« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

今年の初ハロハロ

こうも毎日暑いとやっぱりハロハロですね。

ということで、今年初ハロハロ
Img_5115_3
ハロハロ ラムネ

詳しくはこちら→ハロハロ

やっぱり日本の夏にはハロハロが必要ですね。あ〜、美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりエルゴラ買ってしまった(ベルギー×日本戦)

ロシアW杯決勝トーナメント1回戦のベルギー×日本戦から一夜明けて、負けてしまったけど日本を賞賛する記事ややっぱり勝ちきれないといった内容の記事などいろいろな記事が配信されていますが、そんな中やっぱりエルゴラ買ってしまった。

まずは表紙はこちら、
201807041

さらに中面も見開きそしてカラー
201807042

さらにもうひと見開き。こっちはモノクロですが、
201807043

この試合は久しぶりに完全に見入ってしまった。こんな気持ちで日本代表の試合を見たのはいつ以来だろうか。ひょっとすると初めてかもしれない。いつもなら残り時間とかロスタイムとか気にしながら見るんだけど、この試合はそんな余裕なかった。だから本田のCKをキーパーがキャッチして、そのまま速攻で1点取られた時に後半ロスタイム終了間近ということに気がついたんだよねえ。だから試合後の論評の中で最後のCKはショートコーナーでマイボールにして、延長に備えるという意見は冷静になって考えれば確かにそうなんだけど、でもあの時はそんな余裕なかったなあ。まあ見てるこっちは素人ですから、評論家じゃないんで。

でも今回のW杯は、始まる前はイマイチ盛り上がってなくて3戦全敗か良くて1分2敗ぐらいかなあなんて勝手に予想していて、何れにしても予選落ちだろうと思ってたら、こんな結果になってびっくり。そして何と言っても4試合すべてが驚きの連続だったということ。コロンビアに勝ったのもそうだし、セネガルに引き分け、そしてやっぱりポーランド戦のあの戦い方。そしてもちろんベルギー戦も驚きでした。確実に日本代表のレベルは上がってると思う。ただレギュラーと控えの実力差が大きいかなという印象はあります。そして何と言ってもゴールキーパー川島酷すぎ。前回もそうでしたけど、ゴールキーパーが良くないチームは勝てない、そしてもっと凄いことに世界のトップのゴールキーパーにはもうファインセーブなんていう言葉がないんじゃないかと思うくらいに凄い。これは凄いゴールだなと思わせるゴール以外はことごとく止めてる。だから今回の日本の失点の半分以上はあり得ない失点ということになる。まあこれはゴールキーパーにとっては酷な話だけど、もう世界のレベルがそこだから仕方ない。今後の日本代表にとってゴールキーパーをどうするのかは重要課題だと思う。Jリーグでもキーパーは韓国人選手だったり外国人選手だったりというチームが多いし、難しい問題です。

あと代表監督をどうするのか、これも重要です。というか最重要課題。外国人監督はうまくいかない気がするなあ。もうそろそろ日本人監督で長期的な視野で考えたほうがいいと思う。

いずれにせよ、次のW杯は重要ですねえ。問題山積みだけど楽しみでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表、ベルギー代表に敗れベスト8ならず

2018年7月2日(月)
2018ロシアW杯 決勝T1回戦
ベルギー3-2日本

日本時間の7月3日早朝に行われた決勝トーナメント1回戦、ベルギー×日本の一戦は激しい打ち合いの末3-2でベルギーが勝利。初のベスト8進出はならなかった。
後半早々にカウンターから原口が決めて、その後に乾が強烈なミドルを決めて0-2となった時は行けるかと思ったけど、そこはやはりFIFAランク3位の強豪だけあって、その後じわじわと圧を強めて選手交代もうまく機能して、同点に追いつく展開に。特にベルギー2点目のあのヘッドは凄かったなあ。そして後半ロスタイムに、日本のコーナーキックを相手キーパーにキャッチされ、そこらのカウンターにやられてしまった。決勝点の3点目のベルギーのカウンターはお手本のような速くて鋭いカウンターだった。

スポーツ新聞も超速報で報じてます、
20180703

ベスト8はならなかったが、始まる前は監督の急な交代もあり、3連敗で予選落ち確実なんて言われてたから、今回の結果は上出来だと思う。ポーランド戦みたいな戦い方も出来るようになったし、そうかと思えばベルギー戦のような戦い方もできる。どっちも驚きだったし、ドーハから25年経って日本サッカーも一段上がった感じがして、良いW杯だったと思う。まだ終わってないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