« Vol.21 「男と女」 | トップページ | 柳家小三治独演会@ひの煉瓦ホール »

喜多八膝栗毛 夏之声

2011年7月13日(水)
柳家喜多八独演会 喜多八膝栗毛 夏之声
博品館劇場

銀座博品劇場での、喜多八膝栗毛 夏之声に行ってきた。ここの独演会ここんところ行けてなくて、1年振りぐらいです。

Dvc00004
相変わらず良い感じのポスターです

ということで、まずは前座で古今亭朝太、お題は「熊の皮」。朝太の落語を聞くのは、多分初めてだと思う。まあ無難にこなしてるという感じで、それなりに良かったと思う。ちなみに朝太は、志ん朝師匠の最後のお弟子さんだそうです。そう言えば、朝太という名前は、志ん朝師匠の二つ目の時の名前でもあります。

そしてここで喜多八師匠登場。普通独演会の場合は、前座が終わって、仲入りまでの間に一席というのが普通なんですけど、ここでは、なぜか喜多八師匠がニ席やります。この日も「へっつい幽霊」と「寝床」やってました。一席でもいいと思うんですけどね。こっちは二席聞けてラッキーなんですけどね。

そしてここで仲入り休憩をはさんで、色物さんで、紙切りの林家花さん。あちらの方の所属と言っていたので、落語芸術協会の所属。紙切りでは唯一の女性だそうです。なかなか良かったです。容姿も美しいし。今後大いに期待です。

そして最後は、喜多八師匠で「三味線栗毛」。実はこの噺を聞くのは初めてです。今まで生でもCDでも聞いた事ない。ただいろいろ調べてみると、他の噺家さんでやってる人結構いるんですねえ。そう言う意味では貴重だったかな。ただよく分からなかったけど。それと、この時に着ていた羽織は、可楽師匠の形見だそうです。もともとは小三治師匠が頂いたものを、喜多八師匠が譲り受けた物だそうです。

ということで、この日のお題です。
古今亭朝太「熊の皮」
林家喜多八「へっつい幽霊」
柳家喜多八「寝床」
  仲入り
林家花 紙切り
柳家喜多八「三味線栗毛」
Img_1500

やっぱり喜多八師匠は良いなあ、次の秋之声も是非行きたいのだが。

|

« Vol.21 「男と女」 | トップページ | 柳家小三治独演会@ひの煉瓦ホール »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喜多八膝栗毛 夏之声:

« Vol.21 「男と女」 | トップページ | 柳家小三治独演会@ひの煉瓦ホール »