« 山田大記 完全移籍でジュビロ磐田に復帰 | トップページ | 2017年原幹恵カレンダー 9月・10月 »

日本代表 ロシアW杯2018 出場決定

2017年8月31日(木)
日本代表×オーストラリア代表
埼玉スタジアム2002

2017年8月31日(木)に埼玉スタジアム2002で行われたオーストラリア戦に2-0で勝利して、2018年に行われるロシアW杯の出場が決まった。これで1998年のフランスW杯から6大会連続6回目の出場。またアジアでは、イランと日本が決まって残りの2チームは9月5日の最終戦で決まる。もっともその後も3位決定プレーオフ、それに勝つと北中米の4位との大陸間プレーフと勝ち抜けばもう1チームが出場できる。
浅野、井手口という若い2人が決めて、そして無失点の完封勝利ということで、完勝と言っていいんじゃないでしょうか。先発メンバーを見たときは、トップ下というか司令塔的な選手がいなくて大丈夫かと思ったけど、意外に行けました。フォーメーション的には4-1-4-1ということになるんでしょうか。本番もこれでいくのかなあ。でもこれだと長谷部の負担が大きくなるような気がするし、ますます替えがいなくなるような気がする。もっともまだ先だからどうなるかわからないけど。
またオーヅトラリアもいつものようにゴール前に放り込んで、高さでなんとかすっていうサッカーをあんまりやってこなかった。そういう意味では日本もオーストラリアもいつもの戦い方ではなかったのかもしれない。

そしてエルゴラッソは早くもこの記事出てまして、表紙はやっぱり井手口
170905_0035_001
2点目のあのゴールは見事でした。あれは凄いわ。

そして見開きでも、やっぱり井手口
Photo
やっぱり凄いわこのゴール、ってそればっかりですけど。

来年の本大会ではなんとか予選突破して決勝トーナメント進んでもらいたい。また、新たにどんな選手が出てくるのかも楽しみです。

|

« 山田大記 完全移籍でジュビロ磐田に復帰 | トップページ | 2017年原幹恵カレンダー 9月・10月 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表 ロシアW杯2018 出場決定:

« 山田大記 完全移籍でジュビロ磐田に復帰 | トップページ | 2017年原幹恵カレンダー 9月・10月 »