« マリノスに負けて、今回の天皇杯終了です。 | トップページ | 川又の2ゴールで、久々にマリノスに勝利です。 »

柳家小三治・三三親子会@関内ホール

2017年10月29日(日)
柳家小三治・三三親子会
関内ホール

台風が接近してる雨の中、久しぶりに落語会に行ってきた。この時期ですが、実は今年初の落語会です。

それがこちら、
Img_2580_2
柳家小三治・三三親子会@関内ホール

久々の落語会。今回の前座は柳家小かじ、お題は「狸の札」。まあ出来は可もなく不可もなくといったところでしょうか。この噺家さん知らなくて後で調べてみたら、三三の弟子とのことでした。今後が楽しみな噺家さんのようです。

次に登場するのが柳家三三。最近での活躍は素晴らしく、若手噺家の中では突出した存在感です。二つ目時代は小三治師匠の独演会の前座はほぼ三三だったので、もう17年ぐらい聞いてるけど、やっぱり上手い。もっとも初めて聞いた時からかなり上手かったんだけどね。そして今回のお題は「五貫裁き」。この噺を三三で聞くのは初めてかもしれない。今回も良かったです。三三の噺は活舌が良くて、リズムがあってとっても聞きやすい。間やリズム感って落語を聴く時はとっても大事です。そこが合う噺家さんと出会えると落語にはまっていきますよねえ。それと三三と一二三って、めくりで見ると同じなんだなあ。今日気付いた。

ここで前半終了で15分間の休憩。そして休憩明けは柳家そのじさんの三味線です。以前も小三治一門会の時に聞いたことがあります。今回結構喋ってましたねえ。そしてちょっと貫禄がついてきた感じがします。お顔は相変わらず美しい。そして三味線の音色も良いですねえ。普段の生活で三味線聞くのって落語会ぐらいしかないから、妙に聞き入ってしまいました。

そして最後は小三治師匠。入院して手術までしたということだったんですけど、どうかと思ったら意外とお元気そうで一安心。まだまだ楽しいお噺を聞かせていただきたいです。そんな入院の話など盛りだくさんのまくらが続いていきます。ひょっとすると今回はまくらで終わりかななんて思ったりしましたけど、その後落語へと進みました。もっとも個人的にはまくらだけで終わっても、小三治仕様の楽しいお話が聞ければ全然OKなんですけどね。そんな中今回のお題は「宗論」。これは生でもCDでも聞いたことあります。主人と息子の会話中の温度差の違いが面白い。そしてやっぱり小三治師匠は面白い。初めて聞いた30年ぐらい前からずっと一番面白い噺家さんです。

そして今回のお題はこちら、
Img_2583

会場の外に今回のポスターとお題が一緒になって置いてありました。こういう風に出されると便利かも。
Img_2587

そして落語会終わって会場から出たら雨が上がっていた。

|

« マリノスに負けて、今回の天皇杯終了です。 | トップページ | 川又の2ゴールで、久々にマリノスに勝利です。 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118201/66000039

この記事へのトラックバック一覧です: 柳家小三治・三三親子会@関内ホール:

« マリノスに負けて、今回の天皇杯終了です。 | トップページ | 川又の2ゴールで、久々にマリノスに勝利です。 »