« 街角写真館 その27「三越のライオン」 | トップページ | Jubilo Year Book 2018が届いた。 »

スリー・ビルボード

2018年2月12日(月)
スリー・ビルボード
TOHO CINEMAS日本橋

今回は、とにかく前評判が高いこの映画を見てきた。

Img_3662_3

ミズリー州の片田舎、しかも1日に何台も車が通らないような道路沿いに掲げられた3枚の看板から物語はスタートします。これは娘を殺された女性が一向に捜査の進展しない警察に対してのメッセージ。そこからいろんなことを巻き込みながらもの事が展開していきます。娘を殺された女性、みんなから信頼される警察署長、馬鹿な警察官といった主役級3人の演技も悪くないし、ストーリー展開も悪くないし、全てを分かった上でのラストシーンも良いんだけど、これで魂が揺さぶられるかというとそこまではさすがにない。見て損する映画ではないけど、そんなに大絶賛の内容でもない。まあ普通よりちょっと良いかなってぐらいです。

それと今回のチラシ、
201802122

評価や感想は人によってそれぞれ違うから、その辺はなかなかに難しいね。

|

« 街角写真館 その27「三越のライオン」 | トップページ | Jubilo Year Book 2018が届いた。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118201/66405375

この記事へのトラックバック一覧です: スリー・ビルボード:

« 街角写真館 その27「三越のライオン」 | トップページ | Jubilo Year Book 2018が届いた。 »