« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

日本代表、ポーランドに敗れるも決勝T進出

2018年6月28日(金)
2018ロシアW杯 予選H組
日本0-1ポーランド

決勝トーナメント進出を賭けた予選ラウンド3戦目のポーランド戦は、以前の2試合から先発メンバー6人を入れ替えて臨むことに。前半は0-0で折り返すも後半に失点、結局そのまま0-1で敗戦。ただ同時刻に行われたコロンビアーセネガル戦で、1-0でコロンビアが勝利したため、フェアプレイポイントの差で日本が2位となり、決勝トーナメント進出です。

そしてやっぱりエルゴラ。まずは表紙から、
201806301

そして中面(今回も見開き)
201806302

今回ポーランドには負けましたが、セネガルもコロンビアに敗れ、フェアプレイポイントの差でグループ2位となり決勝トーナメント進出です。まあ後半残り10分ぐらいからの日本の戦い方には賛否いろいろあるでしょうが、日本代表もこういうサッカーができるようになったんだなあというのが率直な感想です。今まで日本代表といえば、正々堂々とかフェアプレイとかそんなのばっかりで、状況を見てのズル賢いサッカーというのはほとんどやってこなかった。というかそういうサッカーをするんじゃないみたいな風潮があった、でも今回日本が負けても、セナガルが0-1で負けて、日本がこれ以上失点やイエローカードをもらわなければ決勝トーナメントに進めるということで、ひたすら自陣でパスを回すサッカーに徹した。そして結果として狙い通りの結果になった。ドーハの時にあんなにすんなりCK蹴らせなければとかそういう思いからすると、日本のサッカーも25年経って1段上がったかなという感じがします。
ただ今回は1点負けてるのにこういうサッカーをしたというところが、博打という部分もあるし、西野監督の度胸の良さというのも感じます。それとマイアミの奇跡と言われたアトランタオリンピックでブラジルに勝っても、予選リーグ2勝しても結局決勝トーナメントに行けなかったというのが、相当影響してるんじゃないかと思います。やっぱり決勝トーナメント行かないと、評価もされないしね。

そして日本代表にとって3度目の決勝トーナメント進出。今までの2回は決勝トーナメントの1回戦で負けているので、1回戦突破できるような戦いを期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板前料理 銀座 日月火

銀座にある「板前料理 日月火」に行ってきた。

いつもだと料理一品一品写真撮って、画像載せるんですけど、今回はそれはなし。特に意味はないけど、最近はあんまり料理の写真撮ってないなあ。

そうは言いつつお品書きだけどもということで、こちらです。
Img_20180702_0001_2

とても上品な感じで、一品一品手の込んだ料理さらにはお店の雰囲気も良く、美味しくいただきました。満足、満足。ただこういう普段行きつけてない店に行くとちょっと緊張するね(笑)。

それとお店のHPはこちら→板前料理 日月火

また食べログではこちら→板前料理 日月火

ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表、セネガル代表とは引き分け

2080年6月24日(日)
2018ロシアW杯 予選H組
日本2-2セネガル

初戦でコロンビアに勝利して勢いに乗る日本代表の2戦目。相手はセネガル。アフリカ特有の身体能力に加えて、組織だったチームが特徴で、戦前の予想はやはりセネガル有利。そんな中試合は、GK川島のクリアミスからセネガルが先制、その後乾のゴールで追いつき1ー1で前半終了。後半も守備のミスから失点、しかしその後本田のゴールで再び追いつくという展開で、結局2-2の引き分け。決勝T進出は第3戦のポーランド戦に持ち越し。

そしてやっぱりエルゴラです。まずは表紙(今回はぶち抜きでした)
201806271_2

さらには中面(こちらも見開き)
201806272_2

結果は引き分けですが、日本代表にも良い時間帯があって、ゴール前での大迫とか、クロスバー直撃の乾とか、惜しいシーンは結構あった。あと守備の乱れがなかったらとか。でも結局たらればなんですけどね。

これで予選最終戦のポーランド戦で、引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決まる。確かにポーランドは強いけど、今の勢いに乗って予選突破してもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山下達郎 PERFORMANCE 2018@松戸・森のホール21

2018年6月24日(日)
山下達郎 PERFORMANCE 2018
松戸・森のホール21

山下達郎 PERFORMANCE 2018で松戸・森のホール21へ行ってきた。

松戸・森のホール21へ行くのは今回が初めてで、ここは旧松戸文化会館だそうです。最寄駅は新京成線の八柱駅。
Img_5094
外観そして会場内も綺麗で見やすくて良いホールです。

そして入場の際には、達郎さんのライブではすっかりお馴染みの本人確認。実は私運転免許書の名前が旧字になってまして、でチケットに印刷されている名前は簡単な字なので、一瞬止められましたけど、その辺を説明して無事本人確認終了。

そして今回のツアーのポスターはこちら、
Img_5101

開演までまだ時間があるので、中をブラブラしてました。それにしても相変わらず充実のマーチャングッズです。
Img_5105
しかながらいろいろグッズ考えるよね。

また会場に入ってからは最前まで行きまして、ステージセットも見てきました。いつもいつも大掛かりなセット組んできます。あと今まで気づかなかったんですけど、ステージ上のゴジラは2体置いてあって、しかも結構でかい。いままでも見てるはずなんだけど今回初めて気づきました。

とそうこうしているうちに開演のお時間に。そしてあの曲でライブスタート、所々MCを挟みつつ、アカペラあり、定番のあの曲あり、途中でクラッカーが鳴り、最後はあの曲でライブ終了。それと今回はシュガーベイブの曲も数曲演ってました。って何だかさっぱりわからないと思いますが、まだツアー2本目でこのあと11月までツアーは続きますので、ネタバレ防止のためにも、細かい曲の紹介はなしで。時間にして3時間超えてました。あとカッティング冴えてたなあ、唸るテレキャスターてな感じで、あと声も相変わらず出てたし、素晴らしいコンサートでした。

それからお花も届いてまして、
何は無くともやっぱりこちら、
Img_5112

それからこんな感じとか、
Img_5111

こんな感じ、
Img_5109

それと今回座席が素晴らしくて、何と前から3列目、
チケットどーん!
Img_20180716_0003

今回のツアーは東京都内でのライブが全て抽選で外れましったんですけど、唯一当たった松戸でこんな良い席で、本当にe+さんありがとうってな感じです。顔の表情までバッチリ見えました。良いコンサートだったなあ。もっともPERFORMANCE2018ツアーはまだまだ続くので、あと一回ぐらい東京で見たいんだよなあ。どこか当たるといいんだけど。どうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表、コロンビア代表に勝利!

2080年6月19日(火)
2018ロシアW杯 予選H組
コロンビア1-2日本

2018年6月19日(火)に行われたW杯ロシア大会の日本代表×コロンビア代表の試合で、日本代表が2-1で勝利。W杯でアジア勢が南米のチームに勝ったのは史上初という、まさに世界中が驚くジャイアントキリング。

という事でやっぱりエルゴラ買ってしまった。それがこちら、
20180620

そして中面ももちろん見開き
Photo

始まるまではみんなボロクソ言ってたのに、試合に勝つと掌返したような絶賛の嵐。まあ結果が全てですからね。ただこの勝利で予選突破確実みたいな流れはちょっと安易すぎると思いますが。確かに日本代表の過去のW杯で初戦で勝ち点を取った場合は100%の確率で予選突破してますから、そうなのかなあ。ただ残り2戦の相手がセネガル、ポーランドという事を考えるとそんなに簡単じゃないと思うけど、ただ今のチームには勢いがありますから、どうなるか。勢いに乗ってるチームは予想もできないような凄い結果出す事もあるので。セネガル戦楽しみですねえ。いい結果を期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタ ルマン制覇!

