« Vol.31「VAN HALEN」 | トップページ | 柳家小三治一門会@よみうりホール »

和田誠展 書物と映画

2011年7月30日(土)〜9月25日(日)
和田誠展 書物と映画
世田谷文学館

世田谷文学館で開催されていた、「和田誠展 書物と映画」に行ってきた。
Img_1687

世田谷文学館に行くのは実は初めてです。
建物の前に、池があって鯉が泳いいたり、
Img_1696

表札らしきものも、こんな感じでいい感じ、
Img_1694

そして展覧会ですが、イラストレーション、グラフィック・デザイン、装丁、映画監督その他いろいろな顔を持ち、1960年代から今日に至るまで、第一線で活躍を続ける和田誠さん。そんないろんなジャンルから、今回は、展覧会タイトル通りに、書物と映画に絞って、これまでの軌跡が展示されています。

書物に関しては、和田誠さんと特に関わりの深い、井上ひさしさん、丸谷才一さん、谷川俊太郎さん、村上春樹さん、以上4名の作家との仕事が多く展示されています。やはり本の装丁に関するのもが多いのですが、谷川俊太郎さんとは一緒に絵本を作ったり、井上ひさしさんとは舞台の美術監督としての仕事をしたりと、装丁以外でもいろんな形で関わっていて、どれも和田誠さんらしくて、見ていて面白い。また村上春樹さんとの仕事の中で描かれた、JAZZや都会的なセンスを感じさせるイラストは素晴らしい。和田誠さんのイラストは、センスが良くて、それでいて温かい感じがして、大好きなんです。また、舞台のポスターでは、製版で使われた版下が展示されていました。トレペには手書きで色指定が記入されていて、懐かしいと何気に見ていたら、何と今年の10月に行われる舞台のポスターでした。今でも版下使って製版してるんですねえ、このデジタルの時代にちょっとビックリ。でも久々に版下見て何かホッとした気分になったし、妙に嬉しかったですね。

続いての、映画に関しては、和田誠さん自身が監督を務めた、「麻雀放浪記」や「怪盗ルビィ」に関しての資料が多く展示されています。それと、怪盗ルビィの主題歌は、確か大滝詠一作曲だったんじゃないかな。また映画に関しても、ポスターとかビデオのパッケージとか、多く手がけていて、これがどれもカッコいい。特にシアター・アップルで定期的に上映された映画の一連のポスターや、ビデオで発売された「チャップリン作品集」のジャケット、またこちらもビデオで発売された「ポーランド映画傑作選」のジャケットはいい感じです。ジャケットだけでも集めたいと思うくらいにいい感じ。

こうして見ていくと、実にいろんな、そして質の良い仕事をしてるなあと思います。見ていて凄く楽しい時間でした。会期ギリギリで行けて良かったです。

それと1階では、常設展として「映画を支えるデザインの仕事」が同時開催されていて、映画の資料やこれまでの代表的な映画のポスターが展示されていたりと、こちらも楽しめました。

さらには、この世田谷文学館入った所に、私の大好きな絹谷幸二先生の作品が飾られているのです、それがこちら、ドーン!
Img_1702
「愛するもの達へ・希望」絹谷幸二

何か凄く得した気分ですねえ。グリコじゃないけど、一粒で二度ならぬ三度おいしい。そんな世田谷文学館でした。

|

« Vol.31「VAN HALEN」 | トップページ | 柳家小三治一門会@よみうりホール »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和田誠展 書物と映画:

« Vol.31「VAN HALEN」 | トップページ | 柳家小三治一門会@よみうりホール »