« ウルトラマン スタンプラリー その1 | トップページ | 「17th DOMANI・明日展」 »

「世に棲む日日」2巻まで読了

昨年の年末から読み始めた司馬遼太郎の「世に棲む日日」。今日2巻まで読了した。

1巻から2巻の真ん中ぐらいまでは、吉田松陰の話が中心で、2巻の真ん中ぐらいでいわゆる「安政の大獄」で吉田松陰が処刑されて、話は高杉晋作が中心になっていきます。

2巻の後半は高杉晋作が幕末の激流の中に身を投じていく、その足がかりみたいな感じで、いよいよ面白くなってきた感じです。時代も風雲急を告げてきたし。

3巻以降は、「動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し」と言われた高杉晋作の本領発揮となっていくはず。

以前読んだときは1巻読み終わる前に頓挫してしまったんですけど、今回は4巻すべて読了できそうな感じです。そんなこんなで3巻以降も楽しみなんです。

1kan_3
「世に棲む日日」〈1巻〉司馬遼太郎 (文春文庫)

2kan_3
「世に棲む日日」〈2巻〉司馬遼太郎 (文春文庫)

|

« ウルトラマン スタンプラリー その1 | トップページ | 「17th DOMANI・明日展」 »

座 読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「世に棲む日日」2巻まで読了:

« ウルトラマン スタンプラリー その1 | トップページ | 「17th DOMANI・明日展」 »