« 「河合奈保子 東欧でコンサート」 | トップページ | Ozzfest Japan2013 DAY2 »

アーウィン・ブルーメンフェルド展

2013年3月5日(火)〜5月6日(月)
アーウィン・ブルーメンフェルド 美の秘密
東京都写真美術館

東京都写真美術館で開催中の「アーウィン・ブルーメンフェルド 美の秘密展」を観てきた。

Img_3990

まず会場に入って驚いたのが、展示されているヴィンテーギプリントの素晴らしいこと。1940年代から1960年代にかけての作品を、あそこまで鮮やかに再現出来るのか。これは素晴らしいというかもう驚きの世界でした。それと、やっぱりグレース・ケリーは美しい、あたり前ですけど。
また、彼の作品が表紙を飾った雑誌が展示されていました。そんな中、1950年代の雑誌「ヴォーグ」の表紙が素晴らしい。まだmacとかない時代なので、当然アナログなんですけど、写真の感じも良いし、印刷も良い。そして何よりも全体的な雰囲気が抜群でした。逆にアナログでないとあんな感じは出ないのかなあ、とも思ってしまった。

その他にも色々な写真が展示されていて、面白い展覧会でした。最近の東京都写真美術館の展示の中では、抜群に良かった。

あと、マレーネ・ディートリッヒの写真が展示さてまして、思わず笑いそうになってしまった。別に作品がどうのこうのではなく、マレーネ・ディートリッヒという名前に反応してしまった。これも時代ですかねえ。

|

« 「河合奈保子 東欧でコンサート」 | トップページ | Ozzfest Japan2013 DAY2 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アーウィン・ブルーメンフェルド展:

« 「河合奈保子 東欧でコンサート」 | トップページ | Ozzfest Japan2013 DAY2 »