« 広島に敗れて、2002年以来の7連勝はならず。 | トップページ | アウエー仙台戦は引き分け。 »

「城塞」読了

司馬遼太郎さんの「城塞」全3巻読了しました。

22_edited1

関ヶ原で勝利を収め、江戸に幕府を開き、それでも大阪城には豊臣家がいるというそんないびつな状態の中、豊臣家を滅ぼすために老体に鞭打って大阪冬の陣、夏の陣へと出陣していくという、徳川家康の執念というか怨念というか、その辺りが凄まじい。後世に悪名を残しつつも最後には豊臣家を滅亡させその後200年以上にわたる徳川幕府の安泰の基礎を築いた。まあ最後の方は読んでるこっちが疲れたけど。

これで「国盗り物語」から始まった司馬遼太郎の戦国時代はひとまず終了です。いやあ、長かったねえ。次はもう少しリラックスして読めるものにしょうかな。

ということでAMAZON Kindleはこちらから、

楽天koboはこちら、


|

« 広島に敗れて、2002年以来の7連勝はならず。 | トップページ | アウエー仙台戦は引き分け。 »

座 読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118201/65775886

この記事へのトラックバック一覧です: 「城塞」読了:

« 広島に敗れて、2002年以来の7連勝はならず。 | トップページ | アウエー仙台戦は引き分け。 »