« ふりかえり(2011年8月) | トップページ | 「保津川の渓流」ラグーザ玉 »

Vol.29 「宇宙船地球号」

Vol.29 LAZY 「宇宙船地球号」

410kv861pel_2

今回は、レイジーの「宇宙船地球号」。もっともレイジーは、事務所の方針なのか、アイドルロックバンドという形で売り出したので、「赤頭巾ちゃんご用心」という曲を、思い出す人も多いかもしれません。

しかしながら、そんなアイドルロックバンドとしての状況に我慢できずに、いわばぶち切れる形で、本当に自分達がやりたかった音楽として発売されたアルバムが、この「宇宙船地球号」です。そんな彼らの気持ちを表すかのように、カッコいいハードロックアルバムに仕上がってる。そんな曲の中でも一番衝撃的なのが、1曲目の「DREAMER」。本当にカッコいいよこの曲。アルバムの1曲目を飾るのはこういう曲だ、というお手本のような曲。また、アルバムに収録されている全9曲のうち、この曲を含む5曲が高崎晃の作曲。もう今までのうっぷんを一気に晴らすかのように、高崎晃弾きまくってるし、曲もカッコよく仕上がってる。他にも、「TIME GAP」「遥かなるマザーランド」「EARTH ARK(宇宙船地球号)」「LONELY STAR」等々、クオリティの高い曲が多い、

結局レイジーはこのアルバムを最後に解散してしまう。しかし、これらの音楽は、後にラウドネスに引き継がれ、彼らは日本だけでなく世界的なバンドになっていくことになる。でも高崎晃のギターは本当に凄いよ。好き嫌いは別にしてね。あれだけのギターリストは、世界中探したってそうはいない。

それにしても、あの時代によくぞこれだけのアルバムを作ったと思う。そう考えると、これは一つの奇跡ですね、間違いなく。

そしてこれが「ヘヴィメタル宣言 by LAZY」

収録曲
1. DREAMER
2. DREAMY EXPRESS TRIP
3. 天使が見たものは
4. TIME GAP
5. 遥かなるマザーランド
6. EARTH ARK(宇宙船地球号)
7. 僕らの国でも
8. 美しい予感
9. LONELY STAR

|

« ふりかえり(2011年8月) | トップページ | 「保津川の渓流」ラグーザ玉 »

名盤アワー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vol.29 「宇宙船地球号」:

« ふりかえり(2011年8月) | トップページ | 「保津川の渓流」ラグーザ玉 »