« ふりかえり(2010年11月) | トップページ | #nowplaying(2010年12月) »

2010年 展覧会ベスト10

早いもので、もう今日から年末年始のお休みです。ということで、例年通り2010年の展覧会ベスト10をやってみた。

1.横尾忠則 全ポスター展@国立国際美術館
Dscn1717
・横尾忠則全ポスター展

2.田中一村 新たなる全貌@千葉市美術館
Img_0563
・田中一村展
・twitter@田中一村展

3.長谷川潾二郎展@平塚市美術館
Dvc00126
・twitter@長谷川潾二郎展

4.もう一つの場所 ー 野又穣のランドスケープ@群馬県立近代美術館
Dscn1552
・野又穣のランドスケープ

5.フランク・ブラングィン展@国立西洋美術館
Dscn9835
・twitter@フランク・ブラングィン展

6.新しい神話がはじまる 古賀春江の全貌@神奈川県立近代美術館葉山
Dscn2061
・twitter@古賀春江 その1
・twitter@古賀春江 その2

7.小野竹喬展@東京国立近代美術館
Dscn0387
・twitter@小野竹喬展

8.上村松園展@京都国立近代美術館
Dscn2188
・twitter@上村松園 その1
・twitter@上村松園 その2

9.美しき挑発 レンピッカ展@Bunkamuraザ・ミュージアム
Img_0295
・twitter@レンピッカ展

10.ドガ展@横浜美術館
Img_1063

10.山口英紀展@新生堂
Dscn9012
・山口英紀展

今年も例年通り個展からベスト10を選んでみました。ただ、山口英紀展はどうしても外せずに、結果10位が2つの合計11個の展覧会となりました。相変わらず10個に絞るというのは難しい。最後は自分が良いと思うかどうかですけどね。

ちなみに過去のベスト10はこちら、
・2004年 展覧会ベスト10
・2005年 展覧会ベスト10
・2006年 展覧会ベスト10
・2007年 展覧会ベスト10
・2008年 展覧会ベスト10
・2009年 展覧会ベスト10

その他印象的だった展覧会、順不同にこちらです、
・江戸の粋・明治の技 柴田是真の漆×絵」展@三井記念美術館
・退任記念展 絹谷幸二 生命の軌跡@東京藝術大学大学美術館
・マッキアイオーリ 光を描いた近代画家たち@東京都庭園美術館
・木田安彦の世界展@パナソニック電工 汐留ミュージアム
・瞽女と哀愁の旅路 斉藤真一展@武蔵野市立吉祥寺美術館
・手塚雄二 一瞬と永遠のはざまで@そごう美術館
・ワンダーシニア30展@横須賀美術館
・アントワープ王立美術館コレクション@茨城県近代美術館
・小畠鼎子展@武蔵野市立吉祥寺美術館
・奇と笑いの木版画 歌川国芳展@府中市美術館
・「マネとモダン・パリ」展@三菱一号館美術館
・伊藤若冲 アナザーワールド展@千葉市美術館
・ノーマン・ロックウェル展@府中市美術館
・犬塚勉展@せせらぎの里美術館
・鴨居玲展@そごう美術館
・1938-1949「日本画」の前衛@京都国立近代美術館
・フランダースの光 ベルギーの美しき村を描いて@Bunkamuraザ・ミュージアム
・セーヌの流れに沿って 印象派と日本人画家たちの旅@ブリヂストン美術館
・松澤茂雄展 〜光粒の海へ〜@市川市芳澤ガーデンギャラリー
・麻生三郎展@東京国立近代美術館
・ルーシー・リー展@大阪市立東洋陶磁美術館
・ポスター天国 サントリーコレクション展@サントリーミュージアム[天保山]

|

« ふりかえり(2010年11月) | トップページ | #nowplaying(2010年12月) »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年 展覧会ベスト10:

» 2010年 展覧会ベスト10 [弐代目・青い日記帳 ]
寅年もあと3日。 バタバタと慌ただしい年の瀬です。 一年の締めくくりとして、例年恒例の今年拝見した展覧会のベスト10を発表させて頂きます。毎年毎年素人の分際で恐縮ではありますが、お付き合い頂ければ幸いです。 今年は公私共に何かと忙しく例年に比べ足を運べた展覧会少なくなってしまいました。また拝見したにも関わらず、記事としてブログにまとめることが出来なかった展覧会も多くあります(特に10月以降) 三井記念美術館の「円山応挙展」やサントリー美術館の「その名は蔦屋重三郎」展等など... [続きを読む]

受信: 2010年12月30日 (木) 01時17分

» 今年の展覧会ベスト10 [つまずく石も縁の端くれ]
今年は、分母が少ないので、ちょっと残念。ブロガー仲間で評判のよい、「天狗推参!」を見逃したのも残念でならない。<1>オルセー美術館展2010 国立新美術館ルソーの蛇使い... [続きを読む]

受信: 2010年12月31日 (金) 05時56分

» 2010年の「美術展ベストテン」 [Art & Bell by Tora]
 クリスマスが終わると、その年の「美術展ベストテン」を決めてアップしている。2004年から始めているので、もう7年目。  今年は、Takさんのところで Twitter を使った「3ヶ月毎のベストスリー」がまとめられ、「とら」も締め切りにチョット遅れながら毎回参加した。これを今年のまとめの「ノミネート12展」として参考にしたが、一年を通してみると、この中に入っていなかった版画展や回顧展の中に良いものがあり、ノミネート展のうちの最終入選は7展(58%)に止った。1. 長谷川等伯 10.2 2.... [続きを読む]

受信: 2010年12月31日 (金) 17時15分

» 2010年 私が観た美術展 ベスト10 [はろるど・わーど]
ギャラリー編に引き続きます。私が今年観た展覧会の中で印象に残ったものを挙げてみました。 「2010年 私が観た美術展 ベスト10」 1.「マネとモダン・パリ」 三菱一号館美術館 マネの黒はどこか不穏なまでの雰囲気をたたえながらも有無を言わさぬ迫力があります。単独回顧展でなく、同時代の画家やパリの変遷とも関係づけた企画そのものも大変に充実していました。作品と企画力の双方での勝利です。 2.「ウィリアム・ケントリッジ 歩きながら歴史を考える」 東京国立近代美術館 年明け早々の展覧会でし... [続きを読む]

受信: 2010年12月31日 (金) 20時05分

» 2010年の美術展ベスト10 [アトリエ・リュス]
2010年にみた美術展のなかでとくに印象に残った展覧会をベスト10として挙げてみた。昨年は出かけた展覧会が少なかったこともあって3つに絞ったのに、今年もそんなに出かけてない割には当たり年だったみたいで、わりとすんなりベスト10を選ぶことができた。順位ではなく、時系列。長谷川等伯展(東博)よくぞここまで集まったことに感謝。《楓図壁貼付》をはじめとする桃山のきらびやかな装飾絵画に圧倒された。フランク・プラングィン展(西美)日本でよく知られている画家というわけではないが、版画を含めた幅広い画業に感激。安田... [続きを読む]

受信: 2010年12月31日 (金) 22時00分

» 「ゲージュツ見てある記」、2010年のまとめ [とんとん・にっき]
今年は「印象派年」、何らかの「印象派関連」の展覧会が、どこの美術館でも企画に上っていました。なかでもオルセー美術館関連の展覧会が、観客数も多く、話題に上りました。千葉市美術館や板橋美術館、それに加えて府中市美術館など、毎回、新鮮な企画で、楽しませていただきまし... [続きを読む]

受信: 2011年1月 6日 (木) 18時49分

« ふりかえり(2010年11月) | トップページ | #nowplaying(2010年12月) »