« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

風街レジェンド2015

2015年8月22日(土)
松本隆作詞活動45周年記念オフィシャル・プロジェクト
風街レジェンド2015
東京国際フォーラムホールA

松本隆の作詞活動45周年を記念しての特別ライブ「風街レジェンド2015」に行ってきた。

Img_8784
8月21日、22日と開催されましたけど、私が行ったのは8月22日。

さすがに作詞活動45周年ということで、各界からお花が、
NHK「SONGS」から
Img_8788

またはニッポン放送からとか
Img_8791

そして何とあがた森魚からも
Img_8795

その他にもたくさんのお花が届いてました。

そしてそうこうしてるうちにいよいよ開演です。

ライブのスタートは、3人のはっぴえんどによる「夏なんです」。ボーカルはもちろん細野さん。さらに、「花いちもんめ」そして佐野元春をボーカルに迎えての「はいからはくち」。大滝さんがいないのは残念ですけど、でもものメンツで聞くとグッとくるねえ。そしてここではっぴえんどは下がって、壮大な歌謡ショーの始まりです。
トップバッターは太田裕美の「木綿のハンカチーフ」。いやはやまさかこの曲がライブで聴けるとは。そのあと原田真二が登場。これも懐かしいなあ。デビュー当時は人気凄かった。下火になるのも早かったけど。そのあと大橋純子、石川ひとみ、そして「東京ららばい」。中原理恵登場かと思ったら、しょこたんでした。そして「セクシャルバイオレットNO.1」は息子が歌ってました。
そしてイモ欽トリオ登場。曲はもちろん「ハイスクールララバイ」。しかしこの曲松本隆/細野晴臣というゴールデンコンビによる曲なんですねえ。当時はそんなこと知る由もなかった。それとこの曲はカラオケなのでバックのメンバーも小休止。
続いて山下久美子「赤道小町ドキッ」。個人的には一番の盛り上がりだったかも。さらには早見優、続いて安田成美の「風の谷のナウシカ」。ようやく陽の目を見た感じがします(ちなみに安田成美は、8月22日のみの出演)。そして松本隆解釈によろシューベルツが2曲、そしてここから大滝さんコーナーということで、伊藤銀次、杉真理による「君は天然色」、さらにこの2人に佐野元春を加えて「A面で恋をして」、さらに稲垣潤一「バチェラー・ガール」と「恋するカレン」。
続いて南佳孝「スローなブギにしてくれ(I want you)」。これも懐かしい。この歌好きなんですよ。ここで鈴木茂が登場して、2人による「ソバカスのある少女」。いやあ〜凄いねえ。もっともバックで林立夫ドラム叩いてたし、細野さんも会場にいたし、これで松任谷正隆がいればなんてね。そしてそのままで流れで鈴木茂の「砂の女」。相変わらずのハイトーン、もっともこの曲最初にキーを決めてしまって、なんとか歌ったということを、その昔新春放談で大滝さんが言ってました。ちなみに山下達郎がカバーすると「冗談は顔だけに」なんて歌詞変えることもある。達郎さんもお気に入りです。さらには小坂忠登場。相変わらず渋くてかっこいいねえ。まあ最初ははっぴいえんどのボーカル小坂忠だったんですよねえ。もしそうなっていたら今どうなっていたのか、興味深いところです。続いて吉田美奈子登場。相変わらずの素晴らしいボーカルで、かっこいいです。そしてここでメンバー紹介。この時のBGMは「カナリア諸島にて」と「スピーチバルーン」。
メンバー紹介の後は、再びしょこたん登場。今回は自分の持ち歌です。さらに斎藤由貴の「卒業」。この曲のイントロ聞くと懐かしさがこみ上げてくるなあ、また歌詞もいいよね。そしてEPOがなぜか「September」を歌って、再び太田裕美が登場して「さらばシベリア鉄道」。やっぱりこの曲はやらないと。そしてこの日だけ出演の水谷豊「やさしさ紙芝居」、そしてあの大ヒット曲寺尾聰の「ルビーの指環」。この曲のイントロ聞くと当時を思い出すなあ。当時高校生でした。そしてここで本編終了です。
アンコールは、再び3人のはっぴいえんどによる「驟雨の街」、さらには出演者全員による「風をあつめて」でライブ終了。さらにこの後サプライズで、ユーミンが花束を持ってステージに登場。松本隆のことを戦友と評していました。またライブの途中では、8月21日のみに出演した鈴木雅之と矢野顕子からビデオメッセージが届けられたりと、まさに盛りだくさんのライブでした。ということで、当初3時間予定と言っていたこのライブですが、終わってみれば夜9時。夕方5時から始まったので、1時間押しての4時間のライブと成りました。でも全然そんなに長く感じなかったし、良い楽しいライブでした。

