« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

週刊ポストに、河合奈保子さん ふたたび 

大反響アンコールということで、再び週刊ポストにて河合奈保子さん特集。

今回の巻頭ページはこちら、
Img_20151202_0002_2

今回は水着グラビア写真だけではなく、ライブの画像とかも載っていて良い感じ。そして今回で一番好きな画像はこれかな、
Img_20151202_0003_2

そして今回の週刊ポストの表紙がこちら、
Img_20151202_0001

相変わらずうるさい表紙だなあ。週刊ポストってロゴの上まで文字入ってるし。それから何と言っても、この表紙のどこにも河合奈保子って書かれてない。大反響アンコールなら入れとけっつーの。あやうく買い忘れるところだった(笑)。

前回の河合奈保子さんの記事はこちら→週刊ポストに、河合奈保子さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ANTHEM 30th ANNIVERSARY TOUR2015@CLUB CITTA

2015年11月28日(土)
ANTHEM 30th ANNIVERSARY TOUR2015
CLUB CITTA

クラブチッタでのANTHEM 30th ANNIVERSARY TOURに行ってきた。
Img_9302

Img_9310
仙台、札幌、福岡、広島、大阪、名古屋と続いた30th ANNIVERSARY TOURもこの日がファイナル。

17時開演ということで、16時45分に会場に着いてみるとなんとまだこの人だかり
Img_9297

そしてようやく会場に入れて、ドリンク注文して、一息ついたらすぐに客電が落ちライブスタート。15分ぐらい押してました。
最初にこれまでのオリジナルアルバムのジャケットが1stアルバムから順々に映し出されて、最新アルバムの「ABSOLUTE WORLD」の映像が終わったところで、「SHINE ON」でライブスタート。なお、今回のツアーは最新アルバムから順を追って各アルバムから数曲ずつプレイするという形です。そして再結成の最初のアルバム「SEVEN HILLS」から「RUNNING BLOOD」 をプレイして第一部終了。なんと今回のツアーは2部構成なんです。

10分間の休憩の後再び映像が流れて、BURRNの広瀬さん、ジョージ吾妻、クリス・タンガーリス、セーソクさんがANTHEMに対しての想いを語っていました。さらにこの映像では、今は亡き日清パワーステーションでの1992年のANTHEM ラストライブの映像も流れていました。懐かしい映像でしたねえ。

そしてこの映像が終わって第2部スタート。第2部は「DOMESTIC BOOTY」からのナンバー「VENOM STRIKE」でスタート。途中アコースチックコーナーをまじえて最後の「WARNINNG ACTION」まで、途中柴田さんのMCやかつての聖地 新宿ロフトを再現したりと、もう怒涛の展開。そしてアンコールではもちろんこの曲ということで「WILD ANTHEM」。もう盛り上がりは最高潮です。それにしてもバンドはもちろんスタッフもそしてオーディエンスも、すべての人たちが熱いライブだった。それと田丸のドラムが凄くて、すごいパワーだわ。3時間半にも及ぶライブは、もう完全燃焼で、それでいて凄く楽しいライブだった。

またこの日のセットリストはこちらから→セットリスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ELGOLAZO ジュビロ一面でした。

大分トリニータ戦の劇的勝利そしてJ1復帰の余韻に浸っていると、今日発売のELGOLAZOの表紙及び巻頭ページがジュビロ磐田でした。と言うことで早速購入、

まずは表紙です、ドーン!
20151125_2

表紙をめくると見開きで、ドーン!
201511252

勝てば持ち上げられ、負ければボロクソ。まあ結果が全てのプロの世界だから、それで良いと思います。来年もたくさん取り上げられて欲しいです(もちろん良い結果の方で)。

本当にJ1復帰おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュビロ磐田 大分に劇的勝利でJ1復帰!