2018年6月16日(土)〜6月17日(日)
第86回ルマン24時間耐久レース
ルマン・サルテ・サーキット(フランス)

6月16日から6月17日にかけて、フランスのルマン・サルテ・サーキットで行われた第86回ルマン24時間耐久レースで、中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソがドライブするTOYOTA GAZOO Racing 8号車が遂にルマンで勝利。さらには小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスらがドライブするTOYOTA GAZOO Racing 7号車も2位に入り、トヨタ悲願のルマン初制覇はワン・ツーフィニッシュという最高の結果となった。

そしてやっぱりトーチュウ一面トップです、
20180618_2

今回はポルシェ、アウディといったWorksチームが参加していない事から、トヨタは優勝して当たり前なんて言われてましたけど、それでも24時間走り切って優勝というのは大変な快挙ですよ。特にここ数年はトラブルに泣かされてきたから、やっぱり凄い。
さらにはトヨタがルマンに初挑戦したのは1985年で、その時のドライバーが中嶋悟という、まさに親子二代にわたっての悲願達成ということです。

またフェルナンド・アロンソはこの勝利で、世界の三大自動車レースと言われるルマン24時間、モナコGP、インディ500のうちルマンとモナコは勝ったので、あとはインディ500のみという事で、こっちはこっで凄い事になってきてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に週刊ポストに、河合奈保子さん

今発売中の週刊ポスト6/29号に河合奈保子さんが袋とじで掲載されてました。

そんな袋とじの表紙がこちら、
Img_20180627_0001

そして袋とじから1pだと、こちらですかね、
Img_20180627_0005

今回は最後の写真集となった「トレフェン」で掲載されなかったカットから厳選された未公開カットとの事です。いつもの未公開カットとは一味違って、ぐっと色っぽくなっていい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チラシ.24「ロック・コンサート展 ROCK HISTORY OF CONCERTS」

今回は展覧会のチラシです。と言ってもROCK的な展覧会ですけど。

それがこちら
19971010_2
ウドー音楽事務所30周年記念
「ロック・コンサート展 ROCK HISTORY OF CONCERTS」

今回ちょっとタイトル長いですけど、これまでのウドー音楽事務所の業績に敬意を表して全部表記しました。

この展覧会は、ウドー音楽事務所30周年を記念して、それまでに招聘したアーティストの公演ポスターを展示したものです。1997年渋谷パルコで開催されました。
そして今こうしてチラシを見ると、もう錚々たる顔ぶれです。そんな中でも一番見たかったのは、やっぱり幻に終わったローリング・ストーンズの初来日公演のポスター。これを見たときはマジで感動でした。あとこの中で実際に行ったコンサートは、東京ドームのイーグルス。オープニングが「ホテル・カリフォルニア」だったときかな。あと行けなかったけどBON JOVIはこのときが初めての武道館。「Slipply When WET」発売直後でした。ただこの時は、チケットはあんまり売れなかったんだよねえ。でも内容は素晴らしくて、このときのライブは今でも評価高いです。そしてこのライブのあとのヨーロッパツアーでついに人気爆発。この1年後に再び日本に来たときには武道館5回、横浜文体1回と関東では計6回やってもすぐ売り切れでチケットは取れなかった。その頃は転売屋なんてなかったから、どうしても見たければダフ屋から買うしかなかった。まあ実際は高くて買えなかったけどね。昔はコンサート会場の周りには、コンサートに行く時には「チケットあるよ、あるよ」とか「チケット余り買うよ、買うよ」っていう怖そうなおじさんたちがいっぱいいて、コンサート終わって会場からでてくると、アーティストグッズ売ってる怪しげな出店みたいのがでてて、豹柄の巾着袋よく売ってたなあ。今はそういうのあんまり見かけないけど。

この展覧会は面白くて、ポスター大好きな私としては堪らない展覧会でした。こういうのまたやってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊藤政則の「遺言」Vol.11@文京シビックホール 小ホール

2018年6月4日(月)
伊藤政則の「遺言」Vol.11
〜今のうちに語っておきたいロックの歴史がある〜
文京シビックホール 小ホール

今回も行ってきた。
Img_1260

今回聞いてて思ったけど、HARD ROCKやHEAVY METALは厳しいなあ。決してファンが少ないわけじゃないけど、HARD ROCKやHEAVY METALに関わってる人が少なくて、そしてそういう人もHARD ROCKやHEAVY METALが好きだったり、関心があって携わっている訳ではないということが問題。特に日本はそうですね。大物アーティストでもお客が入りにくいし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年久松郁実カレンダー 6月

もう6月です、1年のうちのちょうど真ん中。ということで久松郁実ちゃんのカレンダーも6月にチェンジ。

それがこちら、
6_2

なかなかに表情が良いですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »