« 2017年原幹恵カレンダー 11月・12月 | トップページ | 久々に深田恭子です。 »

過門香 銀座本店

過門香 銀座本店に行ってきた。本格的な中華料理と言うことらしいです。

まずはお店の入り口から、
Img_0622
ちょっと暗いですけど、何とも重厚な感じの佇まい。

そしてお店に入ると、メインストリートはこんな感じです、
Img_0651
凄いねこれ、なんか遠目に見るとXの文字見たい。なんか幻想的な感じ。もうこの時点でかなり満足、ただまだ何も食べてないんですけど。

そして今回の献立でございます。
20171101

そしていよいよ料理が登場、

まずは「季節の冷菜4種盛合せ」
Img_0623
なんとも綺麗な盛合せ。そして盛り合わせてある皿も綺麗です。まさに目で食すとはこのことでしょうか。

さらに「きのこと干し貝柱入りフカヒレスープ」
Img_0628

続いて「本日の蒸し点心三種」
Img_0629

ちょっとここでブレイクタイムということで飲み物をビールからライチ酒のソーダ割りにチェンジ

それがこれ「ライチ酒のソーダ割り」
Img_0632
もっとも食事が美味しくてほんとんどビールも飲んでない。

で再び食事。「四万十鶏と旬野菜の黒胡椒ソース炒め」
Img_0634

今度は「厳選キノコと春雨・押し豆腐の蒸し物ガーリック風味」
Img_0636
これはちょっと感動的に美味しかった。

そして「野菜入りやわらかあんかけ麺」
Img_0638

そしてコースの最後が「おすすめデザート」
Img_0640

そしてこのおすすめデザートと一緒に出てきたのが「ライム紅茶」
Img_0642
これが凄く美味しい。まあ江戸っ子風に言うと、ばかにごつうま、ってところでしょうか。

これで無事コース終了なんですけど、実はこう見えて甘いものでもお酒が飲めるいわゆる「泥棒上戸」というヤツでして、まあデザートは別腹ということでもう1品デーザートを注文。

それがこれ「王様の焼きプリン」
Img_0644
このプリンですが、表面はカチカチに硬いんです。でもその下のプリンはホワッと柔らかくて美味しいんです。これまたばかにごつうま。

これでつつがなく終了です。

岸朝子さん風に言うと
「おいしゅうございました」
といった感じでしょうか。

もっとも最初は中華のコースということで油っこくて量が多いかと思いましたけどそんな事はなく、反対にあっさりしていて、そして本当に料理はすべて美味しかった。お店の雰囲気も良かったし。そしてなんといっても交通の便がですねえ実に素晴らしく、地下鉄の銀座一丁目駅10番出口から直結です。迷子になったらどうしようかと行く前は心配してましたけど、あれなら迷ういようがない。素晴らしい。

またお店のHPはこちらです。→過門香 銀座本店

それにしても初めて行ったお店なのに大満足の、新たな中華発見伝でございました。

|

« 2017年原幹恵カレンダー 11月・12月 | トップページ | 久々に深田恭子です。 »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過門香 銀座本店:

« 2017年原幹恵カレンダー 11月・12月 | トップページ | 久々に深田恭子です。 »