ということでこの日のセットリストです、
1.「夏なんです」/松本隆、細野晴臣、鈴木茂(はっぴいえんど)
2.「花いちもんめ」/松本隆、細野晴臣、鈴木茂(はっぴいえんど)
3.「はいからはくち」/松本隆、細野晴臣、鈴木茂、佐野元春(はっぴいえんど)
4.「木綿のハンカチーフ」/太田裕美
5.「てぃーんずぶるーす」/原田真二
6.「タイム・トラベル」/原田真二
7.「シンプル・ラブ」/大橋純子
8.「ペイパームーン」/大橋純子
9.「三枚の写真」/石川ひとみ
10.「東京ららばい」/中川翔子
11.「セクシャルバイオレットNo.1」/美勇士
12.「ハイスクールララバイ」/イモ欽トリオ
13.「赤道小町ドキッ」/山下久美子
14.「誘惑光線・クラッ!」/早見優
15.「風の谷のナウシカ」/安田成美
16.「菩提樹」/鈴木准、河野紘子(フランツ・シューベルト)
17.「辻音楽師」/鈴木准、河野紘子(フランツ・シューベルト)
18.「君は天然色」/伊藤銀次、杉真理(大滝詠一)
19.「A面で恋をして」/伊藤銀次、杉真理、佐野元春(NIAGARA TRIANGLE vol.2)
20.「バチェラー・ガール」/稲垣潤一
21.「恋するカレン」/稲垣潤一(大滝詠一)
22.「スローなブギにしてくれ(I want you)」/南佳孝
23.「ソバカスのある少女」/鈴木茂、南佳孝
24.「砂の女」/鈴木茂
25.「しらけちまうぜ」/小坂忠
26.「流星都市」/小坂忠
27.「Woman“Wの悲劇”より」/吉田美奈子
28.「ガラスの林檎」/吉田美奈子
29.「バンド紹介(スピーチバルーン、カナリア諸島にて)」/風街ばんど(大瀧詠一)
30.「綺麗ア・ラ・モード」/中川翔子
31.「卒業」/斉藤由貴
32.「September」/EPO(竹内まりや)
33.「さらばシベリア鉄道」/太田裕美
34.「やさしさ紙芝居」/水谷豊
35.「ルビーの指環」/寺尾聰
アンコール
EN.1「驟雨の街」/松本隆、細野晴臣、鈴木茂
EN.2「風をあつめて」/松本隆、細野晴臣、鈴木茂+全員(はっぴいえんど)

あらためてこうして見てみると、いろんなタイプの曲に詞を提供してるんですねえ。70年代は、松本隆・筒美京平コンビでヒット連発してるし、80年代以降は大滝さん、細野さん、ユーミンといった人たちと組んでるし、あと年代は関係なく各シンガーの人たちと組んだりしてる。そして何といってもこの日に披露された曲以外に、数々の松田聖子の大ヒットナンバーがあるんだから、それはそれは凄まじい。

そしてコンサート終演後です、
Img_8800

まさに祭りの後ていう感じでしょうか。5年後の50周年の時にまたやるのかなあ。期待しないで待つのがいいかもしれないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vol.29「GENE SIMMONS(KISS)@ビッグコミック」

今回いろいろ整理してたら、こんな切り抜きが出てきた、
20131010
ビッグコミック2013年10月10日号

かつては、「ビッグコミック」と「ぴあ」というのが、表紙で人物を描く雑誌の双璧でした。もっともぴあは途中からイラストのレベルが落ちてきて、時代の流れとともに廃刊になってしまいました。ということでこの手の雑誌はもうビックコミックしか残って無いような気がします。ビックコミックは相変わらずいいテイストで好きなんです。このジーン・シモンズもいい感じ。

また、この時の来日公演は、関東では幕張メッセと日本武道館でした。スパイダーセットを持ち込んで凄いライブだった。ちなみに私が行ったのは幕張メッセです。MCではチバを連発してました。幕張は東京じゃなくて千葉、その辺の外タレアーチストとは違うんだぞということでしょうか、その辺でも格の違いを見せつけてました。

Img_4489
ステージセットにも「LOVES YOU CHIBA」の文字が。

そんなKISSも今年でデビュー40周年。ヤングミュージックショーで初めてライブ見たときは衝撃だった。何よりあの時代ですでにあれだけのライブを行っていたというのが何とも凄い。まさにKISSのライブはいつ見ても、最高のロックンロールパーティですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »