« 和田誠展 書物と映画 | トップページ | Vol.32 「RAGE FOR ORDER」 »

柳家小三治一門会@よみうりホール

2011年9月27日(火)
柳家小三治一門会
よみうりホール

有楽町のよみうりホールでの、柳家小三治一門会に行ってきた。小三治師匠の一門会に行くのは、久し振りなような気がする。

Img_1721

という事で、最初に登場するのは柳家ろべえ。ろべえは喜多八師匠のお弟子さんです。本当は、やじろべえとなって、弥次さん喜多さんの師弟になるはずだったのが、まだ半人前だからろべえとなったそうです。そして、ろべえのお題が「平林」。この噺初めて聞きました。出来はそれなりといったところでしょうか。

そして二番目に登場は、すっかり師匠という響きが定着した柳家三三。いわゆる若手と呼ばれる噺家の中では、突出してる感じがします。本当は若手じゃなくて、年寄りなんじゃねえの、と疑いたくなるくらいです。そんな三三のお題が「看板のピン」。でも、やっぱり上手かったなあ。聞いてて、だれるところほとんど無かった。

そして仲入り前は、喜多八師匠。毎度の事ながら、喜多八師匠素晴らし過ぎです。今回台詞を話さず、仕草だけで表現するあたり、良かったなあ。途中から、笑いが止まらなくなってしまいそうで、参りました。以前やっぱりこの会で「鈴ヶ森」聞いた時は、まじめに笑い死ぬかと思いましたよ。そんな喜多八師匠のお題は「短命」。う〜ん、やっぱり喜多八師匠は偉大だな。

仲入り後は、柳家そのじ。三味線弾きながら歌を披露してくれました。三味線の音色は良いねえ、何かとっても落ち着く。

そして最後は、お待ちかねの柳家小三治師匠。一門会ということで、自分の修業時代の話や、弟子達のエピソードなんかを話してました。喜多八師匠への小言が、いつも同じで「どうしてそんなに陰気なんだ」って言うのも笑える。そんな小三治師匠のお題は「うどん屋」。もう小三治師匠のうどんを食べる様子は、もはや芸術の域。見ているだけで、よだれが出てきそうです。

今回も楽しい一門会でした。それにしても、小三治一門はレベルが高い。そして今回のお題はこちら、
Img_1724

次は練馬での一門会。こっちも行きたいのだが。

|

« 和田誠展 書物と映画 | トップページ | Vol.32 「RAGE FOR ORDER」 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柳家小三治一門会@よみうりホール:

« 和田誠展 書物と映画 | トップページ | Vol.32 「RAGE FOR ORDER」 »