« 久々に東京都写真美術館 | トップページ | 福田美蘭展 »

志の輔らくご in ACT「アンコール ACT版 中村仲蔵」@赤坂ACTシアター

2013年9月21日(土)
志の輔らくご in ACT「アンコール ACT版 中村仲蔵」
赤坂ACTシアター

赤坂ACTシアターでの、志の輔らくご in ACT「アンコール ACT版 中村仲蔵」を観てきた。これは去年同会場で行われた「ACT版 中村仲蔵」の再演。もっとも再演よりも響きが良いということで、アンコールだそうです。もっとも去年観に行けなかったので、私としては初めてのACTシアターです。

Img_4355_2

会場にはこんな幟が、
Img_4353

相変わらずお花もたくさん届いていまして、

阿川佐和子さんから、
Img_4356_2

はたまた「ためしてガッテン」からも、
Img_4365

来年もやりますPARCO公演ということで、PARCO劇場からも
Img_4367

そしてリーダーからも、
Img_4362

そして会場入り口には、こんなものが
Img_4369

休憩込みで2時間半じゃ終わらないだろうなあ、と思いつつ会場へ。そしていよいよ開演です。

前半は、落語ではなく「仮名手本忠臣蔵」全段の簡単なあらすじの説明です。そう言えば夏に本多劇場に観に行った「牡丹灯籠」も、前半は「牡丹灯籠」の前半部分のあらすじの説明でした。今回もほぼそのパターン。もっとも「中村仲蔵」は仮名手本忠臣蔵の五段目の噺なので、そこだけ押さえていても良いんですけど、やっぱり全段の内容を簡単なあらすじだけでも知っておくと、知り方も深いものになります。特に四段目まではそうですね。ということで、志の輔流の全段のあらすじの説明が終わったところで、前半の終了。ここで15分間の休憩です。

休憩明けて、後半からいよいよ「中村仲蔵」に入ります。血縁のない中村仲蔵が、名代になって初めての役が、五段目の斧定九郎たった一役。完全な嫌がらせ。ただそこで仲蔵が一念発起して、これまでの定九郎とは全く違う貞九郎を演じる、と言った内容です。仲蔵が演じるまでは、四段目と六段目に挟まれて、ある意味どうでもいい間つなぎ的な段で、お昼頃に演じられることから、弁当幕なんて言われてたようです。
志の輔師匠で、「中村仲蔵」を初めて聴いたのは数年前のパルコ公演でした。その時の「中村仲蔵」が強烈に残っていて、この噺は志の輔師匠で聴いた落語では「徂徠豆腐」と匹敵するくらい大好きなんです。そば屋での浪人との出会いのシーンや演じていて決めの部分で水を打ったように静まり返るシーン、そして上方に向かう途中で、街中で耳にする客の本当の評価と聴きどころ満載で、何回聴いても良いです。

そして聴き終わってみると、3時間越えで午後6時を回ってました。でも毎度毎度思うけど、時間の長さは全く感じない。むしろ短いくらい。志の輔らくご満喫で御座いました。

そして今年は、1月のパルコ公演、7月の本多劇場公演、そして今回の赤坂ACTシアターと、私の中での志の輔師匠3大落語会制覇というめでたい年でもありました。

ということで、パルコ公演、本多劇場公演の様子はこちら、
・志の輔らくご in PARCO 2013
・志の輔らくご in 下北沢「恒例 牡丹灯籠」@本多劇場

|

« 久々に東京都写真美術館 | トップページ | 福田美蘭展 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志の輔らくご in ACT「アンコール ACT版 中村仲蔵」@赤坂ACTシアター:

» 落語1『志の輔らくごinACT』赤坂ACTシアター(D18... [超おすすめ+カルト☆特撮/映画/演劇/TVドラ...]
落語1『志の輔らくごinACTアンコール!』赤坂ACTシアター(D18)2013年9月21日(土)15時 昨年の「中村仲蔵」の再演!大満足!「仮名手本忠臣蔵」解説付き、怒涛の3時間5分!昨年の再演。前... [続きを読む]

受信: 2013年10月13日 (日) 19時30分

« 久々に東京都写真美術館 | トップページ | 福田美蘭展 »