« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年 落語のまとめ and more...

2012年も残すところあとわずか。ということで、昨日の「展覧会ベスト10」に続きまして、今回は「2012年 落語のまとめ」です。
今年は、13本の落語会+1でした。ということで、ドドーンと一気にいきましょう。

・ミッキー・カーチス 自伝刊行記念 おれと戦争と音楽と ゲスト:立川志らく@紀伊國屋ホール
立川志らくゲストという事で、お題の画像はなし。この日のお題は「笠碁」でした。

・志の輔らくご in PARCO 2012@パルコ劇場
Img_2284

・おかげさまで三年目 第十一回 大手町落語会@日経ホール
Img_2376

・行徳名人会 柳家小三治独演会@行徳文化ホールI&I
Img_2414

・柳家小三治一門会@三郷市文化会館
Img_2570

・柳家小三治独演会@アミューたちかわ
Photo

・柳家小三治独演会@北とぴあ さくらホール
Photo_2

・柳家小三治独演会@志木市民会館パルシティ
Photo_3

・志の輔らくご in 下北沢「大河への道 - 伊能忠敬物語<リバイバル>」@本多劇場
お題の画像はなし。というかこの日の演目は、「大河への道ー伊能忠敬物語」のみでした。

・立川志の輔独演会@なかのZERO 大ホール
20120807

・落語教育委員会 夏スペシャル 柳家喜多八・三遊亭歌武蔵・柳家喬太郎 三人会@よみうりホール
20120811

・柳家小三治独演会@よみうりホール
20120813

・春風亭一之輔 真打昇進披露興行@なかのZERO 小ホール
Img_2371

・2012年の大トリは小三治「年忘れ落語鑑賞会」@府中の森芸術劇場
Img_3300

落語協会の夏フェスと言えばこちら、
・圓朝まつり2012

それと、落語ではないですが舞台の方を2つ、1つはこちら、
・松元ヒロ ひとり立ち@紀伊國屋ホール

さらに、もう1つはこちら、
・S.E.T 第50回本公演「上海ローズ」@サンシャイン劇場
Img_3147
祝!三宅さん完全復帰。そしてS.E.Tとしても、2年振りの本公演。良かったです。

ということで、また来年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年 展覧会ベスト10

年の瀬なので、毎年恒例の「今年見た展覧会の中からのベスト10」やってみます。

1.松本竣介展@神奈川県立近代美術館 葉山
Img_2864

2.アンリ・ル・シダネル展@損保ジャパン東郷青児美術館 
Img_2833

3.レーピン展@Bunkamuraザ・ミュージアム
Img_2471

4.船田玉樹展@練馬区立美術館
Img_2359

5.田渕俊夫展@渋谷区立松濤美術館
Img_2018

6.小川芋銭展@茨城県近代美術館
Img_2724

7.今和次郎 採集講義展@パナソニック電工汐留ミュージアム
Img_2505

8.BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展@東京オペラシティ アートギャラリー
Img_2438

9.靉嘔展@東京都現代美術館 
Img_1638

10.山口華楊展@京都国立近代美術館
Img_2749

10.須田国太郎展@京都市美術館
Img_2784

今年の展覧会で、真っ先に頭に浮かんだのが、葉山で見た「松本竣介展」。質、量共に一番だった。それとあの分厚い図録も素敵。
2位と3位は差はありません。でもしいて挙げれば、気に入った作品数がアンリ・ル・シダネル展の方が多かったということかな。でもレーピン展の宣材料等に使われたあの作品は本当に素晴らしい。松濤美術館は年間通していい展覧会やりますねえ、建物も素敵だし。
それから10位の山口華楊展と須田国太郎展は、年末に京都に行った時に見ました。道路挟んであっちとこっちなので。両方とも良くて甲乙つけ難く、結局2つともランクインです。ただ須田国太郎展は結構インパクトがあって驚きました。数年前に東京国立近代美術館で見たときと、作品かぶってるのもあったんだけど、でも良かった。当時はここまで良いとは感じなかったんだけど、不思議です。
という事で、ベスト10ということで11本選んでみましたが、今年は去年以上に足を運んだ展覧会が少なく、選ぶのにさして苦労はしなかった。来年もう少し行きたいとは思いますが、どうなりますか。

また、今年で9回目になります展覧会ベスト10、いままで8回分の展覧会ベスト10はこちら。
・2004年 展覧会ベスト10
・2005年 展覧会ベスト10
・2006年 展覧会ベスト10
・2007年 展覧会ベスト10
・2008年 展覧会ベスト10
・2009年 展覧会ベスト10
・2010年 展覧会ベスト10
・2011年 展覧会ベスト10

上記11本以外にも、印象的だった展覧会じゃ以下の通り。こちらは個展以外の展覧会もあります。
・日本の映画ポスター芸術展@東京国立近代美術館フィルムセンター
・ジャクソン・ポロック展@東京国立近代美術館
・中村正義展@練馬区立美術館
・ザ・タワー 都市と塔のものがたり@江戸東京博物館 
・浮世絵師 溪斎英泉 蘇る江戸の媚薬@千葉市美術館
・藤田嗣治と愛書都市パリ@渋谷区立松濤美術館
・維新の洋画家 川村清雄@江戸東京博物館
・時間の庭 ユベール・ロベール展@国立西洋美術館
・ゴヤ展@国立西洋美術館
・世界中の子と友達になれる 松井冬子展@横浜美術館
・ぬぐ絵画 日本のヌード 1880-1945@東京国立近代美術館

来年はどんな年になりますか...

| | コメント (0) | トラックバック (2)

NICKELBACK@日本武道館

2012年12月3日(月)
NICKELBACK
日本武道館

Img_3235

NICKELBACKの初の武道館公演に行ってきた。3回目の来日公演にして、初の日本武道館での公演。メンバーが熱望した武道館公演が実現、といったラジオCMがしきりに流れてました。もっともカナダやアメリカといった北米での人気を考えれば、武道館で演っておかしくないランクのバンドです。今回の日本公演は、ワールドツアーの最終公演で、日本公演はこの武道館公演のみのようです。

お客の入りも上々でしたけど、それよりも凄かったのがオーディエンスの歓声そして熱気。オープニングから会場全体が凄かったですよ、本当に。メンバーもよほど気分良く出来たのか、ステージ上で何度も乾杯してました。そしてMCではCHEAP TRICKやDEEP PURPLEも名前も出たりして、やっぱり海外のアーティストにとっても日本武道館は特別な場所なんでしょうか。

チラシはこちら、
Scn_0017_2

肝心のライブですが、やっぱりNICKELBACK曲が良い。そして演奏も良かったし、音のバランスも良かった。それと映像を上手く使っていて、それも良かったなあ。客席の様子がステージ上に映し出されたりして、あのやり方は面白い。それと忘れちゃいけないのが、オーディエンスの熱気です。バンドだけじゃなく、ファンも待ってた武道館公演。約2時間気持ちの良い、楽しいライブでした。

以下当日のセットリストです(多分あってると思う)、
1. THIS MEANS WAR
2. SOMETHING IN YOUR MOUTH
3. BOTTOMS UP
4. PHOTOGRAPH
5. FAR AWAY
6. TOO BAD
7. ANIMALS
8. TRYING NOT TO LOVE YOU
9. ROCKSTAR
10. SOMEDAY
11. SHIRT CANNONS/BEER TOSS(side of a Bullet, Because of You)
12. LULLABY
13. THIS AFTERNOON
14. IF TODAY WAS YOUR LAST DAY
15. WHEN WE STAND TOGETHER
16. DRUM SOLO
17. FIGURED YOU OUT
18. NEVER AGAIN
19. HOW YOU REMIND ME
   ー encore ー
20. GOTTA BE SOMEBODY
21. BURN IT TO THE GROUND

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »