« クロワッサンたい焼 | トップページ | チラシ.4「落語研究会全集(DVD)」古今亭志ん朝師匠 »

志の輔らくご in Parco 2015 その続き

1月12日に「志の輔らくご in Parco 2015」を書きまして、ただその時は1ヶ月公演のまだ半分も終わっていなかったので、ネタばれになるので内容に関しては書きませんでした。ただそんな1ヶ月公演も今日で終わりなので、「志の輔らくご in Parco 2015」の続きです。

ロビーをウロウロしていると、いよいよ開演。いつものようにお囃子がなっていつものようかと思ったら、いつもは最後の三本締めに登場する豪華メンバーによるお囃子でした。なんとも豪華な始まりです。
そして第一席目は「スマチュウ」。今や日常生活に欠かせないスマホをテーマにした新作です。これ面白いです。話には入る前のマクラも面白かったし、最初の第一席目の噺としては良い感じのお噺でした。でも実際スマホって完全に生活の一部になってしまってますねえ、スマホに操られてるというのは、あながち笑えない話でもあります。

そして二席目が「三方一両損」。こちらは有名な古典落語。でもこの噺を志の輔師匠で聞くのは初めてかもしれない。というか、そもそもこの噺を落語会で聞くのが初めてかもしれない。そういえばこの噺のマクラで3月に開通する北陸新幹線の噺をしてましたけど、その時に急行「能登」の噺をしてました。志の輔師匠が大学受験の時だったそうです。実は私もこの「能登」乗ったことあるんです。金沢にある21世紀美術館に行くときに、上野から金沢まで乗りました。結構きつかったなあ。金沢で降りる時には体痛かったのを覚えてます。

ここで15分の仲入りです。そして第三席目は「先用後利」。これは富山の薬売りをテーマにしての新作落語です。富山の薬売りは有名です。私も知ってるぐらいです。ただどうして富山で薬売りが有名なんだというと、よくわかりません。そんな疑問に答えてくれるのがこの「先用後利」という訳でもありません。わかったようなわからないような。でも噺としては面白い。特に最後部分は大爆笑。それにしても毎度毎度思うけど、志の輔師匠の新作落語はレベルが高い。また1ヶ月公演になって10回目という節目のトリの噺で、新作をもってくるというのも凄い。

ということで三席おわって、こちらも毎年恒例の豪華メンバーによる三本締めで恙無く今回も無事終了しました。そしてエンディングテーマはこれまたおなじみのスターダストレビューの「シュガーなお年頃」。そういえば去年のエンディングテーマは「君は天然色」でした。

ということで今回のお題です、
Img_6185_2

そして出口では、富山の薬売りがお見送りです、
Img_6180_2

そう言えば去年はムズムズくんがお見送りだった、
Img_4932_2

今年も志の輔落語堪能しました。来年も是非見たいですね。

それから今まで見た「志の輔らくご in PARC」はこちらから、
・志の輔らくご in PARCO Vol.10 ~其の四~
・志の輔らくご in PARCO 2007
・志の輔らくご in PARCO 2010
・志の輔らくご in PARCO 2011
・志の輔らくご in PARCO 2012
・志の輔らくご in PARCO 2013
・志の輔らくご in PARCO 2014

|

« クロワッサンたい焼 | トップページ | チラシ.4「落語研究会全集(DVD)」古今亭志ん朝師匠 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志の輔らくご in Parco 2015 その続き:

« クロワッサンたい焼 | トップページ | チラシ.4「落語研究会全集(DVD)」古今亭志ん朝師匠 »