« Vol.36「PYROMANIA」 | トップページ | ふりかえり(2011年10月) »

平松礼ニ展

2011年9月13日(火)〜10月23日(日)
画家五十年の軌跡 平松礼ニ展
名古屋市美術館

弾丸ツアーで、名古屋市美術館で開催されていた「画家五十年の軌跡 平松礼ニ展」に行ってきた。
何で弾丸ツアーかと言うと、実は私10/24の月曜日から入院しなければならず、当然ながら仕事の引き継ぎをせねばならず、その引き継ぎが10/22でも終わらず、10/23も出社しなければならなくなり、という具合で、10/23までの今回の展覧会はさすがに無理かとあきらめてたんですけど、何かすべてがばかばかしくなって、とりあえず行っちゃえ、ということで行ってきました。

朝7時30分東京発の、のぞみに乗り込み一路名古屋へ。ということで、朝食は駅弁です。

Img_0784
「野菜たっぷり幕の内弁当」

中味はこんな感じで、
Img_0787
焼きトマトが美味しかった。

そうこうしているうちに名古屋到着。そから地下鉄乗り継いで9時45分頃名古屋市美術館に到着。名古屋市美術館は、白川公園の中にあります。

ここが白川公園、
Img_0803

そしてお待ちかねの平松礼ニ展、
Img_0815

会場入り口の所には、こんな感じで(こういうの好き)。
Img_0827

今回の展覧会は、以下のような7ジャンルに分けて、画業五十年の全時代にわたっての作品が展示されていました。
Ⅰ. 模索の時代
Ⅱ.「路」シリーズのはじまり
Ⅲ.「横の会」の時代
Ⅳ. ニューヨーク
Ⅴ. ジャポニスムとの出会い
Ⅵ. 新しき美を求めて
Ⅶ.『文藝春秋』の表紙

この7ジャンルの中で、最も印象的なのは、何と言っても「Ⅲ.「横の会」の時代」の作品。横幅が4mから大きいものになると7mにも及ぶ大作が並び、その中には、平松礼ニが師と仰ぐ横山操や、デビューのきっかけとなった青龍展の主宰でもある川端龍子の影響も感じられる作品もあり、見応えは十分です。ここで展示されていた「路ー波の国から巡りくる」という作品は、夜空に星が描かれていて、その星達が星座として描かれてる。こういう洒落てるというか何と言うか、こういう感覚は大好きです。

また、「Ⅵ. 新しき美を求めて」で展示されている「さくら島」の色使いは凄い。自然の力の凄まじさを表現しているよう。さらには「帰帆」という作品、素晴らしい。とても言葉では表現出来ません。実は今回の展覧会で、個人的に一番好きな作品です。

そして最後に「Ⅶ.『文藝春秋』の表紙」。2000年1月号から2010年12月号まで、文藝春秋の表紙を担当されていて、その中から36点が展示されています。実は私が平松礼ニという名前を知ったのは、文藝春秋の表紙の作品でした。それいしても、あれだけの作品を表紙に使うとは何と言う贅沢。もっとも以前は、安井曾太郎、杉山寧、高山辰雄といった画家の方々が担当していました。現在は松村公嗣。作品の大きさからして、完全に表紙用として描かれていると思います。また、展示された作品を表紙に使った文藝春秋も展示されていて、見比べるのも重面白い。

その他にも素晴らしい作品が多過ぎて、1点1点じっくり見ていたら、11時を大きく過ぎていた。その後12時ちょうどの、のぞみに乗り込み今度は一路東京へ。
ということで、昼食はまたしても駅弁、こちら。

Img_0854
名古屋コーチン とりめし

中味はこんな感じで、
Img_0859

結局午後2時過ぎに会社に着いて、引き継ぎして、現在入院中。iPad2使って書いてます。

まさに弾丸ツアーでしたけど、やっぱり行って良かった。交通費は高かったけど、展覧会の内容は、それを補ってなお余りあるくらいに素晴らしかった。大満足でした。

|

« Vol.36「PYROMANIA」 | トップページ | ふりかえり(2011年10月) »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平松礼ニ展:

« Vol.36「PYROMANIA」 | トップページ | ふりかえり(2011年10月) »