« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

すがもんプリン

ちょっと用があって巣鴨に行ってきまして、で駅前のベックスというコーヒーショップの看板に、すがもんプリンというのを見つけまして、お土産がてら話のネタにと買ってみた。

まずこんな器に入ってまして、
Img_1158

フタをとるとすがもん登場、
Img_1163

絵柄的には全身が描かれてるもう1パターンあるみたいですけど、この時はこの顔のパターンしかなかったので、こちらを購入。でもこの顔の表情良いなあ。なんか笑える。

ちなみにすがもんとは何ぞや、という人のためにちょっと前に撮った画像ですが、すがもんです、
1797507_617049725050039_88708619285

いわゆる巣鴨のゆるキャラなんですけどね。絶対子供が体当たりしたくなるキャラだと思うんだよなあ。まあ、話のネタとしては可もなく不可もなくといったところでした。それと肝心のお味ですが、いわゆる普通のプリンです。普通に美味しかった。

こういうゆるキャラネタ結構好きなんですよねえ。他にも何かないかなあ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本功児氏 逝去

巨人、ロッテ、千葉ロッテで選手、コーチ、監督として活躍された、山本功児氏が亡くなられた。

昨日サンウルブスの勝利で買ったスポーツ新聞の裏面に大きく報じられていました。
それがこれ、
201604242

山本功児選手が巨人に入団した時は、一塁は王選手がいたので代打とかが多かったような覚えがあります。王選手の引退後はレギュラーでしたけど、原選手が入団後は中畑選手が一塁にコンバートされ、なかなかレギュラーには定着できなかった。むしろロッテにトレードで移籍してからの方が選手としては活躍していたと思う。引退後は千葉ロッテ、巨人でコーチ、監督として活躍してました。

ただそんな中山本功児選手といえば、何と言ってもあの宇野選手のヘディング事件。そうあのショートフライを打ったのが山本功児選手なんです。
その映像がこれ、

このプレー宇野選手のヘディングも笑えますが、その後グラブを地面に叩きつけて悔しがる星野投手の様子も面白い。

おっと話が脇道に逸れてしまいましたが、素晴しき野球人だった山本功児氏、まだ64歳と若かっただけに残念です。ご冥福をお祈りいたします。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンウルブス 1面でした。

昨日のサンウルブス スーパーラグビー初勝利を受けて、サンウルブス1面でした。

それがこちら、
201604241

良いねえ。この良い流れを2019年まで続けていきたいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンウルブス × ジャガーズ

2016年4月23日(土)
スーパーラグビー2016第9節
ヒト・コミュニケーションズ サンウルブス × ジャガーズ
秩父宮ラグビー場

約1ヶ月ぶりに、スーパーラグビー観戦のため秩父宮まで行ってきた。

Img_1107

これまでスーパーラグビー7戦全敗、今日こそは初勝利といきたいところです。そして入場してみると、サントリーDAKARAの新商品配られてました。
Img_1111
DAKARAちゃん、相変わらず可愛いねえ(笑)

それと連敗中にもかかわらず、お客さん結構入ってます。

今日の相手はアルゼンチンのジャガーズ
Img_1122

そして景気付けに、今回は大江戸助六太鼓が披露されました
Img_1131

そうこうしてるうちに試合開始。しかし試合開始1分過ぎで、パントのキャッチの時の接触でしばらく動けず、結局両チームとも選手交代という波乱のスタートでした。そして前半はどちらかと言えばジャガーズペースで試合が進みます。ペナルティゴールで先制点は取ったものの、その後はトライを奪われ、その後にサンウルブスもトライを取り、といった感じで結局15-18で前半終了。試合展開の割には点差が付かなかったという感じでした。
そして後半では、ボールをインターセプトされてトライを取られさらに点差が拡大。この試合はインターセプトされるシーンが多かった。トライまで行かれたのは1回だったけど、この辺の時間帯では正直今日もダメかなとという感じもしましたねえ。ただ流れが変わったのは後半16分のカーペンターのトライから。その後はボールも良く回るようになったと思う。ただここから、お互いの反則によるPGの蹴り合いで、残り10分を切った段階で29-28とサンウルブスが1点リード。ただここからの時間はサンウルブスのペースで試合を展開して、試合終了間際での立川のトライ、ピシのゴールも決まってここでノーサイド。36-28でサンウルブスがついにスーパーラグビー初勝利。前節が大敗だっただけに、感動もひとしおです。