ジュビロ磐田、大分トリニータに劇的勝利でJ1復帰です。

2015年11月23日(月)
大分トリニータ 1-2 ジュビロ磐田
大分銀行ドーム

12278764_1086554891379053_267407865

試合詳細はこちら→大分トリニータ×ジュビロ磐田

最初から動きが硬くて大分押し込まれて、大丈夫かと思ったけど、後半に1点先制してもう少しと思ったところで追いつかれて、去年のこともあるし今年もダメかと一瞬思ったけど、その直後に決勝点。選手もチームもたくましくなったという感じです。それにしても長かった。そしてここまで苦しむとは。J2はJ2でなかなかにタフな世界です。
これで来シーズンはJ1での戦いとなります。ただ冷静に見れば今の戦力ではJ1残留はかなり厳しいと思う。積極的に補強をして、残る選手もレベルアップをしていかないと。

ただそうは言っても、今しばらくはこの余韻に浸り気分です。ここまで長かったから。

そして最後に、みなさん良い笑顔ですね。
12294869_1086556084712267_530108813

Forza Jubilo!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度は週刊現代に、河合奈保子さん

この前週刊ポストに、河合奈保子さんのグラビアが出ていたと思ったら、今度は週刊現代に特集で出てました。相変わらずの人気です。そしてなんだかんだ言いながらやっぱり買ってしまうんだよねえ。ファンとはそんなもんですかねえ(笑)。

ということで今回のグラビア特集のトップページはこちら、
Scan009_2

さらにはこんなのとか、
Scan008_2

圧巻はこれですかねえ、
Scan007
白い線が入ってしまったが、まあご愛嬌ということで。

今回は今までに見たことあるのが半分ぐらい。でも初めて見るのもありました。活動休止してから17、18年ぐらい経つのに、人気は未だ衰えずと言ったところでしょうか。

それとこの前の週刊ポストの時のはこちら
週刊ポストに、河合奈保子さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュリアン・オビーの世界@GMO Gallery

2015年11月7日(土)ー11月8日(日)
Julian Opie Artworks from Kumagai Collection
熊谷コレクション オフィスとアートの新しい関係 ジュリアン・オビーの世界
GMO Gallery

GMO Internetという東証1部上場企業がありますが、その会社では社長である熊谷正寿氏の個人コレクションである、ジュリアン・オビーの作品が会社のいろんな場所に常時設置されているらしいです。もっとも設置されていると言っても、一般企業なので会社関係の方や取引のある方ぐらいしか見ることはできません。そんなジュリアン・オビーの作品を11/7(土)・8(日)の2日間に限り一般公開するというので早速行ってきました。なんと撮影OK。場所は渋谷のセルリアンタワーになります。

2階の受付で300円払ってエレベーターに乗り、エレベーター降りると入り口はこんな感じです、
Img_9130_2

この時点ですでにいい感じ。人様の会社ってなんかドキドキワクワクな感じがします(笑)。

見ていくと会議室に1点づつ作品が展示されていました。
ということで、順不同で
Img_9168
この作品好き

Img_9224

Img_9183

またオフィスに入ってすぐのところにはこんな感じで、
Img_9156
左側の作品は動画でした。

待機スペースにはこんな作品
Img_9222
この作品もすごく好き。さりげなく飾ってあるのが良いねえ。

通路の横にはこんな刺激的な作品が
Img_9232

さらにもう一方の通路にはこんな作品が
Img_9173

その通路を抜けるとリラックスできるようなスペースがあり、そこにも作品が展示されています
Img_9212

これが入るときに貰ったパンフ。右下に貼ってあるのは、会場にいる間胸部分に貼ってたワッペンです。
1_sheet1

すごく良い空間ですねえ。無理した感じが無くて自然な感じがしました。オフィスも綺麗だし、福利厚生にもかなり力を入れているようです。作品だけでなくいろいろ良いもの見せていただきました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年原幹恵カレンダー 11月・12月

早いものでもう11月になってしまいました。あと2ヶ月で今年も終りです。来月は師匠も走る師走です。
ということで2015年原幹恵ちゃんカレンダーも最後の1枚と成りました。
それがこれ、
1

最後に来てグッと色っぽいというか良い感じというか。これで年末乗り切れるかも。

そしてこちらも毎度お馴染みの付録でついてるポスター。CDで言う所のボーナストラックみたいなもんでしょうかね。
Mikietann2

こちらもなかなか良い感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュビロ磐田、東京ヴェルディに勝利で2位キープ

ジュビロ磐田、アウエーで東京ヴェルディに勝利、しかも一人少ない10人で。

2015年11月1日(日)
東京ヴェルディ 0-3 ジュビロ磐田
味の素スタジアム

ということで今年最後の関東アウエー、味の素スタジアム行ってきました。
Img_0102_2

試合前から盛り上がるアウエーのゴール裏
Img_0104

スタジアムの脇にはカートのレースやってました。なかなか激しいバトルが。
Img_0115

今日は多摩市サンクスマッチ、
Img_0124

そうこうしてるうちに試合開始です、今日のスタメン
151101_01

試合開始からなんか動きが硬いというか、ボールに対しても、相手に対してもガツガツ行くところもなく、ヴェルディの方がグランド大きく使って自分たちのサッカーしてる印象でした。そんなに慎重になる相手でもないと思ってたら、案の定前半24分にキーパーが飛びだして、空いたゴールにディフェンスに入った森下俊の腕にボールが当たり、これで一発退場。この時間から一人少ない10人で戦うことに。もっともこの時のPKはカミンスキーが止めてなんとか無失点。そしてこの時に森下退場の関係で、太田に代わって藤田投入。さらにはなぜか前半41分にはジェイに変わって森島投入。ますます得点の匂いがしなくなってきた。こんな感じで前半は0-0で終了。
後半になってようやくエンジンかかってきた感じで、後半4分に川辺のゴールで先制、そのあと16分、24分とたて続けにアダイウトンがゴールを決めて、あとは森島のゴールだけだったんですけど、何度もチャンスはあったのに、結局ノーゴール。
終わってみれば前半途中から1人少ない10人で戦って、アウエイゲームで0-3の完封勝利なので、良かったかなあという感じです。

試合後ゴール裏での挨拶
Img_0148

これで2位キープ。福岡も負けないけど、このまま残り3戦全部勝てば、相手関係なく昇格なので頑張ってもらいましょう。

16時からのゲームだったので終わった頃にはお腹が空きまして、帰宅途中に乗り換え駅の神保町で途中下車して食事。
Img_0156
ヘルシーな感じで、ジュビロも勝ったのでおししくいただきました。

それと今日の試合詳細はこちら→東京ヴェルディ×ジュビロ磐田

ジェイの怪我、大したことなければ良いんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュージーランド 連覇達成!

イングランドで開催されていたラグビーW杯ですが、ニュージーランドがオーストラリアを34-17で下して、前回大会に続いて2大会連続3回目の優勝です。因みにラグビーW杯での連覇は初めてで、3回目の優勝は最多優勝とのことです。またニュージーランドは過去2度の優勝はいずれも自国開催だったため、自国以外で開催のW杯では初めての優勝とのことです。

それにして凄い試合だったなあ。前半はニュージーランドが押していて、でもトライが取れないといった状態だったんですけど、その矢先に見事なトライ。あんスピードに乗ったフォワード、バックス一体になっての見事なトライ、そしてカーターの正確なキック。前半をリードして終えたニュージーランドが後半も早い時間帯でノヌーはトライを挙げて一気にニュージーランドペースでいくのかと思いきや、FBベン・スミスのシンビンによる10分間の退場で、一人多いオーストラリアがトライを重ねて形勢逆転かと思いきや、ここでまさかのダン・カーターのドロップゴール。南アフリカ戦の時もドロップゴールにびっくりしたのに、決勝のあの場面でまさか決めてくるとは。その後センターラインあたりからのペナルティゴールも決めてたし、ダンカーター凄過ぎです。そしてその後もトライを重ねて結局34-17でオーストラリアを下して、史上初の連覇&最多優勝達成です。

歓喜の雄叫び
2015110100000011jijp0003view

世界ランク1位と2位のそして隣国同士の宿命の対決による決勝戦は凄い試合でした。80分があっという間に過ぎていった。

それからもう一つラグビーの面白さは審判。いかに試合をスムーズに進行させるかがラグビーの審判の面白さ。ラックでボールが出なければ、ボールを出すように指示したり、オフサイドになりそうな選手がいたら、その選手の動きを止めさせたり、疑問のシーンがあればテレビマッチオフィシャルと話をしながらビデオを見てジャッジしたりと、こういうのも見ていて面白い一因だと思う。

そして次回の2019年大会はいよいよ日本での開催。ラグビー強国と言われる国以外では初めての開催。そうは言っても今回は南アフリカに勝ち、残念ながらベスト8には残れなかったけども、3勝1敗という成績を残したし、このいい感じを持続しつつ、2019年良い大会にしてもらいたい。開催国が頑張れば、その大会は自ずと盛り上がっっていくと思いますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »