« 「蝶」馬場良人 | トップページ | ふりかえリ(2011年6月) »

Vol.19 「BLACKOUT」

Vol.19 SCORPIONS「BLACKOUT」

09fed0920ea0cd0e6a073210l

1982年3月に発売されたアルバム。ボーカルのクラウス・マイネの喉の問題などあって、前作から2年ぶりの発売です。ただそんな事は全く感じさせないほど、クライす・マイネは力強く歌っている。

1曲目のアルバムタイトルチューンの「BLACKOUT」からもう全開です。これでもかってくらい最初から飛ばしてます。それにしても、ルドルフ・シェンカーのリフは力強く、重く、実にカッコよく決まってる。ギターソロには目もくれず、ひたすらカッコいいリフを弾きまくる、そんな姿がカッコいい。他にも「CAN'T LIVE WITHOUT YOU」「NOW!」「DYNAMITE」とガンガンいきます。そんな中アクセントになっているのが、「NO ONE LIKE YOU」、この曲イントロがカッコいいんだよなあ。昔コピーしたことある。

このアルバムを発表する時点で、アメリカ以外ではすでに認められた存在だったスコーピオンズ。このアルバムに伴うツアーや、1983年5月に行われたUSフェスティバルのヘヴィ・メタル・デイへの出演などもあり、ついにアメリカでブレイク。このアルバムはトップ10入りを果たし、ゴールドディスクを獲得し、ついにアメリカでも認められる存在になった。そういう意味でも、スコーピオンズにとっては、まさに金字塔的なアルバムです。そしてスコーピオンズと言えば、アルバムジャケット。毎回アルバムの内容もさることながら、ジャケットが必ずといっていい程話題となりますが、この時は発禁ジャケットとはならず、オリジナルジャケットが使われています。

収録曲
Side One
1. Blackout
2. Can't Live Without You
3. No One Like You
4. You Give Me All I Need
5. Now!
Side Two
6. Dynamite
7. Arizona
8. China White
9. When The Smoke Is Going Down

|

« 「蝶」馬場良人 | トップページ | ふりかえリ(2011年6月) »

名盤アワー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vol.19 「BLACKOUT」:

« 「蝶」馬場良人 | トップページ | ふりかえリ(2011年6月) »