« ビートたけし「宝島1984年4月号」 | トップページ | 永井龍雲LIVE2014 〜旅、ふたたびの東京〜 »

萩原健一「宝島1984年5月号」

前回のビートたけしに続いて、今回も宝島の表紙から、

19840501

ショーケンこと萩原健一が表紙を飾っております。若いなあ、って当たり前だよ約30年前だもの。でもショーケン、カッコ良いなあ。個人的にはやっぱり「太陽にほえろ」とか「傷だらけの天使」とか「前略おふくろ様」とかもうど真ん中って感じです。ただ、これを買った目的はショーケンよりも、大滝さんの特集目当てだったんだと思う。この年の3/21に最後のスタジオアルバム「EACH TIME」が発売されて、その特集記事が出てたんですよ。それにしても30年前にして、最後のスタジオアルバムと言う所が、大滝師匠らしいです。

|

« ビートたけし「宝島1984年4月号」 | トップページ | 永井龍雲LIVE2014 〜旅、ふたたびの東京〜 »

雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萩原健一「宝島1984年5月号」:

« ビートたけし「宝島1984年4月号」 | トップページ | 永井龍雲LIVE2014 〜旅、ふたたびの東京〜 »