« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年 展覧会ベスト10

明日は大晦日、もうすっかり年の瀬です。ということで毎年この時期恒例のその年見た展覧会のベスト10です。なんと今年で12回目、一回りしてしまいました。

で、早速ベスト10です。
1.ヘレン・シャルフベック 魂のまなざし@東京芸術大学大学美術館
20150620
とにかく素晴らしい。特に初期の人物描写は圧巻です。

2.山口晃展 前に下がる 下を仰ぐ@水戸芸術館   
201503141
見せ方含め全体に楽しめる。また「無残ノ介」から「続・無残ノ介」は最高です。

3.マグリット展@国立新美術館
201506132
あそこまでスケールが大きい展覧会とは。ちょっと舐めてました。反省。

4.生誕110年 片岡球子展@東京都国立近代美術館
201505052
爆発する前も爆発してからも素晴らしいです。

5.パスキン展@パナソニック汐留ミュージアム
201502154
とにかく人物描写が素晴らしい。

6.陶、水彩、書画で辿る 藤平 伸展@菊池寛美記念 智美術館
201512061
太郎くんとフクロウにやられたっていう感じ。

7.薄久保友司展@宇都宮美術館   
201503071
テーマは重かったけれども、画家のメッセージは伝わってきた。

8.モネ展@東京都美術館
201512062
最晩年の作品がまとめてみれて良かった。あと田辺画伯もね。

9.行ける工場夜景展@TODAYS GALLERY STUDIO
201509232
工場群の写真は無機質で剥き出しな感じが良い。

10.大阪万博1970 デザインプロジェクト@東京都国立近代美術館ギャラリー4
201505055
これはもう少し規模を大きくして、一つに展覧会としてやってもらいたいです。

と言うことで今年のベスト10でした。さらにその他にも 
Julian Opie Artworks from Kumagai Collection@GMO Gallery  
1_sheet1
鴨居玲展 踊り候え@東京ステーションギャラリー   
20150628  
ホイッスラー展@横浜美術館
20150117
小林清親展@練馬区立美術館 
201505161
・・・and More

また過去11回分の展覧会ベスト10はこちらから、
・2004年 展覧会ベスト10
・2005年 展覧会ベスト10
・2006年 展覧会ベスト10
・2007年 展覧会ベスト10
・2008年 展覧会ベスト10
・2009年 展覧会ベスト10
・2010年 展覧会ベスト10
・2011年 展覧会ベスト10
・2012年 展覧会ベスト10
・2013年 展覧会ベスト10
・2014年 展覧会ベスト10

今回が2015年最後の更新になります。それでは皆様良いお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

Lemmy Kilmister 死去

モーターヘッドのリーダー、レミー・キルミスターが亡くなった。

闘病中であるとは報道されていたし、ライブも演奏途中で中止になったというライブがいくつもあったと言う事も報道されていたので、容態が良くないとは思っていたのだが、まさか亡くなるとは。この前アニマルが亡くなったばかりだったのに。

リッケンバッカーをかきむしる姿がカコいい。
Motorheadkilmistergetty

R.I.P Lemmy、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩手でまさかの山下達郎ライブ中止

現在PERFORMANCE 2015-2016と題した足掛け2年にわたるコンサートツアーを展開中の山下達郎、12/25(金)に盛岡市の岩手県民会館での公演で、喉の調子が悪くコンサートを中止というニュースが飛び込んできた。

その時のニュースがこれ、
山下達郎、コンサートを途中で中止 クリスマスの夜…喉不調
12/21(月)に中野サンプラザで見たライブでは、今までに例を見ないほど声が出ていて絶好調だったために、どうしたのかとびっくりするような心配するような、

その後いろいろ調べてみるとこんなサイトを見つけまして、細かく経緯が出てました。
クリスマスに新たな山下達郎伝説が生まれた!? 「Gの音が出ない」と開始90分後にライブを中止
このサイトによると、どうしても高音のGの声が出ずに、納得のいくパフォーマンスができないために、90分演奏した時点でコンサートを中止して再度振替公演を行うとのこと。
なんと90分も演奏してからコンサート中止にして、後日振替公演って凄いな。もっともコンサートは3時間半ぐらいやるから、とりあえず半分ぐらいやってみてやっぱり出ないので中止しますとのことか。彼らしいと言えばらしいけど。

で翌日の青森公演は問題なかったようで、こんな記事が
山下達郎 喉の不調から復活!青森で約3時間伸びやかな歌声
なんて人騒がせな(笑)。でも90分まで見れて後の振替公演見れるって、岩手のファンがちょっと羨ましいかも。当日はこんなことがあったのでなんて言って何かスペシャルなことを用意していくかもしれない、まして岩手は大滝さんの故郷だし。岩手までは行けないけど、なんか気になる(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STAR WARS フォースの覚醒@TOHO CINEMAS日劇

2015年12月26日(土)
STAR WARS フォースの覚醒
TOHO CINEMAS日劇

有楽町で「STAR WARS フォースの覚醒」観てきた。

Img_9589

待ちに待った公開だけに公開から一週間過ぎた今日でも劇場はほぼ満席。さすがにコスプレの人はいなかったけど。
でも内容はやっぱり面白いよねえ。ダレる所がなくてあっという間だった。それこそ息つく暇もないっていう感じ。そしてあんな終わり方で、どうしたって次回作に期待しないわけにはいかないような展開だし。それとやっぱりあのオープニングであのテーマが曲が流れてくると、一気にテンション上がる。

早く続きが観たいなあ。でもそも前にもう一回今度は3Dで観たいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都交通局「こうなるかも?」ポスター3連発

都営地下鉄でよく見かける「こうなるかも」シリーズのポスターが凄く良いんですよ、これが。

と言うことで、怒涛の3連発
Img_9496
あなたの荷物で… こうなるかも? とおれず

Img_9501
駆け込むと… こうなるかも? はさまる

Img_9582
ながら歩きで… こうなるかも? ぶつかる

このイラスト良いなあ。この苦痛に歪む表情がなんとも言えない。誰が描いてるんですかねえ。不謹慎ながら見ると笑ってしまう。
でも本当に電車に限らずこういたマナーは気をつけないと、知らない間についついやってしまっているというのは結構あると思うので。ちょっとした事で相手に迷惑かけてしまう事もあるし、その逆の場合もあるし。「他人の振り見て我が振り直せ」じゃないですけど気をつけたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山下達郎 PERFORMANCE 2015-2016@中野サンプラザ

2015年12月21日(月)
山下達郎 PERFORMANCE 2015-2016
中野サンプラザ

中野サンプラザでの、山下達郎のライブに行ってきた。

この日のために仕事のやりくりをして、なんとか比較的早く会場に到着して、本人確認もすんなりパスして会場入り。

入り口にはこんなパネルが飾られてました、
Img_9533
この写真は、昨年のまりやさんのライブの1曲目の「アンフィシアターの夜」を弾いてるときの写真だそうです。この前のサンソンで読者からの質問コーナーで言ってました。しかし凄いとこ見てるなあ。さすがサンソンリスナー恐るべし。

そして今回もいろいろとお花届いてまして、
入り口の達郎さんのパネルの隣にはもちろんサンデーソングブックからのお花が、
Img_9537

さらには著名人の方々からも、
Img_9544

さらには山中湖でおなじみのSPACESHOWER TVからも、
Img_9555

そして今年のクリスマスイブを使用したCMも流れてました、
Img_9556

そして会場に入って、これも毎度毎度ですけど客席の一番前まで行ってステージ見てきました。今回はステージセット結構いいですねえ。80年代を想わせるようなセットで良い感じです。夏だ!海だ!達郎だ!ってそこまではいきませんけど。

そして着席。開演までちょっと時間あったんですけど、達郎さんのライブの時は客入れの時にいつもオールデイズの曲が流れているので、それ聞くのも楽しみのなのです。

そしてほぼ定刻でいよいよライブスタート。選曲的には40周年的な選曲で、SUGAR BABEの曲も結構やりました。さらに定番の曲あり、一人アカペラあり、大瀧さんへのリスペクトあり、クラッカーあり。どの曲演ったかっていうのは、ネタバレになりますので省略しますが、時間にして約3時間20分、楽しい時間でした。本当はもっと行きたいんだけど、結構な数申し込んで当たったのはここだけだし、2016年の分は全滅だし。でも1回だけでも行けてよかった。まだ当分ライブはやると言っていたので、また次のツアーの時には行けたらいいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公開前なのに、劇場はSTAR WARS一色

昨日有楽町に「007 SPECTRE」を観に行きまして、そうしたら劇場はもうSTAR WARS一色になってました。

入り口の所にはいきなりこんなのとか、
Img_9463

会場ロビーでは、こんなでっかいポスター2点飾られてました、
Img_9480

Img_9476

さらにはこんなの展示されてたり、
Img_9471

こんなでっかいディスプレイとか、
Img_9475

あとグッズもいっぱい売ってましたねえ、
こんなのとか、
Img_9490

こんなのとか、
Img_9488

こんなのまで、
Img_9486

なんか凄いなあ。世界的に盛り上がってるのでしょうがないと言えばしょうがないのだが。さすがのジェームス・ボンドも、覚醒してしまったフォースには(正確にはまだ覚醒してないけど)勝てないと言う事か(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「007 SPECTRE」@TOHO CINEMAS日劇

2015年12月12日(土)
007 SPECTRE
TOHO CINEMAS日劇

有楽町で「007 SPECTRE」を観てきた。

Img_9454

前回のスカイフォールからさらにジェームスボンドの内面に入っていくような内容で、それでいて相変わらずのハラハラさせられるスリリングな展開で面白かった。時間の長さも感じさせず、何かあっという間に終わってしまった。

ダニエル・クレイグのジェームス・ボンドは良いなあ、もう大好き。ダニエル・クレイグになってからの作品は全部観てる。元々007シリーズはあんまり好きじゃなくて、ショーン・コネリーやロジャー・ムーアの頃の作品はほとんど知らないんですよ、実は。映画のテンポがあんまり好きになれなかったんですよねえ。ほとんどもぐりみたいなファンなので、昔のシーンのオマージュとか言われてもほとんどわかりません。まあ、それでも十分面白いんだけどね。

そしてエンドロールでは、James Bonds Will Return って出てたから次作もあるんだろうけど、ダニエル・クレイグは出るのか、それとも別の人がやるのか、どうなんでしょう。楽しみは楽しみですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「国盗り物語」全4巻読了

司馬遼太郎さんの「国盗り物語」全4巻読了しました。

Photo

この物語の前半は美濃の蝮なんて言われた斎藤道三が主人公で描かれ、後半が織田信長が主人公で描かれている。なかば強引とも言える手法で美濃一国を手に入れた斎藤道三は、やげて美濃の反勢力に滅ぼされ、織田信長は日本統一の志半ばで本能寺にて明智光秀によって討たれ、その明智光秀も急遽舞い戻ってきた豊臣秀吉によって滅ぼされるという、なんか因縁めいた関係です。そして何より斎藤道三が特に目をかけた若者が織田信長であり明智光秀、っして織田信長の配下で最も信頼されていたのが明智光秀だとという、なんか人間関係のいたずらも面白い。そしてこの後豊臣の時代が来て、秀吉の死後関ヶ原さらには大阪冬の陣、大阪夏の陣。ここで戦国時代の終焉ということになると思います。これ昔大河ドラマで放送されて、織田信長は高橋幸治さんだったような気がするが、よく覚えてない。

でもこれ読み応えあって面白かった。

ということでKindleはこちらから、

楽天koboはこちら、

「国盗り物語」「新史 太閤記」「関ヶ原」。司馬遼太郎の戦国末期3部作、この流れから行けば次は「太閤記」ということになるんだけど、どうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モネ展@東京都美術館

2015年9月19日(土)〜12月13日(日)
マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展
東京都美術館

東京都美術館で開催中のモネ展に行ってきた。

Img_9399

日曜日の午後3時頃ならそんなに混んでいないかと思ったのだが、ちょっと甘かったみたい。
Img_9402

だいたいこういう場合は、提示されて時間よりも多少早くなるもんですが、この日は20分よりもかかった気がする。そんな列がなかなか進まない中今回のポスターが貼られてまして、

Img_9404
今回の展覧会には4種類のポスターが。主催者側も力入ってますねえ。

そしてようやく会場に。
今回の展覧会、素晴らしい作品がたくさん展示されていて見応えのある作品が多かったんですけど、そんな中個人的に特に注目だったのが、最晩年の作品。いままでこれだけまとまって見たことなかったような気がする。それにしてもこれらの作品の迫力が凄い。画家の怨念というか情念というか執念というか、そんなようなものを感じます。特に「バラの小径 ジヴェルニー」、一見何が描かれてるのかよくわからなかったけど、じっくり見ると凄い迫力で絵に吸い込まれそうな感じです。

今回も満足満足と思ったら最後に何と田辺画伯の作品が展示されているじゃないですか。
Img_9429
モネ IN JAPAN

一見カールおじさんと見間違えてしまうほどの力作、いい具合に展覧会締めてくれたました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤平 伸の世界展

2015年8月8日(土)〜12月6日(日)
夢つむぐ人 藤平 伸の世界展
菊池寛実記念 智美術館

菊池寛実記念 智美術館に「夢つむぐ人 藤平伸の世界展」を観に行ってきた。最寄駅の六本木一丁目駅で改札を出ると何といきなり「ナナナ」がいるではありませんか、
Img_9369_2

気を取り直してようやく美術館到着。
Img_9371

建物も素敵
Img_9383
ただしこの美術館はこの建物じゃないんですけどね(笑)

そしていよいよ美術館の中へ。会場は地下にあって螺旋階段を降りていくという、その時点でかなり良い感じです。そしていよいよ作品を見ていくわけですが、藤平伸さんの作品を見るのは今回初めてなんですけど、形がとてもユニークで作品それ自体がかなり独特な感じを受けて面白い。壺一つにしても形がユニークで、言われるまでわからないような形のものもあったりして。
そんな中、太郎という少年をモチーフにした作品が可愛くて良い感じです。今回のチケットに使われていた「太郎の雪」という陶器の作品がとっても良い感じ。また同じタイトルのガラス絵の作品も良かった。さらには会場の入り口の所に地味に展示されていた」白童子」という作品も良かった。

ちなみに「太郎の雪」はこんな作品
1_sheet1

初めて見る藤平伸さんの作品は、なんかホッとするような心温まる作品で、見ていて楽しい展覧会でした。

そしてこの後昼食。今回はこんな定食です、
Img_9389
この量の割には安くて、結構美味しかった。

そして次の目的地上野での「モネ展」へと向かうのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京新聞@米倉涼子(冬バージョン)

家のポストに、東京新聞のチラシが入っていた。今回は冬バーションなんでしょうか。

今回はこんなのでした、
20151204

冬バーションが入ってくるともう師走。1年があっという間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の「浅草寺 歳の市」のポスター

毎年この時期になると楽しみにしているポスター、今年も見つけました。

それがこちら、ドーン!
Img_9499
浅草寺 歳の市

今年も良い感じですねえ。このポスターに描かれる女性は好きなんですよねえ。そしてバックの色調も薄緑系統で良い感じ。

ちなみに昨年のポスターをアップした記事はこちら
「浅草寺 歳の市」のポスター

こうして毎年楽しませてもらってるポスターですが、肝心の歳の市には今まで行ったことがない。昨年も今年こそはと思いつつ結局行かなかったしなあ。今年はトライしてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクドナルド 閉店ポスター

この前の土曜日、クラブチッタにANTHEMのライブを見に行った時に、ちょっと早く着いたのであの辺をプラプラしてると、こんなポスターを見つけた。

Img_9289

これはマクドナルドの閉店ポスター。ドナルドが後ろ向きでグッバイをしている。最初見た時はなかなか洒落てるなあと思ったけど、やっぱり何だか切ない。もっとも最近のマックはサラリーマンとか多くて、パソコンで仕事してたり、スマホ見て休憩してたりと、雰囲気変わってしまった。以前は子供の声や子供の笑顔がいっぱいあったのに。

やっぱりマクドナルドには、子供の笑い声と笑顔がいっぱいあったほうがいいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »