« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

カレーは飲み物。

魅惑の街新橋でカレーを食べてきた。

まずはこの暖簾らか、
Img_5209

そしてメインのカレーがこちら、
Img_5212

トッピング3品つけて、量も味ももちろん大満足。それにしても魅惑の街新橋、まだまだ面白い店がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉ロッテ 福浦選手2,000本安打達成

9月22日(土)ZOZOマリンで行われた千葉ロッテ×西武戦で、千葉ロッテの福浦選手が2000本安打を達成した。42歳9ヶ月での達成は史上2番目の年長記録だそうです。

そしてスポーツ新聞1面トップ
20180923_3

最初は投手として入団したんですねえ。しかもドラフト7位指名。そんな中から怪我と戦いながら2,000本安打達成。本当に素晴らしい。そして何と言っても習志野高校出身、まさに千葉の誇り。今後1日でも長く現役が続けられるよう体のメンテナンスをしっかりして、そして1本でも多くのヒットを打ってもらいたい。

2,000本安打達成本当におめでとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泣き虫しょったんの奇跡

2018年9月17日(月)
泣き虫しょったんの奇跡
TOHO CINEMASシャンテ

今回観た映画は日本映画で「泣き虫しょったんの奇跡」。
Img_5217

奨励会の時に四段に上がれずに、一度はプロ棋士になる事を諦めながら、その後異例のプロ棋士への編入試験を受けてプロ棋士となった瀬川晶司さんの実話。将棋界に関しては、谷川浩司さんとか羽生善治さんとか最近だと藤井聡太さんとか華々しい将棋の部分はなんとなく知ってたけど、それ以外の部分はほどんど知らないから見ていて面白かった。26歳までに四段に上がらないと奨励会を退会しなければならず、プロ棋士への道が閉ざされてしまうという現実があって、そこでの年齢との戦いとかその時の精神状態とか、相当なプレッシャーの中でやってるんだと思う。だから主人公がプロになれなくてサラリーマンになった後で幼馴染と将棋を指して、「やっぱり将棋って楽しいなあ」っていう台詞は実感なんだろうなあ。あと出てる役者さんが良かった。主演の松田龍平以外では、特に挙げればイッセー尾形良かったなあ。軽トラの運転席でラジオ聞きながら即席の棋譜つけてるシーンとか良かったなあ。まあそれ以外でも、良い役者さんが脇を固めてたので面白い作品でした。

そして今回のチラシです、
初期バージョンはこちら、
201809172

そして公開直前のバージョンはこちらです、
201809174

やっぱり松田龍平好きだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河井寛次郎展

2018年7月7日(土)〜9月16日(日)
没後20年 河井寛次郎展
パナソニック 汐留ミュージアム

パナソニック 汐留ミュージアムで開催されている「没後20年 河井寛次郎展」に行ってきた。
Img_1414_2

あまり普段陶芸作品は見ないというか、どちらかといえば苦手な部類なんですけど、河井寛次郎さんは数少ない好きな陶芸作家の1人なんです。さらに今回の展覧会は一部に作品を除き撮影OK、そしてSNSへ積極的にアップお願いしますということで、いろいろ作品撮ってきました。

そんな中から良いなあと思う作品を順不同に、
Img_1368
今回の宣材に使われてました、今回の展覧会のメイン的な作品

続いて、
Img_1372

Img_1384

Img_1395

Img_1427

また河井寛次郎さんの作品の中で「すべてのものは自分の表現」という言葉がついた作品がありまして、この言葉もそうだけどこういう作品も好きなんですよ。

例えばこんなの、
Img_1386

さらには、
Img_1399_2

さらには河井寛次郎さんご本人のパネルも、
Img_1417

楽しい展覧会でしたねえ。そして河井寛次郎さんといえば京都に河井寛次郎記念館があります。ここは生前に実際に暮らして創作活動をしていた場所です。河井寛次郎記念館のHPはこちら→河井寛次郎記念館

また以前に私も河井寛次郎記念館行ったことがありまして、その時の事をアップしてました。こちら→河井寛次郎記念館
2004年に行ってるから、もう14年前の事です。でもここは気持ち良くて、私が行った時はたまたま誰もいなかったので、2階の畳の部屋で横になってたらそのままわずかな時間ですが寝てしまったという、それくらい気持ち良いところです。なんか、また行きたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

午前十時の映画祭9「トップガン」

2018年9月15日(土)
午前十時の映画祭9「トップガン」
TOHO CINEMAS日本橋

今回早起きしてTOHOシネマズ日本橋で、午前十時の映画祭9を見てきた。

今回は「トップガン」
Scan003

1986年に公開され、若きトム・クルーズをスターに押し上げた大ヒット映画「トップガン」。久々に観たけど面白かった。ただ以前見たのがいつかわからないくらい前なので、内容がうる覚えで、でも観てるうちに思い出すもので、なんか内容を確認しながら見てたような感じです。でもやっぱりあの戦闘シーンは今観てもドキドキするぐらいの迫力です。それともう一つは劇中で使われている曲が素晴らしい。特に60年代の曲がいい感じでした。この点は以前見た時にはそんなに感じなかった部分です。もっとも公開当時には、ライチャス・ブラザーズとかオーティス・レディングとか知らなかったし。

このシリーズ良いなあ。やっぱり、デジタルリマスターされた映像を、大きなスクリーンで見るのは良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年久松郁実カレンダー 9月

今日から9月に突入もまだまだ暑い。いつになったら涼しくなるんでしょうか。そんな今日この頃ですが、久松郁実ちゃんのカレンダーも9月にチェンジ。

それがこちらです、
201809011_2

う〜ん、可愛い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »