« なでしこジャパン、世界一 | トップページ | なでしこジャパン、世界一(エルゴラ) »

Vol.22 「RAINBOW RISING」

VOL.22 BLACKMORE'S RAINBOW「RAINBOW RISING」

41dnxvrmgnl_sl500_aa300_

ディープ・パープルを脱退したリッチィー・ブラックモアが結成した、自らの名前を冠したバンドBLACKMORE'S RAINBOWの2枚目のアルバム。ちなみにこの時のバンド名は、BLACKMORE'S RAINBOW。ただ次の3枚目のアルバム「LONG LIVE ROCK'N ROLL」からは、バンド名はただのRAINBOWとなります。

このアルバムにおける最大の事件は、なんと言ってもドラムにコージー・パウエルが加わったこと。これによって、リッチィー・ブラックモア、ロニー・ジェイムス・ディオ、コージー・パウエルの、いわゆる「三頭」政治と言われる時代になる。また、このアルバムが前作と比べて違う点としては、やっぱりアルバム全体がヘヴィに仕上がっているという点だと思う。A面の4曲はどれもヘヴィさを全面に押し出している。

さらには、B面に収録されている2曲「STARGAZER]と「A LIGHT IN BLACK」。ここでのコージー・パウエルのドラミングはやっぱり凄い。そして、コージーに引っ張られているかのように、リッチィーのギターも素晴らしく冴えてるし、ロニーのボーカルも素晴らしい。それとこのB面の2曲は、物語として関連していて、そういう意味ではこの2曲の構成からなるB面というのは、コンセプトアルバムならぬコンセプト面なわけです。ちなみに、B面はこの2曲しか収録されていません。

それとこのアルバムやっぱり良いなあと思うのは、曲が良いのはもちろんの事、アルバム全体の構成にたるみが無い。だから聞いていて飽きる事もないし、ダラッとする場所も無い。そのあたりはさすがに凄いです。

収録曲
Side One
1.Tarot Woman
2. Run With The Wolf
3. Starstruck
4. Do You Close Your Eyes
Side Two
1. Stargazer
2. A Light In The Black

|

« なでしこジャパン、世界一 | トップページ | なでしこジャパン、世界一(エルゴラ) »

名盤アワー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vol.22 「RAINBOW RISING」:

« なでしこジャパン、世界一 | トップページ | なでしこジャパン、世界一(エルゴラ) »