« 城北から、Jリーグへ スペリオ城北! | トップページ | Vol.27 「RAINMAKER」 »

Vol.26 「HEARTBREAKER」

Vol.26 FREE 「HEARTBREAKER」

Heartbreakerfree

1972年に発売されたフリーのラスト・アルバム。
フリーの代表的なアルバムと言えば、「Fire & Water」を挙げる人が多いです。それはそれで正しいと思う。彼らの代表作「ALL RIGHT NOW」も収録されてるし。ただ、個人的な好みで、フリーのベストなアルバムとなると、この「HEARTBREAKER」という事になります。

確かに、アンディ・フレイザーは脱退してしまうし、ポール・コゾフはドラッグでボロボロだしと、バンドの状態は良いものではなかった、というか最悪の状態。まあ日本のファンにしてみれば、ベースがテツ山内というのが明るい話題かもしれない。ただそんな中でも、このアルバムが好きな理由は、このアルバムに収録されている名曲「WISHING WELL」の存在です。この曲やっぱりカッコいいよ。コーラスパートからソロ、そこからサビに戻るところなんて、何度聞いてもカッコいいです。他にも良い曲あるし、全体を通してポール・ロジャースのボーカルも良いし、ボロボロのはずのポール・コゾフもそんなに多くはないが、随所で良いプレーを聞かせてくれています。それからアルバム・ジャケットがカッコいい。思わずジャケ買いしてしまいそうなくらいにカッコいい。

ただ悲しいのは、ポール・コゾフが正式メンバーでなく、サポートメンバーとしてクレジットされている事。まあやむを得ないと言えばそうですが。そう言う意味では、すでにこの時点でバンドは崩壊していたのかもしれない。

収録曲
Side One
1. Wishing Well  
2. Come Together In The Morning  
3. Travellin' In Style  
4. Heartbreaker
Side Two  
5. Muddy Water  
6. Common Mortal Man  
7. Easy On My Soul  
8. Seven Angels

|

« 城北から、Jリーグへ スペリオ城北! | トップページ | Vol.27 「RAINMAKER」 »

名盤アワー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vol.26 「HEARTBREAKER」:

« 城北から、Jリーグへ スペリオ城北! | トップページ | Vol.27 「RAINMAKER」 »