試合後サポーターの元へ向かう選手達
Img_1149

初勝利まで長かった。勝つのは簡単じゃないとわかっていてもここまで勝てないとやっぱりねえ。ここでようやく1勝したので、次はプレッシャーもなく2連勝といってもらいたい。

サンウルブス公式HP→ヒト・コミュニケーションズ サンウルブス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IRON MAIDEN@両国国技館

2016年4月21日(木)
IRON MAIDEN The Book Of Souls World Tour 2016 in JAPAN
両国国技館

実に8年ぶりとなるIRON MAIDENの来日公演を観に両国国技館まで行ってきた。

当日はあいにくの雨、そんな両国国技館にはこんなメタルな幟が立てられてました。
Photo_2

そして会場に入ると、今回の公演ポスター
Img_1028

そしてお花も、MTVからとか
Img_1023

BABY METALからも届いてました。
Img_1021

でもって席に着くちょっと前に、オープニング・アクトのTHE RAVEN AGEの演奏がスタート。
Img_1033
このバンドのギターがスティーブ・ハリスの息子さんだそうです。アメリカのツアーでは、さらにアンスラックスが加わってのツアーだったみたいです。

そしてTHE RAVEN AGEが終わり、ステージセッティングも終わり、「Doctor、Doctor」が終わり遂にライブスタート。オープニングナンバーは、最新作「The Book Of Souls」から「If Eternity Should Fail 」、続いて「Speed of Light」、「Children of the Damned」を挟んでさらに「Tears of a Clown」「The Red and the Black」続きます。それにしても今回は新作からやってます。

そして「The Trooper」
Trooper
この曲が始まった時の観客の盛り上がりは凄かったなあ。この曲はライブ映えする曲ですねえ。

その後「Powerslave」、さらに新作から「Death or Glory」「The Book of Souls」と続き、終盤はおなじみのナンバー「Hellowed Be Thy Name」「Fear of the Dark」そして最後は「Iron Maiden」。ここで巨大なEddieが登場、
Img_1060

そしてアンコールで「The Number of the Beast」「Blood Brothers」「Wasted Years」を演奏してライブ終了。まさに怒涛のような2時間でした。

やっぱり名曲の多いバンドは強い。ただそれ以上に今回の新作「The Book Of Souls」の出来の素晴らしさが、この凄まじいライブパフォーマンスを引き立てていると思う。やっぱりIRON MAIDENは今を生きるバンドなのだなあと、8年ぶりのライブを観て強く感じましたねえ。やっぱりこのバンドは凄いな。

またセットリストはこちらに掲載されています、
The Book Of Souls WorldTour2016 in JAPAN@両国国技館

そしてこれは前回東日本大震災の影響でキャンセルとなったライブのチラシです、
20110312

次の来日公演ははいつなんでしょうか。ちょっと気が早いが待ち遠しいです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE WINERY DOGS@TOKYO DOME CITY HALL

2016年4月20日(水)
THE WINERY DOGS JAPAN TOUR 2016
TOKYO DOME CITY HALL

THE WINERY DOGSのライブを観に、TOKYO DOME CITY HALLへ行ってきた。

20160420

前回の来日公演を見逃しているので、ライブを観るのは初めてです。おまけにTOKYO DOME CITY HALLへ行くのも初めて。

ほぼ定刻通りにライブはスタート。オープニングナンバーは、ニューアルバム「Hot Streak」のオープニングナンバーでもある「Oblivion」さらには「Captain Love」そして1曲挟んで「Hot Streak」「How Long」とニューアルバムからの曲が続きます。それにしてもビリー・シーンは本当に楽しそうに弾いてるなあ。もっとぶっちゃけて言えば、好き勝手に弾いてる感じがして、こういうのもいいね。もちろんMr.bigも良いんだけどね。まあMr.bigではやはりバンドという意識の方に軸足がいってる感じがした。そしてマーク・ポートノイのドラムソロ、ビリー・シーンのベースソロ、リッティー・コッツェンのギターソロも交えつつ、「Elevate」で本編終了、そしてアンコールでは「Regret」「Desire」でライブ終了。

そしてライブ終了後のステージ
Img_0025
この日はドラムのマーク・ポートノイの誕生日ということで、バースデイケーキと、会場全体でのHappy Biethday to you〜の大合唱がありました

いや〜、それにしても、凄いライブでしたねえ。まさに怒涛の約2時間。みんな楽しそうに演奏してたなあ。

そしてセットリストはこちら
THE WINERY DOGS JAPAN TOUR 2016@TOKYO DOME CITY HALL

| | コメント (0) | トラックバック (0)

永井龍雲LIVE2016 『好きこそ歌の力なれ』

2016年4月17日(日)
永井龍雲LIVE2016 『好きこそ歌の力なれ』
渋谷区文化総合センター大和田

毎年春に渋谷区文化総合センター大和田行われる恒例のライブに行ってきた。

今年は題して「好きこそ歌の力なれ」
Img_0992

会場に入ると、龍雲フリーマケットなるものが開催されていまして、今までステージ等で使用したシャツが出品されていた。
Img_1004
この売り上げは「小児がん撲滅キャンペーン 生きる」の方に全額寄付されるとのことです。

また龍雲氏のファンクラブ「らんぷ」のオリジナルキャラクター「らんぷくん」も展示されていました。
Img_0995
このキャラクターは龍雲氏のオリジナルだそうです。またいくつかのキャラクターグッズも販売されていました。それらの売り上げは、熊本での大震災に復興支援として寄付されるそうです。

あとお花も届いてました、
Img_0997

そんなこんなで、ロビーをうろうろしつついよいよ開演です。
今回のライブのオープニングは「笹舟」、続いて「屋台」。そしてこのあと今回のバックを務める河合徹三さんとエルトン永田さんが登場。さらに「つまさき坂」「心象風景」「同窓会」「道標ない旅」と続きます。いわゆる初期作品が多くて、感慨もひとしおです。
そしてここからは新曲が3曲続いて、「先人達の遺産」へ。この辺は平和へのメッセージを込めた歌が続きます。
バックの2人がさがって再びギター1本で「暖簾」「砂漠の道」「蒼穹」「激流」。この辺は以前にも増して説得力があるというか、じっくり歌い込んでました。
そして再びバックの2人が戻って、名曲「ルリカケス」。相変わらずグッときますなあ。そして「明日に〜It's up to your heart〜」「スライド・ショウ」で本編終了。最後の「スライド・ショウ」は去年も本編の最後に演奏されてました。
そして1回目のアンコールで「待ちぼうけ」「激しい雨に打たれて」。さらに2回目のアンコールでは「祈りの詩」。これで今回のコンサ^とは終了です。そういえば2回目のアンコールの時に3人が「らんぷくん」のTシャツを着て登場したのにはびっくりしました。妙に笑ってしまった。

今回のライブいつもより初期作品が多今日な気がして、デビュー当時から聞いているファンとしては、あの頃の作品にはやっぱり思い入れが強い曲が多いので、結構感動ものでした。

それと今回のセットリストはこちら、
Img_1008

今回発売されてからすぐにチケット取ったら、席が良くて見やすかった。やっぱり早めに買ったほうが良いんですねえ。次からもそうします。

それから昨年、一昨年の様子はこちらから、
・永井龍雲LIVE2015 『春草の夢』
・永井龍雲LIVE2014 〜旅、ふたたびの東京〜

今回もしみじみといいライブでした。また来年観たいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「銀行大統合 小説みずほFG」読了

ちょっと前に「大逆転!小説 三菱・第一銀行合併事件」を読了して、次は同じく高杉良さんの「大合併―小説第一勧業銀行」を読み返そうと思ってたんです。というのも私が以前「大逆転!小説 三菱・第一銀行合併事件」を読んだ時は、「大逆転!小説 三菱・第一銀行合併事件」と「大合併―小説第一勧業銀行」を1冊にまとめた書籍だったんです(合本のような感じです)。ただ「大合併―小説第一勧業銀行」の電子書籍がどこ探して見つからず、代わりに読んだのがこの本なんです。

それがこちら、
2000000171511

第一銀行は三菱銀行との合併が解消された後の1971年に日本勧業銀行と合併して第一勧業銀行となり、総資産では国内一位の銀行になった。ちなみにそれまで国内一位だったのが富士銀行。そして2002年に第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の3行が合併してみずほ銀行が誕生すわけですが、その合併までのいろんな経緯が詳細に書かれています。
2002年当時はもう社会人だったのでこの合併は覚えてる。最初に聴いた時には正直驚きましたねえ。一勧と富士は上位都市銀行だし、日本興業銀行は特殊銀行でそれなりの存在感あったし、だいたいこんなでっかい銀行が合併してうまくいくのか、しかも2行合併じゃなくて3行合併だし。なんて興味本位で見てました。
まあでもこ本読むと内情は大変だったみたいで、バブル崩壊による不良債権の増大、総会屋利益供事件また興銀はその特殊性ゆえに他の都市銀行と戦うには厳しく、日本経済においてその役割は終わったとまで言われていた時期で、3行ともそれなりの事情があったようです。もっともこの合併が発表された時は好意的に受け止められて、日本初のメガバンクが誕生する何て言われてました。でもいざ営業開始してみると凄いシステム障害で大混乱を起こす。その辺りのことは詳しく書かれてます。合併前は3行とも違うシステムを使っていて、合併する時にその辺の調整が上手くいかなかったようです。当時私はこの3行には銀行口座がなかったので直接被害は受けなかったけど、大変な人いっぱいいました。特にクレジットカードの口座にしてる人は大変だったみたいでした。

そういったいろいろあって、読んでる分にはかなり面白い内容でした。もちろん当事者の方々は大変だったと思いますけど。一読に価値ありです。

楽天koboはこちらから、

AMAZON kindleはこちら

銀行関係が続いたので、次はもう少し気楽に読めるのが良いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都交通局「こうなるかも?」ポスター 第3弾

過去2回の渡って展開してきました東京都交通局「こうなるかも?」ポスター ですが、前回で終了かと思ったらなんと第3弾のポスターが貼られていました。
それがこちら、
Img_0954
たちふさがると… こうなるかも? さまたげる

今回はまた迷惑な乗客バージョンに戻って、まあこういう人確かにいます。1回出ちゃったj方が楽だと思うのに扉付近で頑張ってる人。まあ自分はこうならないようにと思いますが。

それにしても毎度毎度良いなあこのイラスト。受けを狙ってるのか、啓蒙が目的なのかと思わず思ってしまいます。両方狙いなんでしょうけどね。

そして第4弾はあるんでしょうか。ここまで来るとそっちの方も気になる。

ちなみに過去のはこちら
・東京都交通局「こうなるかも?」ポスター3連発
・東京都交通局「こうなるかも?」ポスター 続編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大宮アルディージャ×ジュビロ磐田

2016年4月2日(土)
大宮アルディージャ×ジュビロ磐田
NACK5スタジアム

またまた関東アウエーということで、大宮まで行ってきた。

ただこの日は桜も満開と言うことで、朝から軽く花見なんぞをしてまして、
桜は満開でした。
Img_0801

こんな感じで軽く宴会
Img_0814

そして宴もたけなわといった時に、花見を中座していざ大宮へ。

大宮駅を出るとこんなのが、去年もあったような気がする、
Img_0826

スタジアムに到着するとすでにウォームアップ中
Img_0835

そうこうしてるうちに選手入場、そして今日のスタメンです、
160402_04

そしていよいよキックオフ
Img_0897

試合開始から両チームともアグレッシブに行ってました。昨年はJ2で対戦してるし、チーム力もそんなに変わらないし。ただ前半はやや大宮の方が押してた感じがするけど、そんな中前半44分に小林祐希のゴールで先制。これは綺麗なゴールでしたねえ、しかも右足でのシュートでした。そしてこのまま前半終了。

ハーフタイムにはこっちにもやってくるマスコットのミーヤちゃん。意外とお茶目。
Img_0901

そして後半。やっぱり大宮の方が押してた感じがする。そんな後半13分にムルジャのゴールで1-1の同点に。このゴールは上手かったなあ。あれはさすがにカミンスキーでも止められない。その後もどちらかと言えば大宮の方が押してた感じはしたけど、カミンスキーの好セーブもあり結局1-1のドロー。去年も2戦2引き分けだったし、今年の1stも勝負つかずでした。それと個人的には山本康裕良かったと思うけどなあ。スタメンから使ったら面白いと思うんだけど、どんなもんでしょうか、

そしてこの試合のダイジェストこちら→大宮アルディージャ×ジュビロ磐田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »