« 街角写真館 その15「トーハク?」 | トップページ | ふりかえり(2011年1月) »

1980年代洋楽ベスト20

去年の年末あたりから、昔ビデオに録った物をHDDに取り込む作業をしているのだが、そんな中2003年のお正月に放送された「ベストヒット USA リターンズ2003」がでてきた。司会はもちろん小林克也。その中で、1980年代ベスト20なるコーナーがありました。

なかなか興味深いので、ちょっとここでご紹介。
1位「Physical」Olivia Newton John
2位「Bette Davis Eyes」Kim Carnes
3位「Endless Love 」Lionel Richie & Diana Ross
4位「Every Breath You Take」The Police
5位「I Love Rock 'n Roll」Joan Jett and the Blackhearts
6位「Ebony and Ivory」Paul McCartney and Stevie Wonder
7位「Billie Jean」Michael Jackson
8位「Eye Of The Tiger」Survivor
9位「Flashdance What A Feeling」Irene Cara
10位「Say Say Say」Paul McCartney and Michael Jackson
11位「Lady」Kenny Rogers
12位「Centerfold」J. Geils Band
13位「Call Me」Blondie
14位「Like A Virgin」Madonna
15位「Starting Over」John Lennon
16位「When Doves Cry」Prince
17位「Jump」Van Halen
18位「Upside Down」Diana Ross
19位「All Night Long」Lionel Richie
20位「Maneater」Daryl Hall & John Oates

こうして見ると意外な曲、納得の曲、いかにもアメリカのチャートだから、といった曲があって面白い。でもBon Jovi「Livin' On A Prayer」は入ってると思ったけど。この番組は「Radio&Record」のチャートを基にしていたので、このトップ20も「Radio&Record」のセレクトだと思います。ちなみに1980年当時のアメリカの3大チャート誌のうち、「CASHBOX」「Radio&Record」は現在はもうありません。現在も残っているのはBILLBOARDのみです。その辺にも時代の移り変わりを感じます。

また、Radio&Recordのチャートではなく、この「ベストヒットUSAリターンズ2003」独自でリクエストを募集したところ、一番リクエストが多かったアーティストはU2。そしてリクエストの一番多かった曲は、「 Do They Know It's Christmas?」Band Aid
エチオピアの飢餓を救おうということで、ブームタウン・ラッツのボブ・ゲルドフが中心になって始まったプロジェクト。これに触発されてアメリカから「We are The World」 USA for Africaが出てくる訳です。個人的には、名前、曲ともイギリスの方が好き。もっともそういった名前とか曲とかは、いかにもそれぞれの国らしくて、それぞれにお国柄が出ていた面白い。

それと最後に、この中で個人的にベスト5挙げると、
1位「Call Me」Blondie
2位「I Love Rock 'n Roll」Joan Jett and the Blackhearts
3位「Bette Davis Eyes」Kim Carnes
4位「Centerfold」J. Geils Band
5位「Flashdance What A Feeling」Irene Cara

1980年代というのは、ちょうど中学・高校・大学の時代だったので、ラジオからエアチェックしたり、テレビの音楽番組録画したり、レコード何回も聴いたり、レコードをカセットに録音して聴いたりといった具合に、音楽を一生懸命聴いた時代でした。だからこそどれも懐かしいのかもしれませんね。

|

« 街角写真館 その15「トーハク?」 | トップページ | ふりかえり(2011年1月) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1980年代洋楽ベスト20:

« 街角写真館 その15「トーハク?」 | トップページ | ふりかえり(2011年1月) »