« 「噺をせんとや生まれけむ」@武藤奈緒美さん | トップページ | 浦和レッズ×ジュビロ磐田 »

米谷清和展 〜渋谷、新宿、三鷹〜

2016年1月16日(土)〜3月21日(月)
米谷清和展 〜渋谷、新宿、三鷹〜
三鷹市美術ギャラリー

久しぶりに三鷹市美術ギャラリーへ行ってきた。実に久しぶりです。

見に行った展覧会はこちら、
Img_0551
米谷清和展 〜渋谷、新宿、三鷹〜

そして会場入り口の所にはこんな大きなタペストリーが
Img_0554

今回の展覧会は、「渋谷」「新宿」「三鷹」の3部構成になっています。
まずは「渋谷」から。「雪、降りしきる」「雪の日」の2点は渋谷の駅前を描いた作品ですけど、地下鉄銀座線の車両も描かれていた何かいい感じです。あと「ASPHALT」「夕暮れの雨」も好きな作品。
続いて「新宿」。最初に展示されていた「終電車」「終電車Ⅱ」「駅」この3点は人間模様がそれぞれあった面白い。また「街・朝」ではみんなで体操してるんですけど、これが可笑しい。なんか笑ってします。そして極め付けは「電話室」「電話」「DENWA」「Phone」の4点。ただ電話してるだけの絵なんですけど、これも可笑しくて、またまた笑ってしまうんですよねえ。そんなに特徴あるわけじゃ無いんだけど、なぜだか可笑しい。
そして最後は「三鷹」。「雨上がりの音・夜」これはかっこいいです。夜の濡れた道路、そこに光が当たったような当たったような、このニュアンスはすごく好き。また「春夜頃」「灯点し頃(夕間暮れ)」もいい感じです。あと「ゆきあいの水面」も好きなタイプの作品です。

初めて見る画家の作品の割には、面白い作品が多くて楽しかった。またこの展覧会を知ったのは以前八王子夢美術館に行った時に、この展覧会のポスターを見て行きたいと思ったんですよねえ。そのポスターがこちら、
Img_9850

やっぱり展覧会で見る、他の美術館で開催されている展覧会のポスターやチラシというのは、いつの時代でも貴重な情報源です。やっぱりアナログ感覚って大事です。

|

« 「噺をせんとや生まれけむ」@武藤奈緒美さん | トップページ | 浦和レッズ×ジュビロ磐田 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米谷清和展 〜渋谷、新宿、三鷹〜:

« 「噺をせんとや生まれけむ」@武藤奈緒美さん | トップページ | 浦和レッズ×ジュビロ磐田 »