« 齋藤富蔵展@宇都宮美術館 | トップページ | FACE展 2016 »

原田直次郎展@ 埼玉県立近代美術館〜VOCA展

2016年2月11日(木)〜3月27日(日)
原田直次郎展 西洋画は益々奨励すべし。
埼玉県立近代美術館

宇都宮美術館を後にしまして、北浦和駅で途中下車して埼玉県立近代美術館にて開催中の「原田直次郎展 西洋画は益々奨励すべし。」を見てきた。

実はこの展覧会楽しみにしていた展覧会で、個人的には非常に注目度の高い展覧会なんです。

Img_0685

展覧会の構成はかkの様に4部からなります、
1 誕生 Beginnings 1863-1883
2 留学 Days in Munich 1884-1887
3 奮闘 Struggle in Tokyo 1887-1899
4 継承 Succession to Posterity 1888-1910

今回の原田直次郎展の作品の中で、最初に目を引くのが「高橋由一像」。「鮭」で有名な方ですが、この臨場感は凄い。ただし実際の制作年は1893年です。
またミュンヘンに留学当時に描かれた「「神父」「老人像」そして今回の展覧会のチラシやポスターに使われている「靴屋の親爺」といった作品も、それぞれの表情が凄まじくて、作品自体に迫力があります。これはかなりの驚きです。そうかと思えば風景画も素晴らしく、それこそ「風景」という作品は爽やかな印象を与える作品で素晴らしい。
また帰国後に描かれた「島津久光像」や「毛利敬親像」「新島襄像」さらには「徳富蘇峰像」といった人物画を多く描いている。徳富蘇峰に関しては肖像画だけでなく、何度となくやりとりされた手紙も展示されている。また鐘美舘を設立し、後進の指導のためにと文字通り奮闘していた。ただし、そんな奮闘も虚しく36歳という若さでこの世を去ることに。絶筆となった「安藤宣光像」もまた素晴らしい。

わずか36年という短い人生だったので、展示作品はそんなに多くはにけれど、西洋画を日本に普及させるべく奮闘した形跡は垣間見ることができた、非常に印象深い展覧会でした。

そしてこの後上野で途中下車して、上野の森美術館で開催中のVOCA展も見てきた。

2016年3月12日(土)〜3月30日(水)
VOCA展
上野の森美術館

Img_0718

40歳以下の若い作家を奨励するこのVOCA展ですが、毎年個性的な作品が多く登場して、見ていて楽しい展覧会です。そして今年も御多分に洩れず面白い作品ありました。大原美術館賞を受賞した尾崎森平さんの「Ceremony」やタイトルを忘れてしまったのだが牛嶋直子さんの作品も良かった。他にも色々と個性的な作品が多くて見ていた面白かった。

と言うことで1日に3本の展覧会をはしごして、疲れた1日だった。でもやっぱり1日で見る展覧会は2本が限度かも。

|

« 齋藤富蔵展@宇都宮美術館 | トップページ | FACE展 2016 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原田直次郎展@ 埼玉県立近代美術館〜VOCA展:

« 齋藤富蔵展@宇都宮美術館 | トップページ | FACE展 2016 »