。やっぱり怪我人が多すぎです(若干1名解雇というのもありましたけど)。2019年シーズンはどうなるんでしょうか。外国人枠の撤廃ということで大きく変わるかもしれない。2018年シーズンはレギュレーションの変更によって救われたということを肝に銘じつつ、でもまだ多少のラッキーは持ってるのかななんて思いつつ。まあでも期待しちゃいますけどね。

とりあえず1年間お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年久松郁実カレンダー 12月

2018年もいよいよ12月に突入しました。師匠も走り出ながらに用事をこなすくらいに忙しい師走です。本当にこんな意味なんだろうか。まあ師匠がいない身なのでわかりませんが。ということで久松郁実ちゃんのカレンダーも12月です(当たり前か)。

それがこちら、
201812011

今回の郁実ちゃん、以前の11ヶ月分とちょっと趣が違うような。まあどうであれ可愛い子はどんな趣旨でも可愛いのよ。

そしてこの手のカレンダーには最後におまけでポスターもついてまして、
それがこちら、
201812012

最後の最後にドカ〜ンと可愛い。パネルに入れて飾ろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入れ替え戦は、ジュビロ磐田×東京ヴェルディ

横浜FC×東京ヴェルディのJ1参入プレーオフの2回戦が横浜の三ツ沢競技場で行われて、0-1で東京ヴェルディが勝利して、12/8(土)のプレーオフはヤマハスタジアムでジュビロ磐田×東京ヴェルディに決定。

でも横浜FC×東京ヴェルディも激しい試合だったなあ。試合は横浜FCのペースで決定的チャンスもあったのに決められない。そうなると最後の最後にあんな劇的な展開になるんだよねえ。後半ロスタイム終了間際、しかもGKまで上がって、劇的なシーンでした。やっぱり決めるべき時に決めておかないと。サッカーってそういう競技ですな。まあJ1最終節もそうだったけど、後半ロスタイム終了間際って何かが起こりますねえ。怖いなあ。

いずれにしろ12/8 ジュビロ磐田には頑張ってもらわないと。まあ普通にやれれば問題ないんだけど、なかなかそうもいかないでしょうからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュビロ磐田 最終戦逆転負けでプレーオフへ

2018年12月1日(土)
川崎フロンターレ×ジュビロ磐田
等々力陸上競技場

最終戦を前にして、勝点41でもまだ残留が決まらないという混戦の2019年シーズンも遂に最終戦。前節の札幌戦もそうでしたけどあと勝点1あれば残留が決まる状態での最終戦。引き分けでもいい状態なので他のチームに比べたら圧倒的には有利な状態ではあります。

そんな中試合はやっぱりと言うか勿論というか川崎ペース。受けに回る部分も多いし正直頑張って引き分けかななんて思って見てましたけど、それでも前半は0-0で終了。
そして後半もどちらかといえば川崎ペースでも今日はいつもの川崎みたいにガンガン来ないなあというのが印象でした。まあ優勝も決まってるしホーム最終戦だし負けなきゃ良いかなあぐらいの感じみ見えました。そんな中での後半33分に大久保が決めて先制ゴール。ただその5分後には同点に追いつかれて、そしてその後は同点のままロスタイム突入。このまま引き分けでなんとか残留かと思った後半49分、まさかのオウンゴールで逆転負け。他会場の試合結果からなんと12位から16位までが勝点41で並んで、得失点差でジュビロが16位に転落。これでJ1残留プレーオフに回ることに。

いやあ、何だかなあっていう結果ですねえ。2試合でも勝点1が遠かった。もっとも今年はこれで入れ替え戦ですけど、昨年までのレギュレーションだったからJ2降格決定ですからまだ運が良いのかもしれない。これで2008年以来の入れ替え戦ですねえ。相手は横浜FCか東京ヴェルディ。気持ちを入れ替えて戦ってもらうしかないですなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »