« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

柳家小三治一門会@三郷市文化会館

2012年3月25日(日)
柳家小三治一門会
三郷市文化会館

少しずつではありますが、暖かくなりつつある今日この頃。そんな中柳家小三治一門会に行ってきた。場所は埼玉県三郷市にあります三郷市文化会館。この街にも、この会館にも行くのは初めてです。

ポスターはこちらから、ドーン!
Img_2564

最初に登場は柳亭こみち。こみっちゃんは柳亭燕治師匠のお弟子さんなので、小三治師匠にしてみれば、孫弟子にあたるわけです。そしてこの日のお題は「金明竹」。そして何と柳亭こみち良いです。2月に大手町落語会で見た時も良かったけど、今回も良かった。実を言うとですねえ、今まで女性の噺家さんというのは、個人的には全くダメだったんですよ。なんででしょうか、全く合わなかった。そんな中前回が良くて、今回も良かった。今後もっといろんなタイプの噺を聴いてみたい。期待大かもしれない。

そして二番目に登場は柳家はん治。お題はちょっと長くて「背なで老いてる唐獅子牡丹」。これ面白いなあ。高齢化は、日本のみならず世界の問題で、またどんな職業にも忍び寄ってくる問題ですからねえ。

ここで15分間の休憩。そして休憩の後は、花島世津子さんのマジック。寄席やこういった落語の合間のマジックは大好き。雰囲気も和むし、それでいて結構凄くて面白いです。終演後のネタだしには奇術ってなってた。なんか新鮮な響きかも(笑)。

そして最後はお待ちかねの柳家小三治師匠。この日のまくらは「膝だっこちゃん」とかさとうの切り餅の事とか、相変わらずいろいろ飛んで本題へ。そしてお題は「茶の湯」。この噺何回も聴いてますけど、何度聴いても聴く度笑ってしまう。あの表情が何とも言えず「茶の湯」ですねえ。

ということで今回のお題です、
Img_2570

三郷ってTX使ったら、そんなに遠くなかった。ただ電車賃は高かったけど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドコモふたたび。

iPhone4を解約した。というのも、最近iPadを使う機会が多くなってきて、wi-fiルーターを持ち歩くことが多くなり、そうするとiPhoneもwi-fiで使えばいいじゃんという事で、こういう事になりました。もともとiPhoneは通話用には全く使ってなかったし。

ただ気になったのは2年縛りというやつで、違約金かかるのかと思ってショップで聴いてみたら、2年縛りの契約にはなっていないので、機種代の残金だけで違約金はかからないとの事。それなら本体の残金払って、大いばりで解約できるしゃんということで、iPhone4解約してきました。

ただ電話番号は、携帯電話初めて使った時から使ってきた番号なので、いわゆるMNPで電話番号はそのまま持ってきました。それでこの持ってきた電話番号どうしようかと思ったんですけど、結局ドコモの機種代0円の携帯でバリュープランの一番安いやつで契約。最初はシムだけ買って、iPhoneに移った時に使っていた電話機がまだあるので、それを使おうと思ったんだけど、それだとバリュープランが適応されず、ずいぶん高くなってしまうらしく、結局新たに購入しました。何かエコじゃないような気もしますが。

IDO(あの頃はまだこういう名前だった)から始まって、その後約10年ぐらいドコモで、その後3年ぐらいソフトバンクに行った私の携帯履歴も、ここにきて再びドコモに戻ってきた。もっともソフトバンクを使っていたのは、iPhoneが使いたいからで、ソフトバンクが好きな訳じゃない。はっきり言って大嫌い。

ということで再びドコモになってしまった。iPhone5ドコモから出るのかなあ、でたらどうしようかな。まあ、その時考えればいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その五「うめっぴ」

久々ですが、またゆるキャラに遭遇してしまった。

それがこれ、ドーン!
Img_2364
「うめっぴ」

このうめっぴですが、紀州梅をPRすべく生まれた、JA紀南のキャラクターだそうです。梅が好きな私としては、これはアップせねばなるまいという事で、アップしてみました。なかなか笑える。
そして今回ブログにアップするにあたり、いろいろと調べていたら、何と驚愕の事実が判明。それはうめっぴには、みかっぴという双子の妹がいるという。ということで、おまちかねうめっぴ&みかっぴのツーショットです、ドーン!
Song2
うめっぴ&みかっぴ

う〜ん、率直な感想を言わせてもらうと、「喧嘩売ってる?」

さらには、うめっぴのブログまであって、うめっぴ&みかっぴのコンビでCDまで出しやがる。生意気だこの〜、うめっぴのくせに。

まあ、そうは言ってはみたものの、本当によく考えるねえ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンマー麺

行徳での柳家小三治師匠の独演会のあと、小腹がすいたので行徳駅前のラーメン屋さん(名前覚えてません、すいません)で食べたのが、サンマー麺。画像これです、ドーン!
Img_2418

サンマー麺って知らなかった。メニューみて美味しそうだったので注文したんです。そんで実際に食べたら、美味しかったのよ。
そもそもサンマー麺というのは、もやしをはじめとした野菜を炒めて片栗粉でとろみをつけ、あんかけにしてラーメンに乗せたものだそうです。東京ではモヤシラーメンと呼ばれているらしい。また横浜を中心にした、神奈川県のご当地ラーメンだそうです。それから、モヤシのことを中国語でサンマーと呼ぶらしいです。ふ〜ん、そうなんだ。全く知らなかった。だいたいサンマー麺っていうから、サンマでだしとったラーメンの事かと思ったよ。

サンマー麺でネット検索すれば、たくさん引っ掛かるぐらい有名だったとはねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柳家小三治独演会@行徳文化ホール I&I

2012年3月3日(土)
行徳名人会 柳家小三治独演会
行徳文化ホール I&I

今年初めての、柳家小三治師匠の独演会に行ってきた。場所は千葉県市川市の行徳文化ホールI&I。ここの会場は初めで、行徳駅出て反対方向に行ってしまって、やばかったですねえ。ちょっと時間に余裕持たせてたので、助かりました。そう言えば、前に草加市文化会館での独演会の時も、うっかり草加駅で降りてしまって、ギリギリ間に合ったって言う事もありました。会場は事前に確認しないとね、今回みたいな初めての場所は特にです。

そうこうしてるうちに、会場に無事到着です。
Img_2400

会場ロビーには、今までここに出演された方々の色紙が飾られてました。

桂歌丸師匠とか、
Img_2412

立川志の輔師匠とか、
Img_2406
志の輔師匠、やっぱりこの日に独演会やったら、ネタは「メルシーひな祭り」かなあ。でも別に3/3とあまり関係ないからやらないか、って別にどうでもいいんですけど。

それとこの会場、そんなに大きくないんですけど、高さがありました。今回2階席の一番前だったんですけど、結構見下ろす感じです。でも2階席の場合はどこもこんな感じかな。

そしていよいよ独演会の始まり始まり〜です。今回の前座は柳家三之助師匠、お題は「のめる」。三之助師匠はテンポが良くて、良いねえ。あのテンポは好きだなあ。それと今回の「のめる」ですけど、関東では「のめる」で関西では「二人ぐせ」なのかなあ。以前米朝師匠のCD聴いた時は、「二人ぐせ」だった。その辺どうなんでしょう。今度調べてみようかな、多分しないけど。

そしてお待ちかね、柳家小三治師匠登場、お題は「厩火事」。といってもすんなり噺に行くはずも無く、すんなり噺に行かれては、こっちも困るしね。ということで、会場の話から始まって、デジカメからパソコンそして縁の話。話の中で出てきましたけど、小三治師匠MACユーザーだったんですねえ、知らなかった。ましてiPadまで持ってるとは。iPad3も出たら買うみたいだし。

という事で、一席目の「厩火事」終わって15分の休憩。そして再び登場してニ席目です。ここでのまくらは、テレビの話。ニュージーランドに行った時の話から、「なんでも鑑定団」の話、そして道具屋さんの話。そんなまくらを聴きながら、今日は「道具屋」かな、でもちょっと違うななど思っていたら、二席目何と「猫の皿」でした。えー、小三治師匠の「猫の皿」って今まで聴いた事ないです、多分。それにしてもですね、やっぱり間が良いよなあ。せっかちな道具屋とのんびりした茶店のじいさんの、あの間が絶妙で、聴いててやっぱり面白い。やっぱり落語は、間だよ間。

それと、普通ホールでの落語会、二席目の落語が終わってお辞儀してると、そこで緞帳が降りてきて終了なんですけど、今回の会場には緞帳がないので、小三治師匠が舞台の袖に下がったところで落語会終了という、ホールでの落語会ではなかなか新鮮な終わり方でした。

ということで、今年初の柳家小三治師匠の独演会終了です。今年はあと何本行けるかな。そして今回のお題です、
Img_2414

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »