« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

巨人軍監督に高橋由伸‼︎

巨人軍第18代監督に高橋由伸監督決まりました。兼任はしないということなので、これで同時に現役引退ということになります。

ヤクルトに敗れてクライマックスシリーズ敗退が決まって、ほぼその場で原監督の退任声明みたいのがあって、その後の報道では江川監督とか川相監督とかいろいろ報道されてきましたけど、最後はまさかの高橋由伸監督という、いや〜びっくりです。

少し前に発表があって、昨日正式に記者会見したみたいで今日のスポーツ新聞一面は高橋由伸監督でした。日本シリーズのちょうど谷間だったので、タイミング的もバッチリです。
20151027

これで来季のセ・リーグの監督は全員が40代で、高橋新監督は最年少です。それにしても巨人も思い切ったことするよねえ、でもこういう大きく変わらなければならない時にはいいかもしれない。V10を逃した翌年から長島新監督になったみたいに。あのとき長島監督39歳だから、今回の高橋新監督より若いんだなあ。コーチも刷新されて若返るみたいだし、いずれにしても来季の巨人は期待大です。

でも1年ぐらい監督兼任にして、代打俺とかやってほしかった気もするけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vol.32「PROMISEDLAND@浜田省吾」

今回の切り抜きはこちら、ドーン!
19821121
「PROMISEDLAND〜約束の地」浜田省吾

これは1982年11月21日に発売された、浜田省吾8枚目のオリジナルアルバム「PROMISEDLAND〜約束の地」の雑誌広告の切り抜きです。この大きさからいってFMレコパルかもしれない。当時はFMレコパルよく買ってたので。

浜田省吾はカップヌードルのCMソングだった「風を感じて」で好きになり、それ以来今に至るまでよく聞いてます。
そんなファンになってしまった「風を感じて」はこちら
Sheet2
「風を感じて」

ということで、ファンになったのは中学生の時で、このアルバムが発売されたのが高校生の時です。このレコード当時買いましたねえ。その前の「Home Bound」や「愛の世代の前に」はレンタルレコードで借りてきて。カセットテープに録音して聞いてたんですけど、これは買いました。高校生の時はLPなんて高くてなかなか買えなかったのに、よく買ったなあ。ましてこのレコードと同じ時期に山下達郎の「 Melodies」も買った気がするんだよなあ。

そしてこのアルバム良いですよ。今聞いても良い。当時はまだ若かったからそれこそ気合が充満していて、だいぶ肩に力入ってましたけど、聞いてるこっちも若かったし、ガツガツ聞いてか思い出があります。

そんな浜田省吾は今でも活躍していて、ファンとしては嬉しいです。最近発売した「Journey of a Songwriter」も良かったし。こちらは適度に肩の力が抜けて、良い仕上がりになってます。

それにしてもよくこんな切り抜き持ってるよなあ、と我ながら感心したりして。さすがに年月が経っているので黄ばんでますけど、当時は綺麗だったんだよ。まあ良いものはどんなに時代が変わっても良いということですかね。

それから、以前にアップしました浜田省吾関係はこちら、
・浜田省吾「MY FIRST LOVE」
・浜田省吾@横浜アリーナ
・浜田省吾ライブスペシャル“僕と彼女と週末に”
・「Journey of a Songwriter」浜田省吾

還暦過ぎて今でもカッコ良いねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

METORO MIN.11

駅に置いてあるフリーペーパーラックから、1冊もらってきた。
それがこれ、
20151020
METRO MIN.11

内容的には、グルメとかファッションとか映画とかそういった情報を載せているよくあるタイプの雑誌ですが、なんかこの絵がとっても印象的で、表紙につられて1冊もらってきてしまった。まさにジャケ買いならぬジャケもらい。こういうタッチのイラストは結構好きなんだよなあ。

さらに中の特集ページのトップページは見開きでこうです、
Metoro_edited1

このイラスト良いなあ。描いてるの誰なんだろうか、クレジット入ってないみたいなんだよなあ。またどこかで出会えれば良いんですけどねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vol.31「吉瀬美智子さん@サークルKサンクス(お歳暮)」

またもやサンクスでこんなものを見つけて、そしてもらってきた。

20151005_2

毎度申し上げておりますが、わたくしお中元やお歳暮といった類の付け届けはしない主義です。でもこの時期になると必ずこのカタログもらってきてしまう。ファンとしての悲しい性です。それにしても相変わらず美しいですなあ。

それから、以前アップした吉瀬美智子様はこちら
・Vol.17「吉瀬美智子さん@サークルKサンクス」
・Vol.26「吉瀬美智子さん@サークルKサンクス(お中元)」

出来ることならご本人様から頂きたい。な〜んてそんな訳ないか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vol.30「大江戸リビング(2010年春号)」

今回の切り抜きはこれ、
Sheet1_5
大江戸リビング(2010年春号)

大江戸リビングって名前だとどんな冊子かわかりにくいかもしれませんが、都営大江戸線沿線のいわゆるお得な情報が載ってるやつです。よくある駅に置いてある沿線情報誌です。なんでこんなのもらってきたかといえば、それはやっぱり表紙のイラストが素晴らしいので。ふくろう好きな私としてはこういうの見かけるとつい手に取ってしまうんですよねえ。肝心の中身はあんまり見ないんですけど。それと駅に置いてあるフリーペーパーって結構面白いのありますよ。ほとんど表紙見て中身見ないでもらってくるパターンが多いですけど。

この前アップした「TOKYO METRO NEWS 2015年10月号」もそんな感じです。ほとんどレコードのジャケ買いと同じ感覚ですかねえ。もっともこっちはお金かかりませんので、気軽にできます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビーW杯 日本代表 ベスト8進出ならず(残念)

イングランドで行われているラグビーW杯、日本代表は予選リーグ最終戦のアメリカ代表にも勝ち、3勝1敗勝点12で予選リーグの日程を終了。がしかし目標としていたベスト8に進むことはできなかった。もっともアメリカ戦の前には、たとえ勝ってもスコットランド代表を勝点で上回れないという事は分かっていたのですが。ちなみに予選リーグで3勝しながら決勝トーナメントに行けなかったというのは、史上初めての事だそうです。

やっぱり第2戦のスコットランド戦が大きかった。なんであれ南アフリカ戦から中3日しかなかったんだろうか。南アフリカとあれだけの戦いをして中3日で体調戻るわけないし、ましてスコットランドは初戦というこの辺なんとかならなかったのかと思います。そしてその次のサモア戦までは1週間以上空いてたりして、試合と試合の間が中何日で行われるという決まりがあれば、もう少し違ってきたと思いますけどねえ。

という事で今回のラグビーW杯の結果です、
第1戦 日本代表 34×32 南アフリカ代表
第2戦 日本代表 10×45 スコットランド代表
第3戦 日本代表 26×5 サモア代表
第4戦 日本代表 28×18 アメリカ代表
勝点12

こうして結果見てみると、今まで1勝しかした事ないのに、今大会だけで3勝してる。ましてあの南アフリカ代表に勝ってるというまさしく大躍進です。だからこそ決勝トーナメント行って欲しかったけど。

そして2019年に開催される次回のW杯は日本開催、どんな戦いをしてくれるのか今から楽しみです。次のW杯では、是非決勝トーナメント行ってもらいたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOKYO METRO NEWS 2015年10月号

ちょっと前に、営団地下鉄の東西線「東陽町駅」でこんなフリーペーパーをゲットしてしまった。

それがこれ、
Sheet1_6
「TOKYO METRO NEWS 2015年10月号」

あまりに鋭い表情に、フクロウ好きな私としては即刻ゲットです。でまあなんでこんな表紙なのかと思って中を見てみると今回の特集は池袋なのです。まあ池袋といえばやっぱりフクロウということなんでしょうか。もっとも表紙のキャッチコピーが「いけ、ふくろう。」ですから。

そしてこの冊子のサイズがA-4の縦半分という、妙に細長いサイズです。ただしこの冊子の特徴がもう一つあって、表表紙と裏表紙とで一枚の作品になっているんです。

ということで、表紙を広げてみるとこんな感じ、
Sheet1_7

なんともイイ感じです。

そういえば以前この冊子で杉浦非水さんの地下鉄のイラスト使ってる号があってアップしたことあります。それがこれ→Vol.22「TOKYO METORO NEWS 2007年12月号」

これはこれで、なかなかイイねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »