« モネ展@東京都美術館 | トップページ | 「007 SPECTRE」@TOHO CINEMAS日劇 »

「国盗り物語」全4巻読了

司馬遼太郎さんの「国盗り物語」全4巻読了しました。

Photo

この物語の前半は美濃の蝮なんて言われた斎藤道三が主人公で描かれ、後半が織田信長が主人公で描かれている。なかば強引とも言える手法で美濃一国を手に入れた斎藤道三は、やげて美濃の反勢力に滅ぼされ、織田信長は日本統一の志半ばで本能寺にて明智光秀によって討たれ、その明智光秀も急遽舞い戻ってきた豊臣秀吉によって滅ぼされるという、なんか因縁めいた関係です。そして何より斎藤道三が特に目をかけた若者が織田信長であり明智光秀、っして織田信長の配下で最も信頼されていたのが明智光秀だとという、なんか人間関係のいたずらも面白い。そしてこの後豊臣の時代が来て、秀吉の死後関ヶ原さらには大阪冬の陣、大阪夏の陣。ここで戦国時代の終焉ということになると思います。これ昔大河ドラマで放送されて、織田信長は高橋幸治さんだったような気がするが、よく覚えてない。

でもこれ読み応えあって面白かった。

ということでKindleはこちらから、

楽天koboはこちら、

「国盗り物語」「新史 太閤記」「関ヶ原」。司馬遼太郎の戦国末期3部作、この流れから行けば次は「太閤記」ということになるんだけど、どうでしょうか。

|

« モネ展@東京都美術館 | トップページ | 「007 SPECTRE」@TOHO CINEMAS日劇 »

座 読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「国盗り物語」全4巻読了:

« モネ展@東京都美術館 | トップページ | 「007 SPECTRE」@TOHO CINEMAS日劇 »