« 田植え終了です。 | トップページ | 大阪万博デザインプロジェクト »

片岡球子展

2015年4月7日(火)〜5月17火(日)
生誕110年 片岡球子展
東京国立近代美術館

久々に竹橋の東京国立近代美術館へ行ってきた。今回のお目当てはこちら、

Img_8245
生誕110年 片岡球子展

今回は初期作品から晩年の作品まで、ほぼすべての時代を網羅した展覧会です。
個性との闘いと題された初期作品。この時代はいわゆる往年の球子さんワールドはまだ見れませんが、そんな中で「枇杷」と「炬燵」という作品は印象的な作品です。特に「炬燵」は炬燵で編み物をする母親と、その傍らで読書をする娘さんの雰囲気がよく出ていて素晴らしい。

そしてさらに見ていくと、球子さんの転機となった作品とされている「カンナ」が展示されています。この作品凄いね、解説では、この作品で球子が爆発したと書いてありましたけど、まさにその通りでこの色彩感覚や構図は凄いな。爆発なんて生易しいものじゃない気がする。そしてここからマグマが噴き出すかのように一気に行きます。赤富士や浅間山シリーズや人物を描いた面構シリーズ、そして80歳を過ぎてから取り組んだ裸婦画、さらには膨大なスケッチブックの数々。いやー、凄まじいばかりの球子先生パワーでした。

でももっと凄いのは、生誕110年と言いながら没後まだ7年しか経っていないというのが一番凄いことかもしれないなあ。大満足な展覧会でした。

|

« 田植え終了です。 | トップページ | 大阪万博デザインプロジェクト »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片岡球子展:

« 田植え終了です。 | トップページ | 大阪万博デザインプロジェクト »