« 板前料理 銀座 日月火 | トップページ | 2018年久松郁実カレンダー 7月 »

日本代表、ポーランドに敗れるも決勝T進出

2018年6月28日(金)
2018ロシアW杯 予選H組
日本0-1ポーランド

決勝トーナメント進出を賭けた予選ラウンド3戦目のポーランド戦は、以前の2試合から先発メンバー6人を入れ替えて臨むことに。前半は0-0で折り返すも後半に失点、結局そのまま0-1で敗戦。ただ同時刻に行われたコロンビアーセネガル戦で、1-0でコロンビアが勝利したため、フェアプレイポイントの差で日本が2位となり、決勝トーナメント進出です。

そしてやっぱりエルゴラ。まずは表紙から、
201806301

そして中面(今回も見開き)
201806302

今回ポーランドには負けましたが、セネガルもコロンビアに敗れ、フェアプレイポイントの差でグループ2位となり決勝トーナメント進出です。まあ後半残り10分ぐらいからの日本の戦い方には賛否いろいろあるでしょうが、日本代表もこういうサッカーができるようになったんだなあというのが率直な感想です。今まで日本代表といえば、正々堂々とかフェアプレイとかそんなのばっかりで、状況を見てのズル賢いサッカーというのはほとんどやってこなかった。というかそういうサッカーをするんじゃないみたいな風潮があった、でも今回日本が負けても、セナガルが0-1で負けて、日本がこれ以上失点やイエローカードをもらわなければ決勝トーナメントに進めるということで、ひたすら自陣でパスを回すサッカーに徹した。そして結果として狙い通りの結果になった。ドーハの時にあんなにすんなりCK蹴らせなければとかそういう思いからすると、日本のサッカーも25年経って1段上がったかなという感じがします。
ただ今回は1点負けてるのにこういうサッカーをしたというところが、博打という部分もあるし、西野監督の度胸の良さというのも感じます。それとマイアミの奇跡と言われたアトランタオリンピックでブラジルに勝っても、予選リーグ2勝しても結局決勝トーナメントに行けなかったというのが、相当影響してるんじゃないかと思います。やっぱり決勝トーナメント行かないと、評価もされないしね。

そして日本代表にとって3度目の決勝トーナメント進出。今までの2回は決勝トーナメントの1回戦で負けているので、1回戦突破できるような戦いを期待したい。

|

« 板前料理 銀座 日月火 | トップページ | 2018年久松郁実カレンダー 7月 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118201/66891751

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表、ポーランドに敗れるも決勝T進出:

« 板前料理 銀座 日月火 | トップページ | 2018年久松郁実カレンダー 7月 »